common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

夫婦の趣味は同じほうがいい?趣味が違う、趣味が合わない夫婦などそれぞれの考え方

2019.3.8

夫婦の趣味については、どのように思う人が多いのでしょうか。それぞれが違う趣味を好む夫婦もいれば、同じ趣味を持つ夫婦もいますよね。今回は、夫婦の趣味についての考え方について、詳しく見ていきましょう。
 

夫婦の趣味が同じ場合

もし夫婦の趣味が同じなら、休みの日に一緒に楽しむことも可能でしょう。インドア派の夫婦なら、行きたい場所が同じ場合もありますよね。アウトドア派の夫婦についても、一緒に趣味を楽しめるので嬉しいと思うかもしれません。元々は趣味が違う夫婦でも、どちらかが合わせるようなケースもあります。夫の趣味について、最初は理解ができなかったけれど、努力をして自分の趣味にした妻もいるでしょう。
逆に夫が妻の趣味に合わせて、自分も趣味として楽しんでいるような夫婦もいます。このどちらも、夫婦で趣味が同じなのを理想的だと考えているのでしょう。同じ趣味を持てるのなら、きっと二人で過ごしやすくなり楽しい時間を持てると考えているのです。
でももし無理をしているとしたら、途中で「やっぱり趣味が合わない」と悩んでしまう可能性もあるでしょう。

夫婦の趣味が違う場合

夫婦の趣味が違うとしたら、それぞれの趣味に対して理解を示せるかが重要です。放置してしまうというのは、とても寂しいですよね。夫婦の趣味が違うとしても、お互いの趣味については知っていて話を聞ける関係でいたいもの。妻が趣味の話をしているときは夫が聞き、夫が趣味の話をしているときは妻が聞くようにできるといいでしょう。
特に男性は、自分の趣味や好きなものについて、熱く語るのが好きな傾向があります。でも趣味が違う場合、その話についていけないこともあるでしょう。夫の趣味に興味を示さず、否定的な態度を妻がとってしまうと、夫は外で趣味について語り合える相手を探すようになるかもしれません。結果として、夫婦の会話がなくなってしまう場合もあるので、気を付けるようにしたいですね。

夫婦の趣味が合わない場合

夫婦の趣味が合わない場合の対策は、とっておくべきか迷うもの。これは、趣味が同じとき、夫婦の時間がたくさん取れると考えるからです。一方で、無理に同じ趣味を持とうとしたとき、自分に合わないと苦痛に感じることもあるでしょう。それならいっそのこと、趣味が違う夫婦としてお互いの話を聞くようにしたいです。
悩みの種となるのは、趣味が合わない理由が相手の好きなものを受け入れられないときです。「あなたの趣味は理解できない」となれば、話を聞くのも退屈であったり、不快なときもあるかもしれません。趣味が合わないと感じたときは、お互いの趣味について話題に上げないことをおすすめします。話を聞かなければ、合わないと感じることもありません。

夫婦の趣味が運動の場合

夫婦の趣味が運動というのも、とても健康的で素敵なもの。休みの日にはテニスをしたり、ジョギングをしたりするのも良いでしょう。でも同じ趣味を持っていたとしても、ペースはそれぞれ違う可能性もあります。こういう場合には、スポーツクラブに一緒に通うようにすると、それぞれのペースで運動がしやすいですよね。集合時間を決めながら、夫と妻が好きな運動をして時間を過ごすのもリフレッシュされる可能性があります。
スポーツクラブに行ってずっと同じように運動をするのではなく、それぞれが自分のペースを大切にしながら動くことにより、楽しい気持ちで運動ができるはず。実際にスポーツクラブには様々なマシンがありますので、自分に合うものを選べるメリットがあります。プールが併設されている場所もあるため、妻はジムに行き、夫はプールに行くなど出来るところがスポーツクラブでの運動を趣味とする魅力ですね。

夫婦共通の趣味がないとしたら

夫婦共通の趣味がないので、作りたいと思う夫婦もいます。この場合には、お互いの好きなものを話し合ってみましょう。話し合うと共通するものが、いくつかあるはずです。これを夫婦で趣味として、楽しむのも可能でしょう。相手の好きなものの中に、自分が興味を持てるものがあるのなら教えてもらうのも良いですね。
逆にこちらが得意なものを、相手に教えることで共通の趣味になるケースもあるのです。お互いに好きなものが共通していると思うと、親しみを覚えて嬉しい気持ちになるもの。相手の好きなものについて、もっと深く知りたいとお互いに思えるようになるでしょう。
例えば好きなアーティストが同じなら、ライブやコンサートに行ってみたり、車の中で普段から一緒に聴くようにしたりすると、趣味として楽しめるでしょう。夫婦共通の趣味がないと思っても、探してみると見つかることがあります。諦めずに相手の好きなことに興味を持つことから始めてみましょう。

老後の夫婦の趣味について

老後には、夫婦とも趣味がある方が楽しい日々が過ごせそうですよね。でも夫の趣味について理解ができないと妻が思うケースがあります。
こういう時でも、できるだけ夫の趣味について話を聞くようにしたいところ。自分も一緒に同じ趣味にチャレンジをすると、幸せな気持ちになれるのです。
今から老後にも出来る趣味を見つけておくのも、ひとつの方法と言えるでしょう。例えば絵を描いたり楽器を演奏したりする趣味などについては、いつからでも始められて、老後まで長く続けられる趣味になります。趣味を日々の中に取り入れると、とても毎日が充実したものになり、夫婦も仲良くいられるケースが多いでしょう。

夫婦の趣味を同じにするなら?おすすめ趣味ランキング

最後に、同じ趣味を夫婦で持つならおすすめのものをランキング形式でご紹介します。夫婦の趣味ランキング、トップ3です。

1.DIY(日曜大工)

夫婦の趣味で日曜大工、いわゆるDIYはおすすめです。二人で協力してインテリアを作っていくことになるので、自然と会話も増えていくでしょう。夫が力仕事を担ってくれて助かったり、妻がデザインなど細かい作業をしてくれて感謝されたり。助け合いながら作業ができます。

2.映画(DVD)鑑賞

休日にあまり時間が取れないなら、時間が決まっている映画鑑賞がおすすめです。夫婦で好きな映画を見たり、相手の好みの映画を選んでもらったりして、お互いが好きなものを把握していくのもいいでしょう。DVD鑑賞であれば平日の夜に少しだけ…という時間の使い方もできるので、仕事などで休みの日が合わない夫婦におすすめです。

3.キャンプ

旅行が趣味という人も多いですが、夫婦におすすめの趣味はキャンプです。旅行とは少し違った雰囲気を楽しむことができます。キャンプではやることが多いので、夫はテントを張る担当、妻は夕飯を作る担当など、それぞれの役割を決めて楽しむのもいいでしょう。お互いに協力し合いながら、自然の中でゆっくりできるのもいいですね。

最後に

夫婦の趣味については、それぞれ好みがあるので無理強いはしたくないものですよね。でも相手の趣味について少しでも興味があるのなら、趣味の内容などについて教えてもらうのも楽しいかもしれません。
教えるのが好きな男性は多いですから、素直に「教えてほしい」と伝えると、笑顔で教えてくれる夫もいるでしょう。
趣味をひとりで楽しみたいんだろうな…と最初から諦めてしまわずに、夫の趣味について興味を持つところから始めていきましょう。
二人の趣味を持ちたいけど何がいいかわからないときは、ランキングを参考にしてみてください。

text:common編集部

Posted by admin