common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

旦那・彼氏が浮気してるかも…。LINEを覗くのはあり?LINEトークの自動転送機能や旦那のLINEを見る方法をご紹介

2019.1.4

パートナーが浮気してるかもと思ったら、まず浮気相手との連絡ツールを確認するのが一般的です。しかし超パーソナルスペースという別名を持つスマホを本人以外が確認するのは至難の業。浮気をしている人なら絶対に見せないようにするでしょう。今回は最新のLINEを使った浮気隠し方法と、「彼氏や旦那が浮気しているかも」と思った時に使えるLINEの使い方についてご紹介します。

彼氏・旦那のLINEを見る方法①LINEトークの自動転送機能とは

彼氏や旦那のLINEを盗み見る方法の1つにLINEアプリのデフォルト機能の1つであるトーク自動転送機能があります。これはパートナーに浮気相手からLINEが来ると、自動でその内容が別のスマホに転送される機能です。
設定方法は、浮気をしているかもしれないパートナーのスマホでLINEアプリを開き、浮気相手と思わしき人とのトークを開きます。トーク画面の右上の∨マーク→設定→トーク履歴の送信をタップします。メールで送信をタップしパートナーのメールから別ののメールアドレス宛にトーク履歴を送信することができます。
この時に注意しなければいけないのが、メール送信後に出したメールの送信履歴を消去する必要があることです。これを忘れるとパートナーに無断でLINEを転送したことがバレてしまいます。こっそりパートナーのLINEをチェックしたい場合は要注意です。

彼氏・旦那のLINEを見る方法②人のLINEを見るアプリ3選

LINEトーク履歴の自動転送機能では、過去のトーク履歴は見られるものの、リアルタイムの動きは分かりません。パートナーのLINEをリアルタイムで監視したいという方におすすめなのが、スマホ監視アプリです。
スマホ監視アプリとはそのアプリがインストールされているスマホの挙動を別のパソコンに転送するアプリです。またスマホ監視アプリは、スマホ使用者にインストールしていることがバレないよう、不可視化機能が付いているものがほとんどです。
浮気調査や浮気の証拠を押さえる際に、非常に役立つアプリですが、ストーキングや盗撮などの犯罪に利用されるケースも多々あります。スマホ監視アプリを使う際は十分な注意が必要です。

人のLINEを見るアプリ①ケルベロス(Cerbrus)

ケルベロスとはインストールされたスマホを別のPCから遠隔操作できるアプリです。
ケルベロスは本来、スマホ紛失時の防犯用に作られたアプリなのですが、浮気の発見に役立つアプリとしても知られています。
ケルベロスが遠隔操作でスマホにできる機能は、①スマホに搭載されたGPSによる位置情報の取得、②スマホのカメラを強制起動、撮影、③スマホ周辺の音声録音、④スマホの通話記録を取得、⑤SMS履歴を確認、⑥スクショの撮影です。
このようにケルベロスはスマホだけでなくスマホを使っている人のことも監視できるため、浮気調査にとても役立つアプリと言われています。一方で浮気調査だけでなくストーキングや盗撮の手段としても使われることがあるため、十分注意も必要です。くれぐれも防犯目的や浮気調査以外で使わないようにしましょう。またケルベロスはApp Storeで扱われていないため、現在はAndroid端末専用のアプリとなっています。

人のLINEを見るアプリ②mSpy

mSpyは使用者に見えないようにスマホを遠隔操作してスマホの周囲を監視できるほか、SNS活動も監視できるアプリです。このアプリも親が子どもを監視したり、会社内でスマホに夢中になっている人がいないかチェックするために作られたとされていますが、浮気調査に使えるアプリとして知られています。
主な機能は①通話履歴の記録や通話の録音、②SMS履歴の取得、③電話帳やメールの送信者情報を取得、④位置情報とその場所までの移動ルート情報の取得、⑤Safariの履歴を取得、⑥カレンダーやタスク情報の取得、⑦保存された写真やビデオを取得、⑧アプリケーションをブロック、⑨不可視化機能です。
他のスマホ監視アプリと同様に浮気調査だけでなく、ストーキングや盗撮など犯罪に利用されることもあるため、注意が必要なアプリでもあります。バックグラウンドで動作するアプリのため、インストールされているかどうか分からないのも、このアプリの特徴です。浮気調査には役立ちますが、その他の用途には絶対に使用しないようにしましょう。

人のLINEを見るアプリ③カップル覚書

このアプリはケルベロスやmSpyよりも浮気調査に特化したアプリと言われています。主な機能は①スマホの現在地の位置情報の取得、表示、②現在地までのスマホの移動経路を確認、③スマホが特定の場所に入ったら、通知する、④チャット機能です。
カップル覚書がケルベロスやmSpyと違うのは、「③スマホが特定の場所に入ったら、通知する」機能があることです。これによりパートナーが浮気相手の家に行ったり、特定のホテルに入ると、すぐに現場を抑えることができるのです。

「LINEから浮気発覚」は防げる?LINEに旦那のLINEを見る方法機能はあるのか

LINEで浮気がバレる場合最も多いのが、自分がお風呂やトイレなど、スマホを置きっぱなしにしている間にLINEのトークをパートナーに見られるというケースです。メールにはシークレット機能があり、見られたくないメールを隠すことができますが、LINEにシークレット機能はあるのでしょうか。
LINEにはシークレット機能の代わりに、非表示機能というのがあります。非表示機能とは隠したいトークや友達をトーク一覧や友達一覧に表示させないようにする機能です。これによりうっかりスマホから目を離した隙に浮気相手との会話を見られるのを防ぐことができます。
しかしLINEの非表示には「相手からLINEが来るとトーク一覧に表示される」や「通知が来ると画面に表示される」などの穴があります。このため浮気相手との連絡などの本当に見られたくない会話はLINEではなくメールで行うという人も少なくないと言われています。パートナーの浮気調査をする時はLINEだけでなく、メールや他のチャットアプリなども調べる必要があるようです。

浮気?友達?線引きが難しいLINE

LINEはメールや電話よりも手軽に人と連絡が取れる便利なアプリです。一方、誰とでも頻繁に連絡が取れる反面、「彼氏が別の女性と頻繁にLINEをしているけど、彼の友達と判断するか浮気と判断すべきか分からない!」ということが起こっているようです。
頻繁なLINEや電話を浮気と判断するかしないかについては男女差があると言われています。anan NEWSが行った、20~39歳の未婚男性、未婚女性各525人に「浮気の線引き」などについての調査では、「LINEや電話で頻繁にやりとりする」を浮気だと思う人の割合は女性21.5%、男性15.8%となっています。
これは男性の浮気の目的が身体目当てであることが多い一方、女性は心を許した上での肉体関係の場合が多いことが関係していると言われています。軽いボディタッチなどの軽い身体的接触は男性の方が厳しく線引きする一方、女性はLINEや電話など心の繋がりを保つ行為について男性より厳しく浮気と認識する傾向があるようです。

LINEで浮気の証拠を掴め!裁判で有利になるための証拠とは

配偶者の浮気は正当な離婚理由になります。しかし裁判所に提出できる確たる証拠が必要です。自分が旦那の浮気を確信した写真だからという理由だけ、裁判における証拠になるわけではありません。LINEから浮気の確たる証拠を掴むためには、いくつかの注意点を抑える必要があるのです。

証拠はできるだけたくさん集める

裁判で浮気、不貞を認めてもらうのは、思っていた以上に難しいことのようです。これはパートナーが完全に言い逃れできないようにしないと浮気を認めてもらえないからと言われています。
例えば旦那のスマホのポップアップ画面に、見知らぬ女性から「この前は楽しかったよ。また泊まりに来てね」というトークが表示され、妻が自分のスマホで旦那のスマホのポップアップ画面を撮ったという事例があったとしましょう。この場合、妻が撮った旦那のスマホのポップアップ写真だけで浮気の証拠になるでしょうか。
実はこれだけでは浮気の証拠にはならないことが多いと言われています。この写真だけでも女の勘は浮気を確信させますが、裁判ではこれだけでは不十分とされています。その最大の理由は「1回泊まっただけ。性的なことは何もしていない」と旦那に言い逃れられてしまう可能性があるからです。
浮気を証明するためには、①継続的な関係であり、②肉体関係があったことを明らかにする必要があります。1つの証拠で継続的な関係と肉体関係を同時に証明するのは、現実的ではありません。ラブホテルのレシートやクレジットカードの明細、性行為中の写真など、できるだけ多くの証拠を組み合わせて、旦那の言い逃れを防ぐのがポイントです。

改ざんを疑われないようにする

ひと昔前はデジタルデータは改ざんが容易なため、証拠能力が不十分という説もありましたが、現在ではデジタルデータが主流となりつつあり、ひと昔前よりはデジタルデータが受け入れられやすくなったと言われています。
しかし旦那と浮気相手のやり取りを自分の携帯に転送したものだと、改ざんを疑われてしまうことがあります。旦那と浮気相手の会話を見つけたら、自分のスマホカメラで写真を撮って保存すると改ざんが疑われにくくなるようです。
また長期間にわたるLINEのやり取りを証拠として提出したい場合は、トーク内容をテキストファイルで保存しておくのがおすすめです。この機能はLINEアプリにデフォルトで備わっており、旦那と浮気相手のトーク→「トークの設定」→「トーク履歴の送信」で自分のメールに送信することができます。

不正アクセスやプライバシー侵害にならないよう気を付ける

パートナーのIDやパスワードを勝手に利用して、LINEやSNSに入るのは、本来不正アクセスやプライバシー侵害にあたる可能性があります。このため勝手にパートナーのLINEやSNSに入って得た浮気の証拠は、証拠能力を持ちません。不正アクセスについては、逆に訴えた方が不正アクセス禁止法によって刑事罰を受ける可能性すら出てきてしまいます。
しかし現実には、浮気調査の結果が不正アクセスやプライバシー侵害にあたってしまうことを避けるのは、ほぼ不可能です。このためよく行われているのが、調停前の話し合いです。ここで浮気調査の結果を本人に見せ、「正直に話したら、許すことも考える」と言い、本人から直接浮気の証拠を見せてもらい、それを裁判で使えば、不正アクセスやプライバシー侵害を回避することができます。写真だけでなく、本人が語った浮気の詳細を録音しておけば、さらに裁判で有利になることができるでしょう。

彼氏が浮気しているかも…。彼女がLINEを覗くのはあり?なし?

彼氏のLINEをチェックするというのは、パートナーであっても気軽にはできません。「それでも浮気を疑ったら覗くべき!」という意見と「浮気しているかもしれないけど、LINEは覗くべきではない」という意見を比較してみました。

彼氏が浮気しているかも…LINEは「覗くべき」派

覗くべき!という意見には、「彼が浮気しているかもしれない」というモヤモヤした状況から早く脱し、次の対策を立てるためにLINEを覗く必要があると考えている女性が多いようです。しかし一方で、LINEを覗いたために傷ついたり、嫌われてしまった女性もいるようです。もし覗く場合は、浮気をしていた、していなかったに関わらず、破局覚悟で覗く必要があるようです。

彼氏が浮気しているかも…LINEは「覗くべきではない」派

覗くべきではない!という意見には、「覗きたい気持ちはあるが、彼に嫌われたくない」、「LINEを覗くのはモラルに反する」と考えている女性が多いようです。しかし浮気されているかもしれないと感じながら、何も対策をしていないことをパートナーに悟られると、パートナーに「都合の良い女」認定をされてしまう可能性もあります。「このまま付き合い続けたら傷ついてしまう」と感じたら、柔軟な行動を起こすことが大切かもしれません。

最後に

今回はパートナーが浮気しているかも!と思った時に役立つLINEの使い方についてご紹介しました。LINEは浮気が発覚するきっかけになったり、浮気の証拠になることが多々あります。LINEはパートナーの浮気を断罪したい時に、強い味方になってくれるでしょう。一方で中途半端な気持ちでパートナーのLINEを覗き、後悔したという意見も多々あります。軽い気持ちでパートナーのLINEを覗くのはおすすめできません。

text:common編集部

Posted by admin