common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

結婚準備に焦らない!プロポーズされたら知っておきたいプロポーズ後の流れや結婚までにやるべきこと5つ

2018.8.3

待ちに待ったプロポーズ。大好きな彼との夢にまで見た結婚生活。楽しみで胸がいっぱいですよね。結婚の準備を進めていかなければいけません。ですが、プロポーズされたはいいけど、プロポーズされた後、結婚までの流れについては皆さんご存知ですか?両家への挨拶から結納、結婚式に新居探し…と、想像するだけでもやること多すぎて、何から始めたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は結婚準備に焦らないために、プロポーズされたら知っておきたい結婚までの流れややるべきことをご紹介します。

プロポーズ後の流れ⒈ お互いの両親への結婚報告

結婚することになったという嬉しい報告を真っ先に伝えたい両親への結婚報告。きっと自分のことのように喜んでくれるはずです。両親への結婚報告は、その後の結婚生活にも影響する大切なイベントです。お互いの両親へ誠意を持って挨拶へ行きましょう。

・両親へ結婚報告に行く日取りと流れ

お互いの両親への結婚報告は、プロポーズ後なるべく早いタイミングがいいでしょう。まず彼女の両親へ彼氏が挨拶に行くのがベター。同じ日の午前・午後に両家への挨拶をするカップルも多いとか。

・両親への結婚報告に行くときの服装・身なり

両親への結婚報告に行くときの服装は、男性であればシックなスーツが理想的。“彼女の両親と何度か会っているからそんなに固い服装でなくても…”という方でも、パーカーにジーンズというラフ過ぎる格好はNGです。最低限、きちんと感の出るシャツなどを着ていくようにしましょう。もちろん髭や髪も失礼の無いように事前にセットしていきましょう。
女性は清潔感や女性らしい柔らかさのあるワンピースやスカートがいいでしょう。もちろん、膝上丈の短過ぎるものや派手な色合いなどは避けた方が無難です。メイクやネイルも派手にせず、控えめにしていきましょう。

・両親への結婚報告に行くときの手土産

お互いの両親への結婚報告に行くときの手土産の相場は約3,000円程。両家の好みを事前にリサーチするなどの気配りも大事です。手土産を渡すタイミングは席について落ち着いてから、家族の顔が揃って渡すのがいいでしょう。心を込めて準備した物ならきっとその気持ちは届きます。

プロポーズ後の流れ⒉ 結婚式

結婚式は人生に一度の晴れ舞台。大好きな人たちに囲まれて、幸せな時間を共有する貴重な機会です。しかし残念ながら男性は女性よりも結婚式にこだわらないという人が多いので、彼ときちんと話し合うことが大事です。

結婚式の形やスタイルは様々です。結婚式を挙げる場合は、結婚式に呼ぶ人数の規模や会場、予算のことなども決めておきたいですね。「挙式のみ挙げる」「挙式と披露宴を行う」「海外でリゾートウエディング」…など、それぞれ思い描く結婚式は違うのでお互いにとって理想の結婚式にする為にもじっくり話し合ってくださいね。

結婚式はしないけど、ウエディングドレスだけは着たいという女性は、写真だけの結婚式、“フォトウエディング“という選択肢もあります。コストや手間をかけられないという方はどこかのレストランなどを貸し切って、身内や仲良い友人のみを呼んでお披露目パーティーをするのもオススメです。

プロポーズ後の流れ⒊ 結婚指輪

二人の愛の証とも呼べる結婚指輪。“大好きな人と結婚した”という実感が湧く二人にとって大切なアイテムです。

・結婚指輪を買うタイミングは?

オーダーメイドの指輪などは注文してから手元に届くまでに時間がかかってしまうこともあるので、結婚式を挙げる場合は結婚式の半年以上前には選んでおくと安心です。デザインで選ぶもよし・ブランドで選ぶもよし。一生着けるものだからこだわりたいですよね。実際に店舗に出向いて試着してみると指輪の着け心地・自分の手に合っているか、などイメージが湧いて選びやすいです。基本的には二人で着けるものなので、一緒に選びに行きましょう。

・結婚指輪はいつからつけていいの?

挙式を挙げる方はその日まで大事に保管しておいてもよさそうですが、最近は挙式や入籍前から結婚指輪をつけている女性も多いので、待てない方は挙式や入籍前につけて、直前に指輪のクリーニングするという手もあります。プロポーズの時に婚約指輪を貰った方は挙式や入籍前は婚約指輪をつけて、後々、結婚指輪と重ね付けするのも素敵ですね。

プロポーズ後の流れ⒋ 新居探し

プロポーズの前から一緒に住んでいるという方は継続して同じ家に住むという選択もありますが、いよいよ愛の巣で二人の生活が始まる“新居探し”はとっても楽しいですよね。
しかし、この“新居探し“こそお互いに納得した住まい選びをしないと早速喧嘩になってしまう…ということにもなりかねません。

・新居の間取りは?

「同じ屋根の下に住んでいても自分一人の時間が欲しい」そう思う方も少なくないのでは?今まで違うライフスタイルを送ってきた二人が同じ屋根の下で暮らすのは思った以上に大変です。二人分の荷物が収納できるスペースがあるか・将来設計を見据えることなども新居探しには重要なポイントとなります。

・新居の賃料の目安は?

少しお金のことで話し合いづらいポイントかもしれませんが、お二人の収入に合わせた住まい探しは大切な準備です。手取りの20~25%が家賃のおおよその目安となっています。
生活が切羽詰まってしまっては楽しい新婚生活も喧嘩ばかり…ということにもなりかねません。

・新居の立地や周辺環境はどう選ぶ?

彼の職場に近い場所、駅から近い場所、など毎日の生活を送る上で立地条件もしっかりと考えたいですね。また、立地条件にこだわり過ぎて周辺環境のチェックを忘れてしまうと「駅は近いけど、騒音が酷い…」など悩まされてしまうかもしれません。譲れない条件をお互いに出し合って、二人に合った住まいを探すことが毎日の暮らしを楽しく過ごすカギになります。

プロポーズ後の流れ⒌ 入籍日

プロポーズされた後から結婚までの期間は、周りの人への挨拶や報告、指輪・新居など様々なことを話し合ったり決めたりしていくうちにいつの間にか時間が経ってしまっているものです。結婚準備や新居の話し合いを経て、いよいよ婚姻届の提出です!

入籍する日にちは?

結婚式よりも先に入籍してしまうカップルが多いそうです。入籍する日にちで人気なのは大安などの“お日柄がいい日“や”ゴロがよく覚えやすい日”、次いで”記念日” など二人の大事な記念日となる入籍日はお二人で何を重視するかしっかり話し合って、納得する日を選びましょう。

最後に

“結婚“は二人にとって新たな人生への門出となります。プロポーズ後の流れや結婚準備のやり方はカップルそれぞれなので、「こうでなければいけない」ということはないはずです。二人でじっくり話し合うことや決めるべきことがたくさんありますが、きっとその時間も大切にできる二人なら、その後の人生も楽しく幸せに包まれた時間になると思います。ぜひ、楽しんで結婚に向けて準備してくださいね。

text:common編集部

Posted by admin