common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

倦怠期ってどんな時期?倦怠期が原因で別れることってある?倦怠期をうまく乗り越える方法とは!サインや対策をご紹介

2019.2.4
前は彼と会うたびにドキドキしていたのに、最近はなんとなく惰性で会っている感じがする。それは倦怠期かもしれません。今回は倦怠期が訪れる時期と倦怠期のサイン、また乗り越え方や対策について、ご紹介します。

そもそも”倦怠期”の読み方は?倦怠期ってどんな時期?

“倦怠期”は”けんたいき”と読み、パートナーに飽きてしまい、一緒にいることに対して楽しくなくなってしまったり、さらには嫌気がさしてしまう時期のことを指します。倦怠期はある程度長く付き合っているカップルや夫婦の関係がマンネリ化した時に起こりやすいとされています。

倦怠期が起こりやすい時期は付き合い始めてから、3の倍数が付く月や節目年だと言われています。まず最初に倦怠期が訪れやすいのが付き合ってから3か月目です。この時期は付き合う前から付き合いたての時期に起こる異常な恋愛熱が徐々に冷め、パートナーのことを少し冷静に見られるようになります。このためパートナーと合わない部分や嫌な部分が目につくようになり、次第にパートナーに対する飽きに繋がるようです。

さらに付き合って半年目を迎えると、3か月目の倦怠期で解消しきれなかったわだかまりが、さらに大きな不満となって現れます。不満を爆発させるのではなく、お互いが同じ方向に向けて話し合いをすることが危機を乗り越えるために必要なのです。

付き合って3~4年が経てばもう倦怠期や危機の心配はないだろうと思いがちですが、実はそうでもありません。今まで特に大きな問題もなく、仲睦まじそうに見えていたカップルが唐突に別れてしまうのが、この3~4年目と言われています。3~4年目でネックになるのは「パートナーがいて当たり前」という感覚と、「結婚」の2つと言われています。

付き合って3年というのは、パートナーに対して一緒にいられることへの甘えが出てくる時期だと言われています。このため相手に対する思いやりが欠けた発言をしてしまったり、記念日をおざなりにしてしまい、お互いへの飽き、倦怠期に繋がることがあるようです。さらに結婚という現実的な決断を迫られ、破局してしまうカップルも少なくないようです。

倦怠期が原因で別れることってある?倦怠期をうまく乗り越える方法

倦怠期はどのカップル、夫婦にも訪れるものですが、決して甘くみてはいけません。倦怠期は破局や離婚の原因になります。では倦怠期はどのように乗り越えれば良いのでしょうか

倦怠期脱却の方法として、最も効果的と言われているのはパートナーと距離を取ってみることです。もし同居していたなら一度別々に暮らしてみる。毎週会っていたなら頻度を月1に減らしてみるのがおすすめです。一度パートナーと距離を取ることでパートナーの大切さに気づき、倦怠期を脱却できると言われています。

もう1つ、倦怠期脱却におすすめの方法は2人で新しい趣味を始めることです。例えば2人でやったことのないスポーツを始めてみたり、楽器を始めてみるのが定番です。新しいことを始めることにより生活に新鮮さが生まれるため、倦怠期特有の退屈さを解消することができます。

Posted by admin