胸が垂れる原因は?年齢とともに胸が垂れるのは仕方がない?20代でも胸が垂れるなら筋トレで予防しよう!- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

胸が垂れる原因は?年齢とともに胸が垂れるのは仕方がない?20代でも胸が垂れるなら筋トレで予防しよう!

2018.12.25

女性なら、きれいなバストをいつまでも保っていたいと思うのは当たり前ですよね。しかし、年齢とともに胸が垂れてしまうと実感している方もいるでしょう。胸が垂れる原因は年齢的なものが大きいのでしょうか?20代でも胸が垂れると感じている人も…。今回は、胸が垂れる原因や、胸が垂れるのを防止するための筋トレの方法など、気になる情報をまとめてご紹介していきます。胸が垂れるのが気になるという方、いつまでもきれいなバストを保っていたいという方は、ぜひご覧ください。

胸が垂れる主な原因とは?

胸が垂れる原因には、いったいどのようなものがあるのでしょうか?まずは、胸が垂れる主な原因についてご紹介します。

◇胸が垂れる原因1:クーパー靭帯が伸びる、切れる

クーパー靭帯とは、乳房全体の形を維持するために必要な結合組織です。乳腺と脂肪を支えている組織で、これが切れたり伸びたりすると、バストの形が維持できなくなってしまいます。クーパー靭帯は、一度伸びると縮むことはありません。もちろん、切れてしまった場合も元通りにはなりません。今あるクーパー靭帯を大切にすることが、胸が垂れるのを予防することにつながるのです。

◇胸が垂れる原因2:女性ホルモンの減少

女性ホルモンが減少すると、コラーゲンやエラスチンといった肌のハリや弾力を支える成分が少なくなってしまいます。ハリや弾力がなくなってしまうと、バストのハリがなくなり、バスト全体が垂れた印象になってしまうのです。

◇胸が垂れる原因3:急激なサイズの変化

過度なダイエットや妊娠・出産等で、バストサイズが急激に変化すると、胸が垂れる原因になりかねません。一度伸びた皮膚はすぐには元のサイズに戻ることができないため、バスト全体がしぼんだようになってしまうのです。

年齢とともに胸が垂れるのは仕方がない?

年齢とともに、女性ホルモンは減少してしまいます。そのため、バストにも肌にもハリが無くなってしまうのはある程度は仕方がないでしょう。しかし、年齢を重ねていても、いつまでもきれいなバストを保っている女性もいます。筋トレなど、必要な努力を重ねることで、胸が垂れるのを防ぐことはできるのです。年齢のせいにしてあきらめる必要はありませんよ。

20代でも胸が垂れるのはどうして?

女性ホルモンが減少する30代、40代で胸が垂れるのはある程度仕方がないことなのですが、中には20代の若い女性でも胸が垂れてしまっている方もいます。なぜ、20代でも胸が垂れてしまうのでしょうか。20代であっても、クーパー靭帯が伸びたり切れたりする、急激なサイズ変化に皮膚が伸びてしまうということはありえます。クーパー靭帯が切れる原因としては、

・スポーツブラを着けずに激しい運動をする
・間違ったマッサージをする
・サイズの合っていないブラを着ける

といったものがあります。1つでも当てはまるものがある場合は、クーパー靭帯を傷つけないよう、気をつけてみてください。

胸が垂れるのは嫌!筋トレで予防できる?

胸が垂れるのは嫌だという女性の方におすすすめしたいのが、筋トレです。筋トレによってバストの周りの筋肉を鍛えることで、バストアップ効果や、胸が垂れるのを予防する効果が期待できます。続いては、すぐに実践できる筋トレの方法をご紹介していきます。

◇胸が垂れるのを予防する筋トレ1:合掌のポーズ

やり方
1.胸の前で両方の手のひらを合わせ、胸のあたりに力を入れながら押し合う
2.背筋を伸ばし、脇を開いて、肘を手首と同じ高さまで上げる

肩の力を抜いて、胸の筋肉を鍛えることを意識しましょう。「合掌のポーズ」は1回につき10秒程度、1日3回程度行いましょう。

◇胸が垂れるのを予防する筋トレ2:腕立て伏せ

やり方
1.  腕の位置を肩幅より広めにおく
2.  手首と肘のラインを一直線上に保つようにして、下に身体を降ろす時に肘が身体から離れず内側にも入らないように注意します。
3.  首が内側に入らないように注意しながら、身体を降ろす動作を繰り返します。

腕立て伏せは1セットにつき10回程度、1日に2セット程度行うようにしましょう。

胸が垂れる原因を知って、いつまでもきれいなバストを保ちましょう!

今回は、胸が垂れる原因と、胸が垂れるのを予防するための筋トレの方法をご紹介してきました。胸が垂れる原因は、もちろん年齢と関係している部分もありますが、若くても生活習慣などによっては、胸が垂れてしまう場合もあります。一度垂れてしまった胸は、もう元には戻りません。今ある胸の状態をキープするためにも、胸が垂れるを防止していく必要があるのです。自分に合った下着を着用するなど、すぐに実践できることもあります。ぜひ自分の習慣を見直してみてください。
胸が垂れるのを予防する筋トレは、そんなにハードなものではありません。1日に5分程度の努力で、将来の胸の形は左右されます。将来後悔しないためにも、今頑張ってみませんか。

text:common編集部

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。