キラキラしたライフスタイルを送りたいすべての人に人生を彩るヒントが詰まった新感覚のライフスタイル動画マガジン

common

common

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

アスレジャーファッションも女性らしさを漂わせる軽やかなルックで
〜モデル 小泉梓 interview〜

2017.6.19

同じファッション雑誌の専属モデル時代から、もう10年以上の仲というおふたり。10代の頃から人気ファッションモデルとして活躍してきた彼女たちが今年で30歳をむかえ、年齢とともに変わってきた考え方や体のこと、恋愛のこと、お互いの第一印象などを語っていただきました。そして今トレンドとなっているアスレジャーファッションのコーディネートにも注目です。

子供の可愛さが勝つから乗り越えられる

中野唯花さん(以下、中野):あれだけあずとご飯食べたり飲んだりしてて、まさか急にあずが産むとは思ってなかったよ。

小泉梓さん(以下、小泉):自分でもそうだよ(笑)。計画的じゃなかったから、自分でも驚いたよね。

中野:でもあずは子供欲しい子供欲しいって言ってたじゃん?

小泉:そうだね。子供好きだったからね。でも、好きだからこそ今この生活が成り立っているというか。これで子供が好きじゃなかったら、自分の時間がなかったりとか、忙しかったりして大変な面を乗り越えられなかったと思う。大変だけども、子供の可愛さの方が勝つから乗り越えられる。かわいいという気持ちで頑張れる。

自分ってそんな歳なんだな、お母さんなんだな

中野:うちらのまわりも結婚したり子供生まれたりするのが去年多かったと思うよね。

小泉:そのくらいの年代に自分たちもなったんだなって思うわけよ。ふと「自分ってそんな歳なんだな、お母さんなんだな」と実感することが多いから、考えが変わってくるよね。

中野:どんなときに「自分がお母さんだな」って感じるの?

小泉:抱っこしながら寝せた瞬間かな?寝顔を見ているとき。頑張ろうとか思うよね。かわいいよね。

中野:いろんな子供見てたら、この子愛情受けて育ってるなって見てわかるよね。あずの子からはすごい伝わる。

女性らしさを漂わせる軽やかなスポーティールック

ウィンドブレーカーも、淡いピンクをチョイスすればフェミニンな顔にシフト。メタリックサンダルでアクセントをプラスすれば、こなれ感がアップ。

CREDIT

ピンクウィンドブレーカー¥5,450
ベルシュカ・ジャパン
ウエストポーチ¥1,950
ベルシュカ・ジャパン
サンダル¥5,450
ベルシュカ・ジャパン
Tシャツ¥4,000
adidas(スピンズ)
ラインレギンス¥2,480
NADIA FLORES EN EL CORAZON

SHOP LIST

CIROI / ☎︎03-6457-7874

スピンズ / ☎︎0120-011-984

ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス / ☎︎03-6415-8086

NADIA FLORES EN EL CORAZON / ☎︎03-5772-6661

小泉梓さんプロフィール

2011年に『JELLY』の「ジェリガオーディション」にてグランプリを獲得し、同誌の「専属モデルを務める。その後2013年から『BLENDA』のモデルとして活躍。2016年8月には第一子を出産。現在は子育てをしながらフリーモデルとして活動している。

Twitter: @azusa_koizumi
Instagram: @azusan111

model:Azusa Koizumi

model:Yuika Nakano

cameraman:Yasuhiro Orii

stylist:Yuko Yotsumoto

hair&make:Saki Araki

writer:Shiori Akashi

関連KEYWORD
お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。