common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

「休日はなにしてるの?」と聞かれた時の模範回答は?ドン引きされる女性の休日の過ごし方

2018.8.14

合コンなどで男性から「休日はなにしてるの?」なんて聞かれることもありませんか?そんな時はできれば、男ウケがいい回答をしたいものです。あまりにも正直に答えてしまうと男性にドン引きされてしまうことも…。今回は、ドン引きされる女性の休日の過ごし方を紹介します。また、好きな女性にしてほしい休日の過ごし方も紹介しますので、「休日はなにしてるの?」と聞かれた時の模範回答として、参考にしてくださいね。

◎男性からドン引きされる女性の休日の過ごし方

それでは、男性にドン引きされる女性の休日の過ごし方をみていきましょう。

01、ずっと寝て過ごす

男性がドン引きするのは、一日ずっと寝ていたという休日の過ごし方です。せっかくの休日を一日中寝て過ごすとは、だらしないのかな?と思われてしまいます。この人と付き合うことになっても、どこにもデートに出掛けず、ずっと寝て過ごすのかな…とネガティブな想像をしている場合もあります。

02、昼間からずっと飲んでる

おじさんみたいな休日を過ごしてはいませんか?昼から飲んでるなんて、「定年退職したおじさんじゃないんだから!」という男性の意見です。「休日はなにしてるの?」と聞かれて「ずっと飲んでるよ」というのは、男性にドン引きされてしまう可能性大なので、正直に答えないほうがいいでしょう。

03、ゲームしてる

趣味は自由ですが、女性が一日中ゲームをしていると、男性にドン引きされてしまうようです。男性が一日中ゲームをするのは理解されても、女性が休日にゲームをするのは理解されにくいようですね。もっと女性らしい休日を過ごしてほしいというのが男性の考えのようです。

04、カフェ巡り

インスタ映えを狙って、女友達とカフェに行く休日を過ごすこともあるでしょう。しかし、男性はこれにもドン引き。「インスタ映えするために、わざわざ行くなんて…」と感じているようです。男性には理解できない休日の過ごし方なのかもしれません。

05、アイドルのおっかけ

ただのイタイ女性という印象しか与えない、アイドルのおっかけ。合コンで初対面の男性に言うと、ドン引きされてしまうのは確実ですね。オタクや腐女子っぽい印象を与えてしまいそうです。

◎「休日はなにしてるの?」と聞かれた時の模範回答

次に、「休日はなにしてるの?」と聞かれた時の模範回答として、男性が好きな女性にしてほしい休日の過ごし方をご紹介します。好印象をゲットしたい女性は必見です!!

01、女性らしい趣味

自分の時間を大切にできる女性は素敵に見えます。男性は、女性らしい素敵な趣味を持っている女性に魅力を感じるようです。「どんな趣味なの?」と会話も弾みますよね。好きなものに熱中している姿は、人を惹きつける力がありますよ。

02、ショッピング

女性と言えば、ショッピングですよね。これは定番の回答ですが、「友達とショッピングに行くよ!」と答えれば、どんな洋服を買うのか聞かれたり、どこのお店に買いに行くのかなどで、会話が盛り上がること間違いなしです!

03、料理やお菓子作り

あざといかもしれませんが、「休日はなにしてるの?」と聞かれた時は「お菓子作りが好きなので…」と、家庭的な一面をアピールするのも、好印象をゲットする模範解答といえるでしょう。付き合った時の同棲生活や結婚生活をイメージして、その女性のことが気になってしまうかもしれません。どんな料理を作るのか?お菓子は何が作れるのか?男性は興味深々ですよ。

04、読書

知的でお洒落女性をイメージすることができる休日の過ごし方の模範解答です。休日は読書をして過ごしていると聞くと、コーヒーを飲みながら読書する女性や、ベランダで気持ちいい風を浴びながら読書する女性の姿を想像します。本が好きという女性は、知的な印象も与えることができます。

05、運動

自分の体のために、運動しているという休日の過ごし方も好印象です。ダイエットといってしまうと、わざとらしくなってしまいますが、ジムで汗を流しているといえば、健康を意識しているという印象を与えることができます。健康的な女性というイメージから、食生活にも気を遣っているかもしれない、おいしい料理が食べられるかもしれないなど、男性の妄想がどんどん膨らんでいくかもしれません。

◎最後に

いかがでしたか?ドン引きされる女性の休日の過ごし方、正直に回答してしまっている人はいませんでしたか?好印象な休日の過ごし方としては、趣味や読書など、女性らしいものが挙げられました。自分をしっかり持っている女性、充実した休日を過ごしている女性は、素敵にみえるのでしょう。

text:common編集部

Posted by admin