common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

年下の彼氏と付き合ってみたい!何歳までならOK?男子の「年上の彼女」に対する本音とは

2018.11.3

年下の彼氏と付き合ってみたいと思っているけれど、何歳までOKなのかわからない…。男子から見た「年上の彼女」ってどんな感じなんだろう?一度はこのような悩みを持ったことはありませんか?「年上の彼女がいい」という男性は多いですが、具体的に何歳までならOKかはわかりませんよね。今回は年上の彼女に対する男子の本音をご紹介していきたいと思います。

年上の彼女、何歳までならOKなの?

一般的には「1~3歳上」もしくは「4~6歳上」までならOKという男性が多いと言われています。10歳以上年齢が離れていると世代間のギャップを感じてしまい、付き合うのが面倒になるから、最高でも「6歳上までの女性ならOK」と思われているのです。

年上の彼女に対する男子の本音とは?

では年上の彼女に対する男子たちの本音は一体どういったものなのでしょうか?

年上の彼女に対する男子の本音①気兼ねなく甘えられる

まず挙げられるは、気兼ねなく甘えられるということ。男子はいくつになっても甘えたいもの。包容力があって、甘えさせてくれるから好き!というのが本音みたいです。

年上の彼女に対する男子の本音②相談しやすい

次に挙げられるのが、相談しやすいところです。年上の彼女は人生経験もそれなりに積んでいるため、トラブルにどう対処するかも知っています。また聞き上手なため、話しやすいという意見も多いです。

年上の彼女に対する男子の本音③自然体で付き合いやすい

男性は好きな女性の前だとどうしてもカッコつけてしまうもの。カッコつけすぎてボロが出てしまい、失敗してしまうという人も多いです。ですが、年上の彼女の場合は違います。女性の方がリードしてくれるため、自然体で付き合うことが出来るのです。カッコつけずに自然体で接することが出来るから「年下や同い年の子と付き合うより楽」という意見もあります。

年上の彼女に対する男子の本音④若干おばさんくさい

年上の彼女は人生経験をそれなりに積んでいるため、若干おばさんくさい言動をすることがあります。故に「なんかおばさんくさくて嫌だなー」と思う男性も多いのだとか。「昔は〇〇とか当たり前だったんだよ」と昔を振り返るような発言をしたり、暗めなファッションをしていたり、何年経っても自己流メイクをしていたりすると完全におばさん扱いされるので要注意です。また母親のように彼氏に口出しをしてしまうと、より敬遠されてしまうのでなるべく言わないようにしましょう。

年上の彼女に対する男子の本音⑤結婚を考えるのがめんどくさい

上の彼女と付き合っていると、何かと「結婚」というワードがつきもの。「まだこっちは結婚する気ないのに、彼女のほうが本気になっていて正直めんどくさい…」と思ってしまう男性もいます。大好きな人と結婚をしたい気持ちは分かりますが、彼氏にも自分のペースというものがあります。ですので、なるべく結婚の話題については触れないようにしましょう。「私は何年でも待つよ」といった気楽な姿勢で臨んでいけば、彼の方も考え方が変わるかもしれません。

年上の彼女に対する男子の本音⑥親に反対されるのが不安

年上の彼女と付き合うことに親が反対するケースもあります。特に学生彼氏×社会人彼女の場合は、親から大ひんしゅくをかう可能性も高くなります。そのリスクに不安を感じてしまう男性も多いです。親公認の仲になるには、相当な努力が必要になります。「自分がきちんと幸せにする」彼氏が学生の場合は「彼が卒業するまでは妊娠・結婚をしない」と親元で約束をすればある程度納得してくれるはずです。ぜひ試してみてください。

年上の彼女×年下の彼氏でうまくいく秘訣

では年上の彼女と年下の彼氏でうまく付き合っていくには一体どうすればいいのでしょうか?その秘訣をご紹介していきたいと思います。

・彼氏を子供扱いしない

まず彼氏を子供扱いしないようにしましょう。年下と言えど、きちんとした成人です。自分のことは自分で出来るお年頃なので、「〇〇くんは本当に甘えん坊なんだから~」「私がいないと何も出来ないんだから」など子供扱いするような発言はやめましょう。彼氏を子供扱いしてしまうと、ふてくされてしまったり、不信感を抱かれてしまう可能性もあります。そうなってくると長続きするのは難しいため、対等な存在であることを自覚して接しましょう。

・必要以上に口出ししない

次に、必要以上に口出ししないようにしましょう。彼氏の家に遊びに行った時に、「洗濯物ちゃんとしまいなよ」「洗い物は?ていうかご飯食べてるの?」など母親のように口出ししていませんか?男性は彼女から口出しされるのを特に嫌う傾向にあります。口出しし続けていると彼氏も「おばさん臭いからなんか嫌だ」と思ってしまい、付き合いづらくなってしまいます。極力口出しをせず、そっと見守ってあげましょう。

最後に

今回は男子の「年上の彼女」に対する本音や、年上の彼女が彼氏とうまく付き合う秘訣をご紹介していきました。年上の彼女は男子から魅力的に見られることが多いですが、一歩間違えると「おばさん」扱いされる可能性もあります。なるべくおばさん扱いされないような行動を心がけたり、彼氏に対してあまり口出しをしないなどして付き合うようにしましょう。
「大人の余裕」を持って付き合えば彼の方ももっとメロメロになりますので、ぜひ試してみてください。

text:common編集部

Posted by admin