common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

旦那という呼び方は下品?旦那の呼び方があだ名の場合や人前で違う場合、名字の場合など、夫の呼び方で分かる妻の心理

2019.1.4

夫の呼び方については、旦那という呼び方を始め、あだ名や名字、人前では旦那の呼び方が違うという人など、様々なものがあるようです。自分の結婚相手を旦那という呼び方は下品だという意見も多いのだとか、今回は、旦那という呼び方についてどう思うのか?妻の心理や本音について見ていきましょう。
 

旦那という呼び方は下品だと思う妻の気持ち

結婚した相手の男性のことを、旦那と呼ぶのは下品だから呼びたくないと思う女性もいます。自分も夫から嫁と呼ばれるのが嫌な場合は、旦那と呼ばないようにしている例も多いでしょう。友達が「旦那がね」と話しているのを聞いて、「下品だな」「品がないな」とあまり良い印象を持たない人も。この場合は、「自分は違う呼び方を、結婚相手に対してしよう」考えているのです。
たとえば職場に電話をする時に「うちの旦那が」とは言わないですよね。こういう時には「うちの主人が」と言うケースが多いです。友達や知人の前でも、旦那と呼ぶ女性もいれば、そうではない人もいるでしょう。旦那と呼ぶのが楽で、しっくりくるとしたら下品とは思わずにそう呼ぶはずです。でもなんとなく合わないように感じる、下品に聞こえる、落ち着かないと思うような時には、旦那と呼ばずに他の呼び方をする女性が多いのです。

「夫」の呼び方で分かる妻の心理について

夫の呼び方にこだわる女性もいます。自分の結婚相手を夫と呼ぶ女性の心理は、自分も夫から妻と呼ばれたい可能性が高いです。もしも夫から「嫁さんが」などのように言われると、「私はちゃんと夫と呼んでいるのに」と怒ることができますよね。このように嫁さんと呼ばれたくない思いもあり、夫の呼び方を気をつけている女性も。もしくは芸能人などが「夫がこんなふうに言うんです」と話すのを聞いて、夫という響きをいいなと思う気持ちもあるでしょう。夫の呼び方ひとつで、妻の心理も変わります。夫と呼ぶことで、実際に夫に対して少し尊敬の念を持てるような場合もあります。このため、夫と呼ぶのがちょうどいいと思うので、そうしてきた妻もいるでしょう。結婚をしてしばらくは、旦那と呼んでいたけれど、少しカッコ悪いように思ったので、夫と呼ぶようにした女性もいるのです。

旦那の呼び方があだ名の場合も

普段、旦那を呼ぶ時にあだ名で呼ぶような妻もいます。あだ名にも様々なものがありますよね。名前を少し短縮したあだ名もあるでしょう。夫婦がお互いにあだ名で呼び合うのは、仲が良いように見えてうらやましいと思う場合も。実際に仲良しだからこそ、あだ名で呼ぶ夫婦もいれば、交際期間が長いまま結婚をしたので、付き合っていた頃のあだ名を、そのまま呼んでしまう例もあります。他の呼び方が、今さらできなくなっているのでしょう。他の呼び方をすると、別の人を呼んでいるように思うので、落ち着かないと考えているのです。あだ名で呼ぶのが一番楽で呼びやすいという理由で、これからもずっとあだ名でお互いに呼び続ける夫婦もいます。

旦那の呼び方が人前では違う場合も

人前では「主人が…」と呼ぶ妻でも、自宅ではそうではない場合もあります。「あなた」と呼ぶ妻もいれば、特に呼び名はなく「ねぇねぇ」と言う時もあるでしょう。特に人前では、ある程度雰囲気の良い呼び方をしなければ…と意識をしている女性もいます。人前では呼べないような呼び方を、冗談半分でしている夫婦もいるでしょう。例えば「ダーリン」「ハニー」なども、普段は人前では呼ばない例が多いですよね。人前では絶対に呼べなくても、面白いと思い呼び合うような遊び心のある夫婦もいるのです。

旦那の呼び方が名字の場合

旦那の呼び方が今でも「○○くん」と、名字で呼んでしまう夫婦もいます。旦那からは旧姓で「○○さん」と呼ばれるような少し不思議な夫婦もいるでしょう。他の人から見ると名字で呼ぶなんて…と理解できないようなことでも、二人にとっては当たり前のようなケースもあるのです。名字で呼び合っていることを友達に話すと、ちょっとおかしいと言われるから言えない…と思っている人もいるかもしれません。自分たちにとって普通でも、人から見ると変なんだ…と思うと、人に知られないように気を付けたい気持ちになる時も。でも夫婦が名字で呼び合うのを楽しいと思っているのなら、そういう関係も良いかもしれませんね。

旦那の呼び方が昔と変わったという例も

旦那に対して、昔は「○○さん」と下の名前で呼んでいた妻もいるでしょう。でも結婚して子供が生まれると、旦那の呼び方が「パパ」に変わったという人も多いのではないでしょうか。また、結婚当初は「○○さん」だったのに、だんだん慣れてくると「○○」と、旦那の下の名前を呼び捨てする妻も。結婚当初はさん付けだったのに…と昔を思い出して、少し悲しく思う旦那もいるかもしれません。そして、妻の呼び方についても、子供が生まれたら「ママ」と呼ぶ男性も多いです。しかしいつまでもラブラブな夫婦円満の秘訣として、昔と変わらず、意識的に「○○ちゃん」など妻の名前を呼んでいる旦那もいますよ。

最後に

旦那の呼び方については、色々な意見があります。旦那という呼び方は下品だと感じる人もいるようです。どれが正しいというわけではないですが、できればお互いに納得できる呼び方をし合いたいですよね。こちらは満足でも、相手には不満があるケースもあるのです。こうなると、喧嘩の時などに呼び方が原因になる可能性もあるでしょう。できるだけ呼び方については話し合う時間を持って、人前ではこうしよう、普段はこのように呼び合おうなどと決めておくと良いですね。

text:common編集部

Posted by admin