common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

胸が垂れる原因は?胸が垂れるのを予防・治すための方法や筋トレの仕方をご紹介!

2018.12.25
胸が垂れることに悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?今回は胸が垂れる原因やいつから胸が垂れるのか、年齢との関係についてご紹介します。さらに胸が垂れるのを防止する方法や胸が垂れてしまったあとでも治す効果が期待できる筋トレ方法もご紹介しますので、胸が垂れるのが気になるという方、いつまでもきれいなバストを保っていたいという方は、ぜひご覧ください。

胸が垂れる主な原因とは?

胸が垂れる原因には、いったいどのようなものがあるのでしょうか?まずは、胸が垂れる主な原因についてご紹介します。

胸が垂れる原因1:クーパー靭帯が伸びる、切れる

クーパー靭帯とは、乳房全体の形を維持するために必要な結合組織です。乳腺と脂肪を支えている組織で、これが切れたり伸びたりすると、バストの形が維持できなくなってしまいます。クーパー靭帯は、一度伸びると縮むことはありません。もちろん、切れてしまった場合も元通りにはなりません。今あるクーパー靭帯を大切にすることが、胸が垂れるのを予防することにつながるのです。

胸が垂れる原因2:女性ホルモンの減少

女性ホルモンが減少すると、コラーゲンやエラスチンといった肌のハリや弾力を支える成分が少なくなってしまうので胸が垂れる原因と言われています。ハリや弾力がなくなってしまうと、バストのハリがなくなり、バスト全体が垂れた印象になってしまうのです。

胸が垂れる原因3:急激なサイズの変化

過度なダイエットや妊娠・出産等で、バストサイズが急激に変化すると、胸が垂れる原因になりかねません。一度伸びた皮膚はすぐには元のサイズに戻ることができないため、バスト全体がしぼんだようになってしまい胸が垂れたようになってしまいます。

胸が垂れる原因4:ブラジャーのサイズが合っていない

ブラジャーのサイズは定期的に測って購入していますか。ブラジャーのサイズは年齢や出産などの生活の変化などで変わっていきます。サイズが大き過ぎるとしっかり胸を支えられないですし、小さ過ぎるブラでも胸を圧迫して血行不良になって胸の形にも影響が出てしまいます。サイズの合わないブラをすることも胸垂れる原因になるのです。

胸が垂れる原因5:姿勢が悪い

猫背など姿勢が悪いことも胸が垂れる原因と言われています。胸の筋肉につながる血管が圧迫されると、血行不良になります。胸の筋肉がしっかりと機能していない期間が続くと、胸のハリも失われて胸の垂れる原因となってしまいます。

産後に胸が垂れるのはホント?原因は?

産後に胸が垂れるとよく聞きますが原因はいったい何なのでしょうか?産後に胸が垂れると言われる原因は、授乳の影響が大きいと言われています。出産後に赤ちゃんに授乳をすると、乳腺が発達し、授乳前後で大きくなったり小さくなったりを繰り返すことで皮膚が伸び、胸は垂れるのです。また、産後は乳腺が発達して胸がパンパンに張るほど大きくなりますが、卒乳や断乳をすると母乳の分泌がなくなり、胸の脂肪が小さくなるので皮膚が元に戻らずに垂れるとも言われています。さらに、産後で一旦胸が大きくなると胸を支えるクーパー靭帯が伸びてしまうのも、産後に胸が垂れる原因のひとつです。こう考えると、産後に胸が垂れるのは仕方がないのようですね。

Posted by admin