common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

彼氏の愛情表現、多い?少ない?シャイな彼氏やドライな彼氏、Sな彼氏の愛情表現とは

2018.8.4

愛情表現はカップルがいつまでも仲良くいるためにとても大切なことです。あなたの彼氏からの愛情表現は多いですか?少ないですか?愛情表現は多いほうがもちろん嬉しいですよね。ですが、彼氏からの愛情表現が少ない、あるいは愛情表現がないと悩んでいる彼女も多いのです。実は、彼氏からの愛情表現が少ないのには理由があったのです。今回は愛情表現が少ないシャイやドライな彼氏、さらにSな彼氏の愛情表現の特徴についてご紹介します。また男性よりも女性のほうが愛情表現が豊かと言われていますが、あなたの愛情表現の仕方によっては彼氏から重いと思われていることも…。彼氏から喜ばれる愛情表現と、彼氏から重いと思われる愛情表現の違いについてもご紹介しますので参考にしてくださいね。

言葉や行動…彼氏からの愛情表現は多い方が嬉しい?

彼氏からの愛情表現が多いのはどうでしょうか?大半の女性は彼氏の愛情表現が多いと嬉しいと感じるようです。彼氏の愛情表現が多いのが嬉しい理由としては「安心できる」「素直に幸せだと感じる」「愛されている実感がある」ことが挙げられます。また反対に彼氏の愛情表現が多いのが嫌だと感じるのは、少数派ですが「人目が気になるので外では困る」といった理由があります。愛情表現が多いのは嬉しいと感じますが、反対に人目が気になる公共の場所では控えるように伝えておくのがいいかもしれませんね。

彼氏の愛情表現が少ない理由は?

愛情表現が上手なのは男性よりも女性のイメージが強いですよね。中には彼氏の愛情表現が少ないと感じて悩んでいる女性も少なくありません。続いては彼氏の愛情表現が少ないと感じたときに考えられる理由についてご紹介します。

彼氏の愛情表現が少ない理由1:愛情表現しているつもりでいる

そもそもあなたの彼氏は愛情表現が少ないという自覚すらないのかもしれません。男性は女性ほど愛情表現をストレートにする習慣がないからです。中には毎日のようにキスやハグを積極的にしてくれる男性はいるものの、全体的に見たらきっと愛情表現を普段からあまりしない男性の方が多いでしょう。つまり彼氏の愛情表現が少ないと感じているのは女性だけの話。男性にしてみたら愛情表現が少ないと言われるのは心外で、自分はちゃんと彼女に愛情を示していると思っているようです。

彼氏の愛情表現が少ない理由2:頻繁にするものではないと思っている

女性は何度でも愛情表現をしたがりますが、男性の場合はここぞというときに愛情表現をしたいもの。一日に何度も「好き」「愛してる」と伝えるのは違和感を覚える男性が多いようです。そのためあえて愛情表現を少なくしている男性もいます。あなたの彼氏で愛情表現が少ないのは、もしかしたらここぞというときのためにとっておいてくれているのかもしれませんよ?

彼氏の愛情表現が少ない理由3.性格的に愛情表現が分かりづらい

シャイで奥手な彼氏や、ドライでクールな彼氏、Sっ気があってツンデレ気味な彼氏など、性格的に愛情表現をしているつもりでも彼女に伝わりづらいという理由もあります。続いては、特に分かりづらい愛情表現をする男性のタイプ別愛情表現をご紹介します。あなたの彼氏がもしそのタイプに当てはまったら、愛情表現が少ないのではなく、分かりづらいだけなのかもしれません。

Sな彼氏の分かりづらい愛情表現

Sな彼氏はどんな愛情表現をするのかも気になる所。実際にあなたの彼氏がSかMかで言うとSっ気がある場合、愛情表現が分かりづらく見落としてしまう恐れも考えられます。そこで今度はSな彼氏の愛情表現の仕方をご紹介します。私の彼氏はSだという方は彼氏のこんな行動がないかチェックしてみてくださいね。

Sな彼氏の分かりづらい愛情表現1:小さな意地悪をする

Sな彼氏の愛情表現の一つといえば、小さな意地悪を頻繁にすることです。これは彼女の困った顔や泣きそうな顔が見たいがための、Sな彼氏ならではの愛情表現なのです。そのためあなた自身がSな彼氏と付き合っていて「意地悪ばっかり!」と思っていても、それはSな彼氏の愛情表現の証拠。遠回しに「好きだよ」「かわいいね」と言っているのと同じなのです。

Sな彼氏の分かりづらい愛情表現2:嫉妬も愛情表現

嫉妬の感情をストレートに表現してくるのも、Sな彼氏の愛情表現の一つです。「他の男と話すなよ」「俺に許可なく男と連絡取るのは禁止」と、中には不快に思える表現もあるかもしれません。しかしSな彼氏は、Sでない男性に比べて嫉妬深いのが大きな特徴の一つ。つまり嫉妬することがS彼氏なりの愛情表現になるのです。Sな彼氏の愛情表現が足りないなと感じたらわざと嫉妬させてみるのもありですよ。

シャイな彼氏の分かりづらい愛情表現

今度はシャイな彼氏の愛情表現を見てみましょう。シャイな彼氏の愛情表現こそつい見落としてしまいがち。あなたの彼氏がシャイならこんな行動が愛情表現となりますので、見逃さないように気を付けましょう。

シャイな彼氏の分かりづらい愛情表現1:あなたの行動に合わせてくれる

シャイな彼氏の愛情表現は言葉よりも行動で表すことが多いです。 あなた自身が「これが食べたい」「あそこに行きたい」となったときに文句も言わず、そしてそれが彼氏にとって興味のない場所でも付き合ってくれませんか?これが実はシャイな彼氏の愛情表現の一つ。あなた自身はいつも彼氏が黙ってついてきてくれるので「物足りない」「自己主張が少ない」と感じるかもしれませんが、これもすべてあなたの喜ぶ顔が見たいから黙って付き合ってくれているのです。

シャイな彼氏の分かりづらい愛情表現2:自分が我慢することが多い

彼氏の方が犠牲になって我慢することが多いのも、実はシャイな彼氏なりの愛情表現の一つなのです。言い合いになった際に彼氏の方が折れてくれる。あなたの意見に合わせてくれる。これはあなたに嫌われたくない、できる限りあなたの願望を叶えてあげたいという彼氏の優しさの表れなのです。そんなシャイな彼氏の愛情表現を感じ取ったら感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。

ドライな彼氏の分かりづらい愛情表現

よくいえば草食系。悪くいえばドライで冷たい。今度はドライな彼氏の愛情表現を見てみましょう。ドライな彼氏こそ愛情表現をなかなかしないのでは?と思われがちですが、ドライな彼氏は愛情表現を十分にしているつもりなのです。こんな行動が見られたらあなたを大事にしている証拠なので見逃し厳禁ですよ。

ドライな彼氏の分かりづらい愛情表現1:小さなことを覚えている

「そんなこと言ったっけ?」というようなささいなことでも覚えているのが、ドライな彼氏ならではの愛情表現の一つ。普段感情を行動や発言に出さない分、大好きな人のことは細かく覚えているもの。「この前食べたいって言っていたケーキ買ってきたよ」とか「3年前もここのお店来たよね」とか普通の人なら忘れがちなことも、全部覚えているのはそれだけあなたを大切にしてくれている証なのです。

ドライな彼氏の分かりづらい愛情表現2:気が付いたら近くにいることが多い

ドライな彼氏の愛情表現はシャイな彼氏のように、言葉よりも行動で表すことが多いです。そのためあなた自身が「物足りない」「寂しい」と感じていても、ドライな彼氏はそれなりに愛情表現をしてくれています。その一つに気が付いたら近くにいることが上げられます。「好き」「一緒にいたい」と言葉で表現することはなくても、二人きりになるとくっついている。外を歩いているとあなたを守るように車道側を歩いてくれている。ドライな彼氏はストレートな愛情表現は苦手でも、常にあなたの近くにいることで愛情を伝えようとしています。

愛情表現が重いと彼氏に嫌われる!?

ここまで彼氏から彼女への愛情表現についてご紹介してきました。続いては彼女から彼氏への愛情表現について、男性はどんな風に思っているのかについて。あなたは彼氏にどんな愛情表現をしていますか?好きと言う、ハグする、いろいろな方法があると思いますが果たしてその愛情表現は彼氏を喜ばせているのか、それとも嫌がられているのか…。どんな愛情表現が彼氏から喜ばれて、どんな愛情表現が彼氏から重いと思われて嫌がられるのかをテーマに書いてみたいと思います。

彼氏から喜ばれる愛情表現

まずは一般的に彼氏から喜ばれている愛情表現を挙げていきたいと思います。これから挙げる愛情表現が自分の彼氏にできているかどうか?思い起こしながら読み進めてみてください。あなたは彼氏に上手に愛情表現できているでしょうか?

彼氏から喜ばれる愛情表現1:幸せだと表現する

これは、彼氏への愛情表現として「好き」とか「愛してる」とかそういう言葉が恥ずかしくてなかなか言えない女性でも言いやすい愛情表現の言葉だと思います。彼氏に出会えて、一緒にいられて幸せだと彼女から伝えられることは、彼氏からするととても嬉しいことでしょう。なぜなら「自分の存在が彼女に満足感や安心感を与えている」と実感することができるからです。それは彼氏の自信につながり、彼女への愛情へもつながります。カップルとして良い関係を築いていくことが出来るでしょう。

彼氏から喜ばれる愛情表現2:彼氏の仕草や言動をほめる

彼氏のちょっとした仕草だったり、彼氏の声だったり、あなたしか気づかないような些細なことをほめるのはとても喜ばれる彼氏への愛情表現のひとつです。彼氏が喜ぶ理由は「彼女が自分のこんなところまで見てくれているんだ」と彼女から愛されていることを認識できるからです。ただ、あまりにもほめ過ぎるとわざとらしく聞こえることもあるので、要注意です。

彼氏から喜ばれる愛情表現3:彼氏に頼る

彼氏が年上でも年下でも、彼氏に頼ることは、彼氏を喜ばせるのにとても効果的です。女性から頼られることは男性の「守ろうとする本能」をくすぐるからです。高くて届かない場所のものを取ってもらう、重い荷物を運ぶのを手伝ってもらうなど彼氏が男性として活躍できることで頼るのは大変喜ばれるし、あなたを女性としてかわいらしくも思うでしょう。ただ、なんでも頼りすぎるのはただのめんどくさがりだと思われてしまう可能性が高いので気をつけなければいけませんね。

いかがでしたか?喜ばれる愛情表現が多かったあなたは、これからもさらに彼氏への愛情表現に磨きをかけて、ますます愛される彼女になってくださいね。

彼氏が重いと感じる愛情表現

次に彼氏に嫌がられる重い愛情表現を挙げていきたいと思います。自分は彼氏に嫌がられる重い愛情表現をしていないかチェックしてみてください。

彼氏が重いと感じる愛情表現1:LINEでの連絡が多すぎる

おはようやおやすみの連絡だけではなく、仕事中にもたくさん送るLINEやメール、彼氏が寝た後の深夜の「起きてる?」「寂しい」のLINEなど。彼女は愛情表現のつもりでLINEしていても、仕事中などで返信できないのにたくさん連絡していると彼氏からすれば、「忙しいのに…」「俺は日記帳ではない」など不満を感じることがあります。また深夜、彼氏が寝ている時間や、彼氏が友達と遊んでいるときなどに多すぎるLINEでの愛情表現は彼氏の時間を奪うことにつながります。自分の世界を大事にしている男性が多いので彼女からの過度なLINEでの連絡は彼氏にとって重い愛情表現と言えるでしょう。もちろんLINEでの愛情表現は彼氏にとって嬉しいものです。問題はLINEの頻度です。彼から返事が返ってこないときは何度も送るのはやめておきましょう。

彼氏が重いと感じる愛情表現2:男友達に嫉妬する

先ほども書いたように男性は自分の世界を大事にしている人が多いです。そこで「彼女より友達のほうが大事なの?」と、彼氏の友達に嫉妬して比べさせるような発言はNGです。あなたのことももちろん大事なのですが、彼氏にとって友達は自分の世界に欠かせない代わりのない大事な人なのです。「女性と男性」「彼女と友達」これは全く別物なので、友達にヤキモチを焼いて拗ねるくらいのかわいい嫉妬ならまだしも、彼女と友達どっちが大事かを問いただすようなことは、彼氏にとってはとても気分の悪くなることでしょう。

彼氏が重いと感じる愛情表現3:過剰な束縛

先ほどの男友達に嫉妬することと、少し似ていますが、束縛も程度によってはかなり嫌がられる愛情表現です。男友達と遊んでいるときに、「誰と一緒にいるの?どこに行ってるの?何時に帰ってくるの?」などと、彼氏の行動のすべてを知ろうとするのはやめましょう。束縛されているように感じて嫌がる男性が多いです。彼氏には彼氏の世界があります。それを逐一彼女に知らせておかないといけないというのは自由がなくなるような気がしてとても窮屈だからです。女の人の影が心配だなと思っても、「〇時ごろには帰ってくるのね!気を付けてね!」くらいにして自由にさせてあげた方が、かえって彼氏も「理解ある彼女だな」と喜んでくれるでしょう。

いかがでしたか?彼氏に嫌がられる重い愛情表現が多かったあなたは、もう少し彼氏の世界や時間を大事にしてあげることを考えると、自然と彼氏に喜ばれる愛情表現ができるようになるかもしれません。

最後に

彼氏からの愛情表現は多いほうが誰だって嬉しいものですよね。もしあなたが彼氏からの言葉や行動での愛情表現が少ないからといって悩んでいる場合は、実は彼氏が分かりづらい愛情表現をしているだけかもしれませんよ。シャイで奥手な彼氏や、ドライでクールな彼氏、Sっ気があってツンデレ気味な彼氏など、性格的に愛情表現をしているつもりでも彼女に伝わりづらいということが分かったかと思います。この記事を参考に、彼氏の分かりづらい愛情表現に気づいてあげてくださいね。

text:common編集部

Posted by admin