common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

気になる夫婦のスキンシップ事情!夫が喜ぶスキンシップの方法やスキンシップがない原因、夫婦のスキンシップが大切な理由

2019.3.8

あなたは夫婦のスキンシップを大切にしていますか?夫婦生活も歳月を重ねるごとに少なくなっていくのも自然なことと諦めていませんか?しかし年齢はいくつになってもお互いの愛を確かめるためにもスキンシップは大切にしたいもの。そこで今回は夫婦のスキンシップ事情や夫の本音について調査してみました。夫婦のスキンシップについて気になる方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。 
 

■そもそも夫婦のスキンシップとは?

スキンシップとは直訳すると「肌のふれあい」のこと。夫婦でのスキンシップというと手をつなぐ、ハグする、キスをする、そしてセックスなどのことを言いますね。

■夫婦のスキンシップの頻度は年数と共に減っていくもの

新婚当初は毎晩セックス、「いってきます」のキスにハグ、おでかけのときは手を繋ぐという夫婦も多いかと思います。でも結婚して時が経つと、お互いにスキンシップをとるのが恥ずかしくなって、次第に触れ合わなくなる…なんて夫婦が多いのが事実ですよね。

■妻とスキンシップしたい?男性の本音は?

実は男性は妻とスキンシップしたいと思っている傾向にあるようです。セックスだけでなく、例えば2人で家で映画を見ているときにソファーの隣に座って仲良く見たい。これも夫婦のスキンシップの一つです。でも夫婦生活が長いと、スキンシップをとるのがなんだか恥ずかしく感じることもありますよね。妻とスキンシップしたいと思っていてもなかなか言い出せない夫が多いようですね。

■夫が喜ぶ夫婦のスキンシップの方法は?

恥ずかしいと思わず「妻とスキンシップしたい」と思っている夫を喜ばせてあげましょう。普段の生活の中でちょっとしたスキンシップを取るだけで、夫婦関係が良好になることだってあるんですよ。

夫が喜ぶ夫婦のスキンシップの方法①手をつなぐ

スキンシップの基本中の基本ですね。肌と肌が触れていることで大きな安心感を得られるのだとか。「疲れているしセックスは面倒…」そう思っている女性も、2人で出かけるときに手をつなぐようにしてみましょう。あなたの方から手を握ってみたら、夫が喜ぶかもしれませんよ。

夫が喜ぶ夫婦のスキンシップの方法②キスやハグ

セックスは毎日無理でも、キスやハグなら毎日でもしたいというのが男性側の希望。朝に「いってきます」のキスをしてもらうと、その日の仕事のモチベーションも変わってくるのだとか。また帰った後は労いの意味を込めてハグ。こうすることで一日の疲れも吹き飛ぶといいます。

夫が喜ぶ夫婦のスキンシップの方法③一緒にお風呂に入る

子供が小さいうちは難しいかもしれませんが、一緒にお風呂に入るのも大切なスキンシップの一つ。一日の疲れを取るのに最適なお風呂。そこに妻の姿があると「明日も頑張ろう」と活力が湧いてくるそう。また一緒にお風呂に入ることで、悩みや本音をさらけ出せるのだとか。裸を見せ合うことでお互い素直になれるということでしょうか。

■夫婦のスキンシップがないと気付いたら?

今度は夫婦でスキンシップがないと感じている方のために、解決策を調べてみました。せっかくひとつ屋根の下で暮らす夫婦なのですから、原因を突き止めてスキンシップを取れる夫婦でいられるようにしましょう。

・夫婦でスキンシップがない原因は?

まずはスキンシップがない原因について。考えられる原因は「お互い忙しい」「相手を異性として見られなくなった」という点です。仕事や家事に育児でどうしてもスキンシップは後回しになってしまう。子供ができたことによって、相手を異性ではなく「父親」「母親」として見てしまう。これらが夫婦のスキンシップがない原因のようです。

・夫婦でスキンシップがないのを解決するには?

それでは夫婦でスキンシップがないことに気付いたらどんなことをしたらいいのでしょうか?一番大事なのは無理しないことです。無理して「おかえり!」とハグしてみたり、突然キスしてみたり…夫からすると「何を突然…!?何かやましいことがあって隠そうとしているのかな?」と怪しまれてしまうことも。スキンシップをとっていないなと感じたら、少しずつスキンシップを増やしていくようにしましょう。

■夫婦のスキンシップが大切な理由は?

最後は夫婦のスキンシップが大切な理由についてです。スキンシップはないよりあった方がいい理由についてご紹介します。

・夫婦のスキンシップが大切なのは絆が生まれるから

夫婦でスキンシップをとることで、お互いの肌に触れ合うことで絆が生まれます。相手の体温を感じながら、コミュニケーションを取ることで安心感を得られるのです。「自分はパートナーに愛されている」と感じることで、夫婦の絆が深まっていきます。できたら毎日少しずつでもスキンシップを取るのが望ましいですね。

・夫婦のスキンシップが大切なのはお互い健康でいられるから

実際にスイスで行われた実験ではこういったデータがあるそうです。スキンシップをあまり受けずに育った子供の平均寿命は短い。スキンシップを得られない高齢者は老化が早く進む。これらは「生きている実感」を持ちにくくなり、それが寿命や老化を早めることに繋がるのだとか。確かに手をつないで散歩している老夫婦は、イキイキとしていて実年齢より若く見えることも多いですよね。お互い健康でいられるように、夫婦間でスキンシップをとっていくことが大切ですね。

■最後に

いかがでしたか?今回は夫婦のスキンシップについてご紹介しました。「あまりスキンシップ取れていないかも」「どういったスキンシップがいいのか分からない」という方も少なくないでしょう。そんな方はぜひ今回の記事を参考に、夫婦のスキンシップを積極的に取ってみてくださいね。

text:common編集部

Posted by admin