​​ common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

モテる職業ランキング!同窓会や合コンでモテる職業は何?男性にモテる職業ランキングTOP10をご紹介

2018.10.6

自由に職業を選べる現代ではどんな職業に就けばいいのか悩みますよね。自分の中でやりたい気持ちがあることは重要ですが、どうしても決められない人は「モテる職業」ということを意識しても良いかもしれません。今回は男性からモテる職業、合コンや同窓会でモテる職業をランキング形式でご紹介します!

合コンや同窓会でモテる職業がある?

モテる職業なんて存在するのでしょうか?と思う人もいるでしょう。しかしどうやら、モテる職業は合コンなどでも話題になることが多いようです。「この人と付き合いたい」と思う条件に、見た目や性格が重視されるのはわかりますよね。しかし見逃しがちなのが「結婚を前提として考えた場合」。この場合、長く一緒にいるわけですから収入はもちろん、どんな働き方をするのか?女性の「職業」も重要になってくるんです。どうせならモテる職業についていた方が、印象がぐんとアップしそうですね。

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

モテる職業・仕事とは?なぜモテる?

そもそもなぜその職業がモテるのでしょうか。他の職業とどこが違うのか、何が良いのか、モテる職業の理由を一緒に見ていきましょう。

①ポジティブなイメージがあるから

職業が公務員と聞くと、堅実そうで安心できそうなイメージが連想されると思います。また、モデルと聞くと美人でスタイルが良いイメージが一瞬でわきますよね。このようにして、モテる職業にはその人の性格がどうなのかとは別に、元々ポジティブなイメージが付いています。職業を伝えた瞬間に良い印象を与えることができるんです。イメージだけで「付き合いたい」と思わせることができるのが、モテる職業の最大の強みと言えるでしょう。

②ブランド化されているから

その職業がブランド化されている、ということも理由に挙げられます。例えばアナウンサーやキャビンアテンダントと結婚すると、奥さんを自慢できることにつながってきます。男性にとって、奥さんの職業がステータスの一つになってくる場合があるんです。周囲からも「いいな」と思われる、そんなブランド化が「モテる職業」を作っているのでしょう。

③自分に自信が持てるから

モテる職業はその仕事自体が人気があることが多いです。そのため、その職業に就くことができた場合、就職の困難に打ち勝つことができた、人から賞賛される職業に就けた、などという理由から、自分の自信につながります。自信を持っている人は、それだけでキラキラと生き生きして見えるものです。その雰囲気やオーラから、自然とモテるようになるというのも、モテる職業ができあがる理由ではないでしょうか。

男性にモテる職業ランキングTOP10

調査対象の年代や調査の時期によって多少前後はあるものの、そこまで移り変わりが激しくないモテる職業ランキング。実際にモテる職業は何なのかを見ていきましょう。

男性にモテる職業ランキング【第10位】事務職

事務職といっても、一般事務や医療事務、秘書など様々。女性からも人気が高い事務職は、男性から見ても魅力が高そうですね。「休みが取れやすいので時間を作ってくれそう」「仕事の調整がつけやすいので、家庭を守ってくれそう」という優しい女性のイメージが付いているようです。

男性にモテる職業ランキング【第9位】アナウンサー

華やかなイメージがあるアナウンサー。男女共に人気のある職業ですが、会社員となるため初任給は通常のサラリーマンとさほど変わりません。しかしその後、人気になると年収が一気に上がることがあるようです。忙しくも充実していてテレビで活躍しているアナウンサーに憧れを抱く気持ち、わかりますよね。真面目に情報を伝え、清潔感があるその姿から「清楚」、時折見せるお茶目な姿に「かわいい」という意見があるようです。

男性にモテる職業ランキング【第8位】エステティシャン

将来的に自分で店を開く人もいるエステティシャンやネイリスト。スキルを持てることから、女性にも人気がある職業の一つです。男性からは「オシャレな人が多そう」というイメージがあり、かつ接客時にはお客さんと話す必要も出てくるため、話し上手・聞き上手のイメージも持たれているようです。

男性にモテる職業ランキング【第7位】受付嬢

本来は第10位の事務職に含まれる受付嬢ですが、他の一般事務職よりも人気が高いため別枠でのランクインとなりました。受付嬢は「会社の顔」とも言われているため、容姿が整っている方が多い傾向にあるのも人気の一つ。ビジネスマナーや言葉遣いなどがしっかりしているところもポイントが高そうです。男性にとっては制服姿も魅力的に見えるようです。「清楚なイメージ」「かわいい」という意見もありました。

男性にモテる職業ランキング【第6位】キャビンアテンダント

女性からも憧れの高い職業であるキャビンアテンダント。キラキラしたイメージですが実際は不規則で体力も使い、語学も堪能でなければいけないという大変なお仕事です。お休みの予定も合わせづらいようですが、それでも人気が高いのはそれ以上の魅力があるから。「さりげない気遣いができそう」「頭がいい」「美しい」という男性の意見も多いようです。飛行機の中でキャビンアテンダントさんをナンパするなんていう話もたまに耳にするほどの人気です。

男性にモテる職業ランキング【第5位】モデル

顔が美しくスタイルも良いモデルは、モテる職業の常連になっています。就職難度はかなり高いですが男女ともに憧れの職業であることは間違い無いでしょう。「キレイで、タレントというブランドがあるので友達に自慢できる」という意見も。収入の安定はなかなか難しいようですが、自分がしっかり稼ぐという男性にとっては容姿が魅力的というのは高ポイントのようですね。

男性にモテる職業ランキング【第4位】公務員

安定した職業といえば、公務員です。結婚という観点からすると男性から見ても、相手の職業が公務員というのは魅力的なんですね。「収入が安定していて休みも決まっている」「子供も産みやすそう」という意見が見られました。家庭を大事にしてくれそうなイメージが付いているのかもしれません。

男性にモテる職業ランキング【第3位】医者

男女ともに人気な医者という職業。女性も社会進出をしている現代では、高収入な女性も男性から好まれる傾向にあるようです。その知的なイメージはもちろんのこと「何かあった時に的確に動いてくれそう、助けてくれそう」という意見も見られました。

男性にモテる職業ランキング【第2位】幼稚園・保育園の先生

子供を相手にするため、家庭的なイメージが連想される幼稚園・保育園の先生。しっかり仕事をしていても優しい、という母性がある印象に男性は弱いのでしょうか。「子供が好きそう」「優しいそう」という声がありました。付き合っている時でも、結婚した後も、優しくて家庭的、という女性は人気なんですね。

男性にモテる職業ランキング【第1位】看護師

堂々の1位は看護師です。白衣の天使と言われるように、献身の心で癒してくれる印象の看護師さんは男性の憧れなんですね。その優しさと対照的に、バリバリと仕事をしているイメージもあり、収入面でも安心、育児が落ち着いた後に復帰ができるなんていうメリットもあります。「男の夢」「イメージが良い」「面倒見がよく、あまり家にいないため長続きしそう」と言った男性からの意見。憧れが詰まったモテる職業、それが看護師なのかもしれません。

就職や転職時はモテる職業も参考にしてみよう

様々な職業を見てきましたが、どれも魅力的でしたね。もし自分の職業がランクインされていたのなら、合コンなどでぜひアピールしてみてください。今、就職や転職で悩んでいる方は、モテる職業ということも頭の片隅に置いて活動してみてはいかがでしょうか。あなたの人生の自信につながるだけでなく、素敵な男性もゲットできるかもしれませんよ。

text:common編集部

Posted by admin