common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

モテる人は使っている!恋愛心理学を利用した彼を振り向かせる恋愛テクニック7選

2018.7.31

大好きなあの人にもっと近づきたくないですか?人間はある一定の心理的法則に則って行動すると科学的にも証明されています。「心理学」と聞くと難しそう…と不安になるかも知れませんが、意外と簡単にできます。心理学は「吊り橋効果」や「類似性の法則」など、恋愛テクニックにも応用することができるのです。モテる人は、この恋愛テクニックを、頭で考えなくても自然と使えてるということが多いんですよね。好きな人を振り向かせるために頑張ってきたけど、なかなか効果がない…と悩んでいる人は、恋愛心理テクニックを使いこなせるようになりましょう。気づいたら彼はあなたの隣に…なんてことがあるかもしれません。恋している人はぜひ試してみてください。

心理学とは?

心理学はその人が考えていることという内面のことですよね。行動心理とは普段の癖やさりげない行動で、相手が今どう思っているのかという相手の心理がわかるようになります。紹介する恋愛心理はこの心理学や行動心理学を応用して、相手の気持ちを自分に向けるということです。

鼻を触ると嘘をついている

聞いたことありませんか? これも行動心理の代表的なもので話しをしている最中に相手が鼻を触っていると嘘をついている、あるいは本心を隠しているということです。人は嘘をついた時の表情の変化を悟られない為に顔の周辺をさわるということ、嘘をついたときにカテコナールアミンという物質が分泌されて鼻がムズムズするからだとされています。

心理学を利用した恋愛心理テクニック

1. スリーセット理論

スリーセット理論とは、人の印象は3回会っただけで決まっているというもので、3回の間に好印象を持ってもらうことが鍵となってきます。今から相手を探すという女性におすすめのスリーセット理論。
まずは1回目の第一印象、言葉遣いや会話の内容を選びましょう。人の第一印象は言語・視覚・聴覚を注意しておけばクリアです。
2回目は1回目とのギャップを作ることが大切です。第一印象と同じでは恋愛に発展することが難しくなります。相手の好きな事や会話の内容を覚えておいて、たくさん話しをするといいです。
3回目は挽回することはできず、ほぼ印象が確定されてしまう時です。1・2回目に良いという印象を与えて相手に最終確認してもらうという認識でいましょう。最後にマイナスイメージを与えないように細心の注意はしてください。

2. ゲインロス効果

ゲイン(得る)ロス(失う)をしっかりと理解しておきましょう。マイナスからプラスの印象を与えることで、相手にいい印象を与えるということです。ギャップを感じさせるといった方が分かりやすいかもしれませんね。ギャップ萌えという言葉があるように違った一面を見せることで相手があなたを意識するようになります。
この場合に気をつけて欲しいのは自分からマイナスを作らないことです。自分の普段の印象でマイナスの部分をプラスにさせることでゲインロス効果は発揮されます。まずは自分の印象を客観的に見てみましょう。

3. アンダードッグ効果

アンダードッグ効果とは、弱い部分を見せることで相手に「守ってあげたい」「手を差し伸べたい」と思わせることができるという心理です。

・2人きりで会話をできる場所に移動する
・ポジティブに接しておいて自然と弱さを見せる
・2人だけの秘密にしておく

男性としても頼りにされたいという思いがあるので、アンダードッグ効果はかなり有効です。アンダードッグ効果は1度で効果は抜群です。多用してしまうとうざい女、重い女と思われてしまうこともありますので注意してください。

4. ダブルバインド効果

恋愛では本来のダブルバインドの意味とは異なります。恋愛におけるダブルバインド効果とは、二者一択を提示してどちらを選んでも良い方向になるように会話を進めていくという方法です。デートに誘いたい時などに有効です。
「この前行ってたお店に行こう!土曜か日曜どっちがいい?」 というように、行く・行かないの2択ではなく土曜・日曜の2択で決めてもらうということ。話しを進めていくうえで自然と会話に入れるといいでしょう。
ダブルバインドは矛盾している2つのことで精神的拘束状態を作ることを意味していますが、応用として恋愛では飴と鞭で使うことができます。冷たい態度(ツン)と甘えた態度(デレ)の2つを使う小悪魔女子や暴力・優しさの2つがあるDVもダブルバインドが関係しています。

5. 吊り橋効果

不安や緊張からくるドキドキを恋愛感情だと勘違いしてしまうことで恋が始まるということです。 これは有名ですよね!よく遊ぶ関係になっていると2人で遊園地に出かけることも簡単ですが、まだそんなに仲良くないという人でも吊り橋効果が得られることができますよ。
仕事なら一緒に作業する時間を設ける、スポーツやスポーツ観戦をする、夜道を歩くなど身近なことでも吊り橋効果は狙えます。
ただしホラー映画などは興奮しますが、映画に集中してしまう為にあなたがいることを忘れられるということもあります。一緒に体を動かすということを意識してみてくださいね。

6. ミラーリング効果

人は自分と似ている人を好きになるということを恋愛に応用します。ミラーリングという言葉の通り鏡のように気になっている彼の仕草や動作など真似をすることで、彼はあなたに親近感を覚えるようになり距離がぐっと近くなります。
ミラーリング効果はかなり効力があります、簡単なのでぜひ実践してみましょう。仕草や動作ではなく考え方が似てくるというものがあります。夫婦やカップルなどは一緒に過ごすことで同調効果が働き似てくるということです。
ミラーリング効果を試すには相手のことを見るということから始めましょう。飲み物を飲むなら自分も飲む、頬杖をつくなら自分もする といったように小さなことから少しずつ真似をしていくとこで、彼はあなたのことが気になり興味を持ち恋に落ちるようになります。

7. ザイアンスの法則

ザイアンスの法則は単純接触効果とも呼ばれていて、言葉の通り接触をすることで相手があなたに興味を持つということです。マメな男性がモテるというのもこのザイアンスの法則があるからです。
単純接触というのは毎日会わなくてもいいです。メールやLINE、電話などを使って彼と連絡を毎日取るというのも単純接触になります。デートした後に「ありがとう、楽しかったね」も連絡をするのもさらに好感度アップ。
ですが、やり過ぎは禁物です。毎日の連絡は取れないという人も、少な過ぎても効果は出ないので最低週3回ほどを目安にしてみてください。

最後に

いかがでしたか?恋愛に使える心理学は意外とたくさんあります。恋愛心理学を使ったテクニックのことを「モテテク」「恋愛テク」などと言いますが、モテる女性は自然と心理学を応用した行動をとっているものです。大好きな彼を振り向かせたいという人は、ぜひ恋愛心理学を試してみてくださいね。

text:common編集部

Posted by admin