知らなきゃ効果半減?ヨガで痩せる5つのコツ- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

知らなきゃ効果半減?ヨガで痩せる5つのコツ

2019.3.6

ダイエットにヨガを取り入れている人は少なくありません。インナーマッスルを鍛えるためにヨガを始める人や、有酸素運動として取り入れている人も多いでしても効果的ですが、どんなコツを押さえれば効果的にダイエットができるのでしょうか?

ヨガでダイエット効果を得るコツ

美容や健康のためにヨガを始めたけれど、どうも効果が感じられない・・・という人は多いでは?ここでは、ヨガでダイエット効果を得るコツをご紹介していきます。

1、長く続けてみる

ヨガをする女性

ヨガを始めて間もない頃はすぐにヨガによるダイエット効果は感じられないかもしれません。それはインナーマッスルが鍛えられ、代謝が上がったと感じるまでに時間がかかるからです。3ヶ月から半年続けることによって効果を実感する人が多いです。

1か月通ってみて痩せないからと辞めてしまうのはもったいないかも。徐々に筋肉がつき、体が変わり始めている時かもしれませんよ。

2、頻度を上げてみる

もしヨガで早くダイエット効果を得たいなら、今よりもヨガに通う頻度を上げてみましょう。ヨガでダイエット効果を得るためには、週3回は通うのが理想的です。なかなかヨガ教室に通うのが難しい場合でも、自宅で音楽を流し、動画を見ながらヨガをする時間を15分でも確保してみましょう。

3、食事のタイミングを変える

運動前後の食事 痩せた女性

ヨガでダイエット効果を得るためには、食事のタイミングを気にする必要があります。ヨガの前にお腹が空いて食事を摂ってしまう人もいるかもしれませんが、ヨガの前に食事をしてしまうと、食べ物を消化するために胃や腸に血液が送られてしまいます。それでは、ダイエットのためにヨガをしてもあまり血行がよくならずに、代謝を上げることができません。

また、ヨガが終わった後すぐに食事をしてしまうと、食べたものがすぐに吸収され、太りやすくなってしまいます。ヨガの直前や直後には食事は控えましょう。理想はヨガをする2~3時間前か、終わってから2時間後くらいに食べることです。

またヨガの前に食事をする場合には、なるべく消化の良いものを食べて、胃腸に負担を掛けないようにし、ヨガの後に食事をする場合には、肉や魚、豆などのたんぱく質を含む食物を食べることで、筋肉の増強が行われやすくなります。

4、丹田(たんでん)を意識する

ヨガをしているのになかなかダイエット効果を得られない場合には、丹田(たんでん)を意識するようにしましょう。

丹田(たんでん)とは、おへそから握り拳1つ分くらい下にある部分のことを言います。丹田を意識して呼吸をすることによって、しっかり横隔膜が鍛えられます。
最初はなかなか意識しづらい部分なので、丹田の位置に握る拳を実際にながら、その部分に意識を集中させて呼吸をするようにしましょう。

丹田に触れ、腹筋が硬くなるのを確認し、ゆっくりと呼吸をしていきます。丹田がきちんと意識できるようになると、深層筋が鍛えられることで、姿勢が正しくなり、血液循環がよくなって、血行促進、冷え症改善にもつながります。

5、ヨガをする時間帯を変えてみる

フィットネスガール 朝

なかなかヨガでダイエット効果を感じられない場合には、ヨガを行う時間帯を変えてみましょう。朝起きてから30分間、ヨガに取り組んでみましょう。

ヨガは基本的に、胃の中が空の状態の時に行うといいと言われているので、朝起きてすぐの時間が適しています。目覚めの悪い人も朝起きてすぐにヨガを行うことによって、頭も体もスッキリと目覚めることができます。

夜には仕事で疲れて、ヨガをする気持ちが起きないという人も朝なら時間を確保できそうですよね。朝にどうしても起きられず、ヨガをする気力が湧いてこない場合には、食事をした2時間以上経ってからでも大丈夫です。

逆にしない方がいいのは、お風呂あがりです。体が温められ、血行が良くなっているので気分が悪くなってしまう可能性があるからです。

それでもヨガで痩せない場合には?

以上のような項目を見ても、「ちゃんとしているのになぜヨガで痩せないんだろう?」と思う場合には、以下のような2つの原因が考えられます。

1、食べ過ぎ

まず考えられる原因は、食べ過ぎていることです。ヨガに行って、汗を流しているし、長期にわたって続けているのにダイエットがうまくいかないのは、ヨガによって消費しているカロリーと、日常的に摂取しているカロリーを比べた時に、食べているカロリーが多すぎるからです。

体を動かすとどうしてもお腹が空いてしまいます。頑張ったご褒美に食事を楽しむのはいいですが、ダイエット効果を目指すなら、一度摂取カロリーを計算してみるといいかもしれません。

2、一時的に体重が増えている

ヨガはインナーマッスル、アウターマッスルを共に鍛えることができてます。体重計に乗っても、体重が落ちていないように感じるのは、筋肉がついているせいかもしれません。脂肪よりも筋肉の方が重いことを覚えておきましょう。

一時的に体重が増えたように感じても、長い目で見れば、筋肉が増えることによって代謝が上がるため、ダイエット成功につながります。また、アウターマッスルが鍛えられると引き締まって見え、すっきりとした印象を与えてくれます。

 

ヨガをダイエットに活かしてみよう!

ヨガでダイエット効果を得るコツをご紹介しました。以上のようなコツを押さえることによって、ヨガをすることでダイエットが成功しやすくなります。暖かい季節に向けて、ダイエットをがんばっていきたいですね。

番長みるく

番長みるく

元劇団四季のミュージカル女優で準主役デビュー後、6年間在籍。出演作は「ウィキッド」ネッサローズ役や「サウンドオブミュージック」など。 ライザップボディメイクグランプリ2016年スタイルデザイン部門関東&全国優勝の経験もある。外資金融の勤務経験もあり、恋愛、自己啓発、金融、ダイエット、筋トレ、レシピの記事が得意。
Instagram @banchomilk_

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

ライター募集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。