common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

付き合うとはどういうこと?男性や女性にとってや中学生、高校生にとっての付き合うとはどういう意味?

2019.3.8

恋愛において、交際する・付き合うとはひとつのゴールともいえると思います。しかし、付き合うとは果たしてどういう意味を持っているのか、実は人によって意味が違うこともあるのです。今回は、みなさんが何気なく使ってはいるものの、いまいち漠然としている「付き合うとは」恋愛においてどういうことなのかを考察してみましょう。

付き合うとはどういうこと?その意味を考えよう

だいたいの人は「付き合う」という言葉を恋愛的な交際を指して使っているでしょう。ここでも付き合うとは恋愛に関するお付き合いを指しますが、一体何をもって「付き合う」と言えるのでしょうか?
好きになった人に「付き合ってください」と告白して了解が得られたらではないの?と思われるかもしれませんが、どちらも告白することなく「恋人同士のような」振る舞いをしていることもありますよね。海外ではいわゆる告白文化がないところもありますし、辞書のような言葉だけで「付き合うとはこうだ」と定義することは実際のところ難しいでしょう。国や文化によっても違いますが、どうやら男と女でもその相違があるようです。では付き合うとはどういうことなのか、男性と女性それぞれの考え方を分析してみましょう。

男にとって付き合うとは

まずは男性にとって、付き合うとはどういうことなのかを考察しましょう。ここでお断りをしておきますが、全人類における男性がこのように考えているわけではありませんのでご注意ください。あくまで考察です。
さて、改めまして「男にとって付き合うとは」?それは、「相手と好き同士かどうか」が基準であるようです。つまり「付き合おう」という言葉はあまり重要とは考えていないようです。男にとって付き合うとは、相手と頻繁に連絡を取り合ったり、定期的に二人きりで出かけたりするような、いわゆる恋人同士がする行動をすること自体を指して「付き合う」ということなのでしょう。

女にとって付き合うとは

一方で女性はどのように考えているのでしょうか?女性にとって付き合うとは、「恋人同士、好き同士であること」という点は男性と違いないのですが、女性はより「付き合うときの告白」が基準だと考えているようです。ということは、いくら二人きりのお出かけを繰り返しても、毎晩のように連絡を取り合っていても、さらには肉体関係を持ったとしても「付き合おう」と告白の言葉が交わされていなければ付き合っているとは言えないと思っているのでしょう。
よく「男性と女性の愛情表現の違い」について、男性は抱きしめたり触れ合ったりなどの行動を重視しますが、女性は「愛しているよ」「好きだよ」などの言葉を重視する傾向があると言われていますが、付き合うとは何をもって言えるのかについても同様の相違点が見られます。やはりここでも男女間の認識の違いが表れているようですね。

付き合うとは何をすること?年代別の「付き合う」ことの意味

先述の通り、付き合うとはどういうことを指しているのか男女間に相違点がありますが、年代によっても「付き合うとは」ということへの意識の違いが見られます。

付き合うとは何をする:中学生の場合

恋愛関係を人生で初めて意識しだすという人が多いのが中学生、思春期ですね。この時期になるとだんだんと「あの二人は付き合っている」などというウワサを耳にすることが増えます。
中学生にとって付き合うとは、「告白して承諾しているか」ということです。中学生の恋愛はまだまだ発展途上ですので、お互いの気持ちの温度差や一方的にどちらかが好きなだけ、という状態が少なくありません。大人になればコミュニケーションの仕方もこなれてきますが、中学生はお互いの気持ちがどうかというよりも、告白したことや告白されたから応じたことで付き合うというケースが多いでしょう。

付き合うとは何をする:高校生の場合

心身の成長につれて恋愛のあり方も変わってきます。高校生になってくるとお互いの関係性に「付き合うとは」という意味を見出すようになります。例えば一緒に勉強してわからないところを教え合うなど自分の「好き」という欲求だけでなくお互いの協力関係を理解しうまく築くようになります。ただ一緒にいるから付き合っている、ということではなく、恋愛感情がありなおかつ相手のことも思いやって協力することで「付き合う」ことが成立すると考えます。

付き合うとは何をする:大学生の場合

恋愛コミュニケーションにも慣れてきた大学生は、成人になる時期でもあります。それまでの「ただ一緒にいる」という関係から自ずと肉体関係を持つように変化するのもごく普通でしょう。恋愛には肉体的な関係もつきものですから問題ではありませんが、それによって次第に「告白」の効力が低下してきます。言葉しかお互いの気持ちを確認する手段がなかった時に比べて、コミュニケーションの仕方がどんどん広がり何を持って「付き合う」と言えるかは個人差が出てくるのも大学生の特徴と言えます。

付き合う意味がわからないと言われた…その対応

成長するに従って恋愛コミュニケーションにも慣れるのですが、いくら大人になっても失敗することはあります。もしもあなたが恋人だと思っていたはずの人から、付き合う意味がわからないと言われたら、どのように対応しますか?付き合う意味がわからないと言われた時になって初めて「付き合うとは何か」を考える人もいるかもしれません。
しかし、今までずっとお互いの気持ちを理解しあって一緒にいるのだと信じてきた人には寝耳に水でしょう。なぜ相手は付き合う意味がわからないのでしょうか。
考えられる可能性は二つあります。

「付き合う意味がわからない」に込められた意味①

一つは相手の気持ちが冷めた、ということによる愛情の再確認です。それまではどちらにも問題なく付き合うことの意義があったものの、気持ちが冷めたから今まで付き合ってきた意味や「本当に好きなのか?」を考えるのでしょう。だからその気持ちや今までの交際のことも含めて再確認するため「付き合う意味がわからない(分からなくなった)」と言ったのだと考えられます。
この場合、まだあなたが相手のことを好きならばその相手に気持ちの変化のきっかけを尋ね、今後以前のような恋愛的関係に戻るかどうかを話し合いましょう。

「付き合う意味がわからない」に込められた意味②

二つめの可能性は、残念ながらもともと恋愛感情はなかったということです。この言葉が発せられる前、相手に気持ちがないことで少しでも引っかかる点はありませんでしたか?全く気づかなかったのか、もしくはそれを信じたくなかったのかもしれませんが「付き合う意味がわからない」と言われた時点で相手には恋愛感情がないということが確定です。恋愛において付き合うとはお互いのコミュニケーションがバランスよくとれていることが大切なので、少なくとも「付き合う意味がわからない」と言われた時点ではお別れするのが賢明でしょう。もしかしたら、その後気持ちが芽生える可能性もないことはありません。タイミングが違ったと考えましょう。

最後に

今回は恋愛において大きな意味を持つ「付き合うとは」ということへアプローチしてみました。男性と女性、そして年代でもその考え方に違いが見られましたね。恋愛関係=付き合うという「テンプレート」が自分本位のものになっていないか、本当に付き合うとはどういう意味なのかを改めて考えるのも、人生において大切なのかもしれません。

text:common編集部

Posted by admin