common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

彼氏とお家デートするならエッチの準備も!彼女がエッチ前にしておくべき準備や確認事項

2018.9.18

「大好きな彼氏が、自分のおうちにくることになった!」と決まったら、お部屋を片付けたり、彼を迎える準備をはじめる女性が多いでしょう。ドキドキしながらお家デートを楽しみにしてしまうものですが、彼氏がおうちに来るということは、エッチをすることも考えられるので、お部屋の片づけをするときにエッチの準備もしておいた方がいいですよね。今回は、彼氏と気持ちいいエッチができるように、彼女がエッチ前にしておくべき準備や確認事項を紹介します。

01、彼女がお家デートでしておくべきエッチの準備:コンドームの用意

エッチの時に、彼氏がコンドームを持ってくるとは限りません。いざエッチという時のためにも、一応コンドームは準備しておきましょう。コンドームはすぐに彼氏に差し出せるように、ベッドから近い場所に置いておいておきましょう。パッと手の届く場所がおすすめです。

02、彼女がお家デートでしておくべきエッチの準備:ティッシュは枕元に

おうちデートでいいムードになってエッチすることになった時を想定して、ベッドの枕元にティッシュを置いておいた方がいいでしょう。ソファで映画などを見ながらお菓子を食べたりする場合、ソファの傍にティッシュ置いておくことになるかもしれませんが、いざエッチの時にベッドの傍にティッシュが無いと大変。裸でうろうろティッシュを取りに行かなくちゃ…なんて状態に。普段はベッド付近にティッシュを置いてないという人も、彼氏とおうちデートの日には、枕元にティッシュを準備しておくことをおすすめします。

03、彼女がお家デートでしておくべきエッチの準備:部屋を綺麗にしておく

おうちの掃除は大切です。汚い場所だと興奮しないという男性もいますよ。彼氏を幻滅させることがないように、気合を入れてお掃除しましょう。部屋を掃除する時に、ベッドを整えることも忘れずに。一緒に寝ることになりますから、シーツなども洗濯しておくといいでしょう。枕なども干して、ベッドメイキングしておきましょう。気持ちいいエッチができる準備をしましょう。

05、彼女がお家デートでしておくべきエッチの準備:香りに注意

自分では分からなくても、彼女のおうちを臭いと感じる彼氏もいるでしょう。自分好みでない香りを嗅ぐのは結構辛いですから、おうちの香りには十分注意してください。アロマを炊いたりして、リラックスできる香りやエッチが盛り上がるような香りの準備をしましょう。

06、彼女がお家デートでしておくべきエッチの準備:ムード作り

ムード作りのために、一緒に見る映画のDVDを準備したり、流す音楽を準備しましょう。ラブラブな雰囲気になれるような恋愛映画や、リラックスできる音楽やお互いが燃え上がるような音楽など、流す曲を考えておきましょう。照明の明るさを変えてみたり、リラックス出来る香りを用意しておくのもいいでしょう。一緒にお風呂に入ることになるかもしれませんから、泡の出る入浴剤だったり、お風呂で楽しめるようなグッズを用意しておくのもいいですね。2人がいいムードになれるような演出を考えましょう。

07、彼女がお家デートでしておくべきエッチの準備:ムダ毛処理

ムダ毛の処理はお風呂ですることが多いと思いますが、ムダ毛処理の道具をお風呂場に置きっぱなしにするのは止めましょう。彼氏が萎えてしまい、エッチしたくなくなってしまうかもしれません。ムダ毛処理は前日までにしっかり行い、使った道具は彼がおうちに来る前に片づけておきましょう。これは意外と忘れがちなので注意してください。

08、彼女がお家デートでしておくべきエッチの準備:歯磨き

おうちデートは彼氏と密着する場面も多いはず。2人きりの空間では、思う存分イチャイチャできますね。ですがそんな時、口が臭かったり息が臭いと彼氏に幻滅されてしまい、イチャイチャしても盛り上がらずエッチする雰囲気にならないことも。おうちデートは彼を家で迎える立場。外出しないからと言って、歯磨きを忘れないように注意しましょう。

◎最後に

いかがでしたか?彼女がエッチ前にしておくべき準備や確認事項は、参考になりましたでしょうか。しっかり準備しておけばお家デートで急にエッチの雰囲気になっても、慌てることはありません。エッチの前も後も、安心して彼のことだけに集中することが出来ますね。心配はいりません。お家デートでいざエッチ…となった時に困ったり恥ずかしい思いをすることがないように、できる準備は全部やっておいて損はありませんよ。

関連記もチェック!
彼氏がエッチしたいと思った時に出しているサイン8選♡ 男性の気持ちに気づいてあげて!

text:common編集部

Posted by admin