common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

日本酒の糖質はどれくらい?おすすめの糖質オフや糖質ゼロの日本酒もご紹介!糖質オフでも太る?日本酒の注意点

2018.12.7

日本酒は美味しいですが糖質が気になります。糖質制限中やダイエット中に日本酒は飲んで大丈夫なのか?今回は日本酒の糖質やカロリーを調べてみました。また、糖質オフや糖質ゼロタイプのおすすめ日本酒もご紹介します。さらに、糖質オフの日本酒でも太ると言われる日本酒、糖質制限ダイエット中の日本酒との付き合い方もご紹介します。

■日本酒の糖質とカロリーはどのくらい?

日本酒の原料は米と水、米麹で含まれる栄養素は原料によって多少は異なりますが、おもに多く含まれるのが炭水化物です。それだけに日本酒の糖質とカロリーは高そうな気がしますがどうでしょうか。

日本酒の糖質

日本酒の100gあたりの糖質量が3.6gです。糖質は炭水化物から食物繊維を引いた式で計算できます。日本酒の炭水化物は3.6g、食物繊維量が0.0gなので差し引いた糖質量は3.6gとなります。飲料類の100gあたりの平均糖質量は10.2g、全食品の平均糖質量は18.5gですので、日本酒の糖質は他の飲料類の平均と比較しても少ないことがわかります。ちなみに、日本酒1合(180g)の糖質量は6.48g程度になります。

日本酒のカロリー

日本酒のカロリーは100gあたり103kcal、本醸造酒で107kcal、吟醸酒で104kcal、純米吟醸酒で103kcalとなっています。また、日本酒1合分(180g)だと180kcalとなっています。日本酒のカロリーで一番高いのは本醸造酒、一番低いものは純米酒と純米吟醸酒となっています。

プリン体ゼロの日本酒

アルコールである日本酒のプリン体も気になるところ。プリン体と言えば食物全般に含まれている成分ですが、本来プリン体は体内で分解されて尿酸に変化し、体外に排出されます。しかし、プリン体が体内に多く蓄積されると尿酸値が高くなり、通風になることがあります。プリン体は麦芽由来となるため、ビールや発泡酒に多く含まれています。ビールに比べるとわずかな量になりますが日本酒にもプリン体は含まれており、100gあたり約1.2〜1.5mgと言われています。

■糖質制限中でも安心の糖質ゼロ、糖質オフの日本酒

糖質制限をしている方にとっては有難い糖質オフされた日本酒が最近では増えてきており、ダイエット中の方や太りたくない方にはおすすめです。糖質オフ・糖質ゼロタイプの日本酒をご紹介します。

糖質オフの月桂冠【かろやか純米】

清涼飲料水や発泡酒などからブームになったカロリーや糖質のオフやゼロ指向ですが、日本酒の中ではその先駆けとも言える月桂冠が2004年にカロリー20%オフ、糖質30%オフの「かろやか純米」を発売しました。カロリーも糖質もオフされた「かろやか純米」ですがアルコール度数は12度台、日本酒度±4.0なので十分美味しい日本酒と言えるでしょう。

糖質オフの月桂冠【月桂冠超淡麗辛口】

さらに糖質を85%もオフした「月桂冠超淡麗辛口」はキレのあるスッキリとしたタイプで、カロリーの高くなりすぎない和食系の料理や野菜など、あっさりした食事に合う日本酒です。

糖質オフの【白鶴すっきり辛口糖質70%オフ】

こちらは白鶴酒造の日本酒です。アルコール度数は14度で日本酒度が+17、酸度1.0、アミノ酸度は0.9となっています。糖質をオフしながらスッキリとした味わいの日本酒です。

糖質オフの【松竹梅天糖質70%オフ】

宝酒造から糖質が70%オフの日本酒「松竹梅天糖質70%オフ」が発売されています。アルコール度数14度、日本酒度+18、酸度1.0で糖質を大幅にオフしながらもコクとキレのある淡麗辛口の日本酒です。

糖質オフの【月桂冠糖質70%オフ・プリン体ゼロ】

こちらの日本酒は糖質を70%もオフ、更にプリン体においてはゼロということですが旨みも十分にある酒質で満足できるのではないでしょうか。

糖質ゼロの【月桂冠糖質ゼロ】

糖質ゼロの日本酒を初めて発売したがこちらの「月桂冠糖質ゼロ」の日本酒です。アルコール度数は14度、日本酒度が+22、カロリーは79kcalとなっています。超辛口の超淡麗な日本酒で、爽やかなキレとスッキリした辛口が特徴です。様々な料理との相性も良いです。

糖質ゼロの【白鶴糖質ゼロ】

白鶴酒造から発売の「白鶴糖質ゼロ」はアルコール度数は14度、日本酒度は+23、酸度1.1でアミノ酸度は0.9となっています。カロリーは「月桂冠糖質ゼロ」と比べるをわずかに少ない76kcalです。糖質ゼロなのにしっかり清酒本来の旨みもあり、冷やしても良し、燗酒でも良しの日本酒です。

糖質ゼロの【大関糖質ゼロプラス】

大関糖質ゼロプラス」のアルコール度数は11度と他の糖質ゼロタイプと比べて低めです。その分カロリーも日本酒の中でも70kcalと低くなっています。清酒らしいキレとまろやかな旨みが特徴の日本酒です。

糖質ゼロの【松竹梅糖質ゼロ】

こちらの日本酒のアルコール度数は14度、日本酒度が+23、酸度0.8、カロリーは77kcalとなっています。伏見の名水で仕込まれたこの日本酒は糖質がゼロでも清酒の豊かな風味があります。

■糖質オフでも太る?日本酒を飲むときに気をつけること

いくら糖質がオフされた日本酒や糖質ゼロタイプの日本酒だからと言って飲み過ぎると返って太ってしまいます。糖質ゼロと謳っていても実際には微量の糖質が含まれているため、安心できないところです。1日の糖質のトータル摂取量に気を付けながら日本酒を楽しむことでダイエット中でも安心して日本酒を飲むことができるでしょう。
また、日本酒自体の糖質摂取が低くても、おつまみやアテのカロリーや糖質が高いと意味がありません。おすすめのおつまみは、糖質量が少ない冷や奴や焼き魚、刺身などです。焼き鳥の場合はタレよりも塩味にすることで糖質を抑えたダイエットができるでしょう。

■最後に

糖質制限中の日本酒は糖質オフされているものや糖質ゼロタイプのものであれば気にせず飲めますが、一緒に食べるおつまみの糖質に気をつけることで、太りにくくなります。それらを踏まえた上で美味しい日本酒を楽しみましょう。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin