common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

不倫のセックスは気持ちいい?不倫のセックスを気持ちいいと感じる理由や不倫がバレずにセックスを楽しむ方法、注意点も

2018.12.15
不倫と聞くと悪いイメージしか出てきませんが、中には心から不倫を楽しんでいる人もいます。不倫相手とのセックスは女性ホルモンを増やし、見た目も気持ちも若返ったような気分にさせてくれることも。しかしあまり調子に乗り過ぎると家庭崩壊の危機に直面してしまう恐れもあります。そこで今回は不倫がバレずにセックスを楽しむ方法と注意点をこっそりご紹介します。現在、不倫中で不倫相手とセックスを楽しんでいる方は参考にしてみてくださいね。

不倫セックスはなぜこんなに気持ちいいと感じるのか?

不倫を経験したことのある女性は、旦那よりも不倫相手とのセックスの方が気持ちいいと感じるそうです。なぜ、不倫相手とのセックスは気持ちいいと感じるのか、その理由は一体何なのでしょうか?

・不倫相手とのセックスが気持ちいいと感じるのはスリルがあるから

一般的に不倫=いけない事です。日本では一夫一妻制のため、配偶者以外との関係を持つことは禁じられています。「押すな」と書いてあるボタンにこそ興味が湧いてしまうもので、不倫も「駄目だ」と頭では分かっていながらも止められないもの。「バレたらどうしよう」という焦りとは裏腹に、そのスリルがスパイスになってしまい不倫から抜け出せなくなってしまうのです。人に知られてはいけない秘密を不倫相手と共有する事でセックスも自然と盛り上がり、気持ちいいと思う人も多いのです。

・会えない時間があるから不倫のセックスは燃える

不倫関係であればどちらかは所帯持ち。若しくは両方とも所帯持ちのW不倫の場合もあります。そうなると当然会いたい時に会えない事の方が多いはず。障害がある恋愛ほど燃えると言われているように、この会えない時間が不倫の二人を一層盛り上げてしまうのです。なかなか会えない時間が続いてやっと会えた時、セックスの快感度は上がると言えるため、不倫相手とのセックスを気持ちいいと感じるのでしょう。

・不倫セックスが気持ちいいのは女としての自信を持つことができるから

最初は不倫をする気がなくても気が付いたら不倫関係に陥ってしまっている、不倫相手とのセックスを気持ちいいと楽しんでいる。何度も不倫関係を繰り返してしまう。そんな方は家庭に帰った時の妻や母としての役割を果たすことに、疲れを感じているのかもしれません。対して不倫セックスであれば、純粋にセックスを気持ちいいと楽しむことができ、女性としての喜びも得ることができます。不倫相手を愛しているというよりは、セックスすることで女性として見られていることに価値があると思っています。

不倫のセックスを楽しむためのマナー

今度は不倫のセックスを楽しむためのマナーをご紹介します。不倫相手とのセックスとはいえ人間関係にはマナーが欠かせません。どのみち悪いことをしているのだからと開き直らずに、不倫相手とのセックス中でもマナーを考えて行動できるようにしましょう。

・不倫のセックスを楽しむマナーは家族の話はしないこと

あなたが既婚者の場合、相手が既婚者の場合のどちらにしても不倫関係のとき、セックスの最中だけでなく普段から家庭の話は持ち出さないのがマナー。配偶者の話はしないように気を付けていても、何らかのきっかけで子供の話をしてしまうことは意外と多いと聞きます。

子供には何の罪もありません。このマナーを守らず、お互いがデートやセックスを楽しんでいる時に子供の話を持ち出してしまうと、急に不倫していることに後ろめたい感情が止まらなくなってしまうことも。これではせっかくの不倫相手との楽しい時間も重苦しい雰囲気になってしまうでしょう。限られた時間内でしかデートができないのですから、会っている間はお互いの家族の話は持ち出さないのが賢い選択です。

・不倫相手とのセックスで最大のマナーは必ず避妊すること

不倫相手とのセックスで最大のマナーは、相手とセックスするときは必ず避妊することです。不倫がバレてしまう原因の一つは、不倫相手との間に子供ができてしまうことです。こうなってくると事態は最悪。家庭を壊すつもりはなくても、セックス中のマナー違反を犯し、不倫相手との子供ができてしまえば修羅場は避けられません。不倫相手との密会からのセックスは非日常的でドキドキするものですが、我を忘れないように注意しましょう。久しぶりに会えたからと言ってうっかり避妊を忘れていたではシャレになりませんからね。

Posted by admin