common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

干支でわかる!相性のいい干支と相性悪い干支!干支で気になるあの人との相性を簡単診断

2018.12.7

生まれ年の干支によって相性がいいか相性悪いかが分かるって知っていましたか?今回は十二支の干支の相性占いを紹介していきます。今年の干支である戌年の方以外も、相性のいい干支や相性悪い干支を紹介していくので、チェックしてみてくださいね。気になるあの人との相性はどうか、干支で診断してみましょう!

干支の相性占いとは?

まずは干支の相性占いの基本、十二支についてです。生まれ年の十二支は子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)がありますが、干支にはそれぞれ特別な意味があります。干支は中国を始めとした漢文化圏で、年・月・日・時間や方位、角度、事柄の順序を表してきました。

また、干支は陰陽五行説とも結び付いており、現在では血液型や星座などの占いと組み合わせて利用されたりもしています。干支の相性占いは日本古来から言い伝えられている歴史ある占いといえます。

戌年には辰年がピッタリ?相性のいい干支は向かい干支の相手

十二支を円く書いてみた時に、自分の干支と向かい側に来る干支が「向かい干支」とよばれ、相性のいい干支といわれています。向かい合った干支は自分には無いパワーを与えてくれるという事で「守り干支」とも呼ばれているそうです。たとえば戌年の場合は向かい干支が辰年になるので、辰が相性のいい干支ということになります。

向かい干支は自分とは正反対の性格ということで相性悪いという説もありますが、最近では、足りないものを補い支えあっていくという意味で相性がよいとみられています。恋愛はもちろんですが結婚などの相性も関係してきますので、気になる人の干支との相性はどうか見ておくといいと思います。

支合や三合でわかる相性のいい干支

向かい干支の他にも相性のいい干支だといわれているのが「支合」とよばれるものです。これは性格の似ている干支同士は相性がいいといわれているもので、具体的には子 (ねずみ)と 丑(うし)、 寅(とら) と 亥(いのしし)、 卯(うさぎ) と 戌(いぬ)、 辰(たつ) と 酉(とり)、 巳(へび) と 申(さる)、 午(うま) と 未(ひつじ)が相性が良いといわれています。

また、「三合」とよばれるものもあります。三合とは干支3匹から成り立つ相性のことをいい、自分短所や苦手分野をそれぞれ補える存在となる性格の持ち主の干支なので、家族関係や仕事の関係で役立つと昔から言われています。三合は十二支を円で書き表した時に、正三角形を形づくる十二支の事を指します。具体的には子(ねずみ) と 辰(たつ) と 申(さる)、丑(うし) と 巳(へび) と 酉(とり)、寅(とら) と 午(うま) と 戌(いぬ)、卯(うさぎ) と 未(ひつじ) と なります。

曲がり干支の相手とは相性悪い

相性のいい干支もあれば相性悪い干支と言われているものもあります。十二支を円く書き表した時に、自分の干支と90度の角度にある干支の事を「曲がり干支」と呼び、曲がり干支は、対立したり、険悪な関係になりやすいという言い伝えがあるのです。もしあなたが職場や親子での人間関係で悩んでいて、どうも相性悪いなと感じる相手がいたら干支を調べてみても良いかもしれませんね。

その他にも、六害(ろくがい)といわれるものがあり、六害の相手はお互いに害をもたらしやすい関係といわれております。仕事や恋愛面でライバルになりやすいのですが、向上し合うのではなく潰し合ってしまうといわれております。六害は子(ねずみ)と未(ひつじ)、丑(うし)と午(うま)、寅(とら)と巳(へび)、卯(うさぎ)と辰(たつ)、申(さる)と亥(いのしし)、酉(とり)と戌(いぬ)です。

その他にも三刑(さんけい)といわれる3パターンの相性の悪い組み合わせが存在します。戌(いぬ)と丑(うし)と未(ひつじ)、申(さる)と寅(とら)と巳(へび)、子(ねずみ)と卯(うさぎ)の3つの組み合わせは相性悪い干支なのではといわれており、お互いの良さが発揮できないといわれています。

干支の相性占いは当たる?

干支は日本の占いで、古来から言い伝えられているもので相性占いもありますが、必ずしもそれがすべてではありません。向かい干支も性格や考え方や価値観が真逆の相手に対して、相性悪いから分かり合えないと思うのか、足りないものを補い合える相性のいい干支の相手だと思うのかは考え方次第だといえます。

また、支合や三合だからといって、仕事のパートナーや親子関係をないがしろにしてしまうと、相性のいい干支だとしても関係性は崩れてしまうでしょう。干支の相性占いはあくまでも目安として捉えておくことが大切です。

最後に

干支の相性占いを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?干支の相性を知ることで付き合い方を考えるきっかけにもなりますよね。冒頭に触れましたが、ひとつひとつの干支には特別な意味が込められております。ご自身の干支の持つ意味を把握すれば客観的に自分を知れるきっかけにもなりますよね。干支占いは、家族や友達とやってみても盛り上がると思います。今後の生活に生かしてみてくださいね。

text:common編集部

Posted by admin