common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【トレーナー監修】お尻は日々進化する。「#爆尻ガール」が教える、美尻の基本!

2018.6.11
美尻を競うコンテスト「Fitness Angel」で、準グランプリと爆尻賞をW受賞したピラティストレーナー歴8年の鳥海 真央(とりうみ まお)さんに、キュッと上がったお尻を手に入れるために大切なことを教えていただきました。

「姿勢」と「重心」でお尻が変わる!

綺麗なお尻のラインを作るのに大事なのは「姿勢」と「重心」です。

NG姿勢1:猫背

例えば、猫背の方は身体の構造上、絶対にお尻が上がらないし、ボリュームもできません。

お尻が垂れる姿勢 猫背

NG姿勢2:反り腰

前のめりに立って反り腰になっている人も、綺麗に見せようとして立っているだけで、実際にはお尻の筋肉は使えていません。

お尻が垂れる姿勢 反り腰

そのままトレーニングしても効果はあまりでないと思います。女性に多い姿勢ですよね。

現代人に多いNG姿勢

ありがちな悪い姿勢は、極端に真似するとこんな感じ。

お尻が垂れる姿勢 

首が前にでているので、胸が後ろに下がって、腰が前にでてしまいます。骨盤が後ろに倒れてしまうので、どんどんお尻が垂れていきます。こんな姿勢になってしまっていませんか?

姿勢でトレーニング効率も変わる!?

全てピラティスの視点なんですけど、やっぱり基本的な姿勢を大切にしてもらわないと、トレーニングしても私は変わらないと思っています。

正しい姿勢だから働く筋肉っていうのがあるんです。正しくない姿勢でトレーニングしても、負荷はかかるので筋肉はそれなりに育つんですけど、効率的ではないと思います。

例えば、スクワットをするときも、お尻の位置、膝の向き、膝に対しての指先の位置とかも大事。とにかく正しい姿勢で行った方が効くと私は思います。

正しい立ち方チェック!

正しい立ち方は、くるぶしの上に、膝の真ん中のちょっと前があって、その上に骨盤の真ん中がきます。

正しい姿勢

その真っ直ぐ上に肩、耳がきて、頭までが真っすぐ乗っている状態です。

正しい姿勢

日常でも意識してみましょう。重心が前のめりになっていないか、反り腰になっていないか注意してみて。

Posted by admin