common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

育児ノイローゼで離婚したい原因は?後悔しないための解決法や、離婚したいときに知りたい親権や慰謝料事情

2019.2.8

育児ノイローゼが引き金になって、離婚に至る夫婦も……。そもそも、育児ノイローゼとはどのようなものなのでしょうか。また、育児ノイローゼで離婚したいと思う原因や、後悔しないための解決法をご紹介します。また、育児ノイローゼが理由で離婚してしまった場合は、子どもの親権や慰謝料などの問題はどうなるのでしょう。育児に悩んで離婚を考えている方の参考になるように、育児ノイローゼで離婚した女性の体験談などまとめてみました。

育児ノイローゼとは、どんなもの?

子どもを産んだ女性が、人生で初めて経験することになるのが育児。大変なことや思い通りにならないことの連続で、育児ノイローゼになってしまう方も少なくありません。そんな離婚原因にもなる可能性がある、育児ノイローゼとはどのようなものなのでしょうか。「ノイローゼ」という言葉だけで悪いイメージを持たれがちですが、育児ノイローゼは子育て中の女性なら誰でもなる危険性があり、いずれ心の病に繋がることも。育児への不安やプレッシャーなどがストレスになると、それが原因となって発症し、精神的に不安定になってしまいます。育児ノイローゼの主な症状としては、

・イライラしやすくなる
・眠れなくなる
・思考力、判断力が低下する
・社交性がなくなる

などがあげられます。中には子どもに手をあげてしまったケースもニュースなどでよく聞きますが、「自分は大丈夫」と思っているママでも育児ノイローゼになってしまう可能性があるのです。育児ノイローゼの症状が出たことで夫婦関係に亀裂が入り、離婚に発展してしまうことも……。育児で悩んだり辛くなったりしたときには、一人で抱え込まないことが大切です。

こんな夫婦がなりやすい…!?嫁の育児ノイローゼで離婚に発展するケース

では、育児ノイローゼが原因で離婚してしまう夫婦には、どんな傾向があるのでしょうか。最もよくある理由としては、「夫が育児に非協力的だった」という声があげられます。外で一日中仕事をしていて、帰ってきたら疲れて寝るだけ……という旦那さんもたくさんいると思います。嫁が育児に疲れていることに気づかない夫も多いのです。仕方のない事かもしれませんが、子どもは夫婦二人で育てるものです。家事も育児も奥さんに任せっぱなしで、夫婦間の会話もない夫婦は要注意。「嫁が育児ノイローゼなんて知らなかった」と言われても女性としては納得できないでしょう。母親が育児ノイローゼになってしまい、離婚に発展してしまうケースに陥りやすいと言えます。また、育児ノイローゼは心が不安定になりがちなので、ちょっとした衝動で離婚を考えてしまうこともあるようです。周りの協力を得て、ストレスを発散できる場を持つことも重要ですね。

育児ノイローゼになって離婚したいと思う原因は?

では育児ノイローゼによって離婚したくなってしまう原因として考えられることは何でしょうか?その原因をいくつかご紹介します。

育児ノイローゼで離婚したいと思う原因1:頼れる人が周りにいない

近くに親や兄弟がいれば、少しの時間でも子供を預かってくれたり、悩みを聞いてくれたりと助かります。しかし、周りにそういう人がいないと全てを一人で抱えることに。いわゆるワンオペ育児です。一人で育児に悩むがゆえに育児ノイローゼになりやすく、離婚したいと思う原因になってしまうのです。

育児ノイローゼで離婚したいと思う原因2:夫が育児に参加しない

夫が仕事を理由に育児に全く関わらないケースも。休みの日も仕事疲れを理由に寝てばかり。元々子供に興味がないのかもしれませんが、ただでさえ育児で忙しい妻にとって、出産前と同じように夫の食事などの世話はできないのです。それなら夫などいないほうがましだと考えてしまい、離婚したいと思ってしまうようです。

育児ノイローゼで離婚したいと思う原因3:夫が頼りにならない

夫が育児に参加しないタイプだとしても、せめて精神的に頼りたいですよね。しかし育児のつらさを夫に訴えても、育児が大変なのは当たり前・それが仕事だろ、と突き返され、何の解決策も講じることなく悩む妻を放ったままにすることも。育児ノイローゼになっても、一番身近である夫を頼れる存在としてみられなくなり離婚したいと考えるようになるのです。

育児ノイローゼで離婚したいと思う原因4:自分ができなさすぎて辛い

真面目でパーフェクトを求めてしまうママほど、育児でつまずく自分を責めてしまいます。皆ができている育児なのに、自分はどうしてうまく出来ないのか悩んでしまうのです。育児が大変で家事もできず、夫のことはないがしろに…子供にも夫にも罪悪感を持ってしまい離婚したほうがまし、という思考になってしまいます。

育児ノイローゼで離婚したいと思う原因5:自分の母親と比べてしまう

自分の記憶にある母は、子育ても家事も仕事もちゃんとこなしていた…。そんな母のように自分もスムーズに育児ができるものだと思っていたら、思うように育児ができず負担が増すばかり。自分のお母さんを尊敬していて、自分の母親像がしっかりあるようなタイプだと、自分を責めすぎて育児ノイローゼになり離婚したいと思ってしまうこともあるようです。

育児ノイローゼで離婚したいと思う原因6:友達ママと比べてしまう

自分より早く子供を産んだ友人や友達ママと比べては落ち込んでしまい、育児ノイローゼになってしまう女性もいます。こちらも夫や子供に対して「こんな妻・母でごめんね」という罪悪感から離婚を考えてしまうのです。

育児ノイローゼで離婚したいと思う原因7:24時間気が休まらない 

100人赤ちゃんがいれば100通りの育児があると言われています。あまり泣かずよく寝る赤ちゃんの育児は比較的楽といえますが、例えば抱っこしながらでないと寝ない赤ちゃん、2時間おきに起きる赤ちゃんなどはママも慢性睡眠不足。24時間気が休まらず思考力も低下し、育児ノイローゼに。睡眠不足や体の疲れから夫に当たってしまい、離婚したいと思ってしまいます。

育児ノイローゼで離婚したいと思う原因8:家事のやる気が出ない

育児に追われて心に余裕がなく、かつて難なくこなしていた家事が回らなくなってしまうと、今までできていたことがこなせないというストレスから育児ノイローゼになってしまうことも。妻としての役割が出来ないこともそうですが、何もできない自分自身に疲れてしまい離婚が頭をよぎってしまうのです。

育児ノイローゼで離婚したいと思う原因9:夫が敵に見える

特に出産前までバリバリ働いていた女性は、出産を機に退職や産休のため家で過ごす日が続きます。昼間は会社に行き、帰宅して余裕があるときだけ育児に参加する夫が次第に恨めしい存在に。社会に置いて行かれたような焦りがある中で、育児もままならない状況が続くとそんな夫が妻にとって敵に見えてしまい、育児ノイローゼになり夫ともギクシャクしてしまうのです。

育児ノイローゼで離婚したいと思う原因10:夫へ不満が子供に向いてしまう

育児の大変さがわからない、理解しようとしない夫、そんな不満を夫や親、友人にも言えずに自分の中でたまってしまうと、ある日その不満が爆発して子供に向かってしまうことも。子供を傷つける前に離婚して夫と離れなければ…という選択も出てきます。自分さえ我慢すれば…と思うママは育児ノイローゼが原因で離婚してしまうこともあり要注意ですね。

育児ノイローゼで離婚後に後悔しないために!解決方法は?

しかし、本当に育児が原因で離婚してしまってもいいのでしょうか。離婚後、一人で子どもを育てる、というのは経済的にも負担が大きく、より精神を崩しかねません。離婚後に後悔しないために、いくつか考えておくポイントがあります。離婚したい、という気持ちが育児ノイローゼによる突発的な衝動であれば、別れたあとに後悔することもあるので、まずは一度深呼吸してよく考えてみてください。育児ノイローゼの症状を和らげるために、夫婦でできることもあるのではないでしょうか。

育児ノイローゼで離婚しないための解決方法1:周りの協力を得ること

親や兄弟姉妹はもちろん、学生時代の友達、ママ友など、育児が辛くなったら些細なことでも口に出して相談しましょう。それは迷惑なことでも弱みを見せることでもありません。特別な解決策はもらえなくても聞いてもらうだけで育児の緊張がほぐれます。夫の愚痴でもいいのです。それだけで育児ノイローゼになるリスクは減り、離婚せずに済むかもしれません。

育児ノイローゼで離婚しないための解決方法2:一人の時間を作る

たまには子どもと離れて自由な時間を作ることも大切です。両方の親が近くにいないなど預け先に困る場合はファミリーサポートなど自治体の制度を利用しましょう。多少の料金はかかりますが、一人になってショッピングしたり、カフェでお茶をするだけでも気持ちがリセットされて育児への悩みも前向きにとらえる心の余裕ができるはずです。

育児ノイローゼで離婚しないための解決方法3:相手に期待しすぎない

お互い初めての育児であれば、上手くできないのは当たり前です。新米パパ・新米ママに期待しすぎてはいけません。相手に期待しなければ悩みも少なくなり育児ノイローゼによる離婚も避けられるでしょう。

育児ノイローゼで離婚しないための解決方法4:夫婦間の会話を増やす

子育てで悩んでいること、大変なことは共有するようにしましょう。イライラしている原因には、産後のホルモンバランスの乱れもあるかもしれません。離婚後に「もう少し話し合えばよかった」と後悔することがないように、一度冷静になり、夫婦で改善できることは実践していきましょう。

育児ノイローゼで離婚しないための解決方法5:子供の将来を想像する

一時的な感情で決めてしまうことが子供からも父親をとってしまうことになります。育児ノイローゼのために夫婦仲が険悪になり子供に悪い影響を与えるほどひどければ、離婚も視野に入れることもありますが、子供の将来にとっての最善策を考えることも大切です。

育児ノイローゼで離婚したい!でも、離婚の理由になる?

どうしても我慢できず、離婚したい……という方もいますよね。産後2年以内に「離婚したい!」と考えた場合、育児ノイローゼが離婚原因の可能性があります。実際、育児ノイローゼがきっかけで夫のことが嫌になり、別れを決断する妻も多くいます。現在では「育児ノイローゼでの離婚」は珍しいケースではないのかもしれませんね。しかし、離婚したいと思っても、軽々しくできるものではありません。話し合いで離婚が成立しなかった場合は「離婚調停」やら「離婚裁判」をすることになりますが、民法770条に定められている離婚理由のうち、「4・配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」に育児ノイローゼは当てはまらないそうです。「育児ノイローゼのせいで夫婦喧嘩が絶えず、夫婦関係の修復が困難になってしまった」など、「5・その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」に該当するようであれば法的な離婚理由になるかもしれません。では、本当に離婚してしまった場合、子どもの親権や慰謝料の問題はどうなるのでしょうか。次の項目で見てみましょう。

育児ノイローゼで離婚してしまったら…親権や慰謝料はどうなるの?

子どもが幼いうちに離婚してしまった場合、親権は母親の方にいくケースが多いそうですが……、育児ノイローゼによって母親の精神状態が良くない場合は父親に親権がいくなど例外もあるようです。また、離婚で慰謝料が支払われるケースには大きく分けると「不貞行為」「肉体的・精神的暴力」「悪意の遺棄」があり、その中には例えば「夫が子育てに協力してくれないから」という理由に当てはまるものはありません。夫に慰謝料を請求したくても、育児ノイローゼが理由ではほぼ不可能だと言われています。子供の親権は手放したくない、慰謝料はしっかりもらわないと気が済まないという女性もいるでしょう。本気で離婚したいと考えている方は、まず自治体などを通して離婚問題に詳しい弁護士に相談してみるのがいいかもしれません。

育児ノイローゼになって結婚を後悔した…育児ノイローゼで離婚した人の体験談

育児ノイローゼが原因で離婚して後悔している人、逆に育児ノイローゼになって夫の本性がわかり離婚してよかったと思っている人…など育児ノイローゼで離婚した経験者にもいろいろなケースがあります。ここでは何人かの体験談をご紹介します。

育児ノイローゼで離婚した人の体験談1:夫と別れて正解

妻が育児疲れでその不満を夫にぶつけているうちに、夫の方はそれを受け止めることをせず次第に家に寄り付かなくなり、ほかの女と浮気したというケースです。皮肉なことに妻が育児ノイローゼになったことで夫が自分に都合の悪いことから逃げるという性格がわかり、彼女はその夫と「結婚した」ことを心底後悔したそうです。離婚して子供と実家に戻ったら、実家の両親は娘が元気になるようサポートし、またかわいい孫と生活できて喜んでいたそうです。彼女は「離婚することで育児ノイローゼから立ち直ることができた」と明るくなりました。今は少しずつ仕事を始め、自立するべく頑張っています。

育児ノイローゼで離婚した人の体験談2:離婚後に資格を取得、再婚して幸せに

さずかり婚で結婚した二人、妻以上に夫は父親になる覚悟がないままパパになってしまいました。予想以上に負担がかかる育児、彼女は慢性睡眠不足で育児ノイローゼ気味に。子供に関心のない夫とは完全に気持ちが離れてしまい離婚を選択しました。1人で子供を育てなくてはと自分を奮い立たせ、子供を保育園に入れて必死に働く一方で、資格をとりシングルマザーとして生きていかれるように。そんな中、仕事で知り合った男性と付き合い、相手をしっかり理解した上で再婚もできたのです。彼女は育児ノイローゼによる離婚を後悔するどころか、「あの時離婚を決意してよかった」と感じているようです。

育児ノイローゼで離婚した人の体験談3:離婚を後悔、もっと話し合っていれば…

育児ノイローゼになり離婚をしたことを後悔しているママもいます。育児ノイローゼになるということは、自律神経も乱れ思考力も低下し精神的にも不安定な状態。そんなマイナスな気持ちの中で、育児に協力的に見えなかった夫とはもう暮らせないと離婚を選択。実家にお世話になりながら、何とか育児をしたそう。子供の成長と共に冷静さを取り戻した彼女に、養育費を送ってくれる夫は「あの時何がつらいのかわからなかった」と言います。現在経済的にも不安定な彼女は「あの時夫ともっと話し合えばよかった」と育児ノイローゼで離婚をしたことを後悔しています。

最後に

いかがでしたでしょうか?育児ノイローゼで離婚したいと考えている方の参考になれば幸いです。育児はとても大変で時には辛いもの。ストレスを抱え込みすぎず、人に相談できるときは頼りましょう。突発的に行動してしまうと、離婚後に後悔することもあります。育児ノイローゼで離婚したいと思う原因を知って、離婚しないための解決方法を考えてみてください。そのうえで、自分の負担や子どもの将来のことをよく考えて、一時の感情に流されずに先のことを決断してくださいね。決断したあとは専門家に、親権や慰謝料が自分の望み通りになるか相談してみるといいでしょう。

text:common編集部

Posted by admin