common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

食事を変えて運気を引き寄せよう!風水で「五行食(ごぎょうしょく)」を取り入れた食生活のすすめ

2018.7.6

風水では「五行食(ごぎょうしょく)」が奨められています。 5つのエネルギーの調和を取ることで、心身のバランスを保つというものです。 健康になるためには、五味と五色のバランスを取ることが大切です。 自然界に存在するあらゆるものを五つに分類し、食生活に生かしていく「陰陽五行」は、中国古代の哲学思想であり、東洋哲学や東洋医学における「宇宙の根本原理」といわれています。
ここではそんな五行食や、風水的に良いとされ食事・食生活についてまとめていきたいと思います。

五行食とは

五味・五色は、五行の木・火・土・金・水に対応したものです。 五色は木・火・土・金・水の並び順に、青・赤・黄・白・黒となります。 五味は木・火・土・金・水の並び順に、酸味・苦味・甘味・辛味・塩味となります。
影響が出る臓器は木・火・土・金・水の並び順に、肝・心・脾・肺・腎となります。 これを活用して、足りないパワーを与えるようにします。
例えば、胃の調子が悪いときは、大根やごぼうなど土の中からとれる食べ物を甘味のある味付けで調理して摂取するといったようにするのです。

食材の陰陽とは

 風水では、この世に存在する全てのものを「陰陽」に分けて考えます。そして自分の体質を知って陰陽のバランスを取った食材を摂取することで、体内のバランスが整えられ健康になるとされているのです。
陰の体質の人は、寒さに弱く熱さに強い人です。また、手足が冷えやすい人や、水分をあまり摂らない人、眠りが浅く、顔色が青白い人などとなっています。
これに対して陽の体質の人は、熱さに弱く寒さに強い人です。また、のどが渇きやすく食欲旺盛、熟睡できるタイプで寝起きも良い人、顔色は赤みが強い人となっています。
これを参考に、穀物・野菜・魚介類・果物・調味料などを選びます。

陰の人に好ましい食材

穀物なら大麦やそば。
野菜ならホウレンソウ・大根・トマト・アスパラ・タケノコ・白菜など。
魚介類ならタコ・イカ・アサリ・ハマグリ・赤身魚など。
果物ならスイカ・メロン・レモン・バナナなど。
調味料は塩・しょうゆ。

陽の人に好ましい食材

穀物なら米やもち米。
野菜ならニンジン・キャベツ・カボチャ・ニンニク・ショウガ・ピーマンなど。
魚介類なら鰻・エビ・白身魚など。
果物ならりんご・桃・レモン・栗など。
調味料はこしょう・カレー粉・唐辛子。

運を引き寄せる朝食でエネルギーをチャージ

朝のエネルギーは運気アップにとても大切なものです。風水では朝は「生気が生まれる時間」とされているのです。ですから朝日を浴びることや、朝食を摂るといった習慣によって運が大きく変わってくるということがわかります。
朝コップ一杯のお水を飲む習慣は、体に溜まった悪気を流すのに役立ちます。また、柑橘系のジュースは覇気をもたらしてくれるでしょう。生気を吸収する働きがある卵は積極的に摂りたい食材になります。

お酒も飲み方次第では運を引き寄せる

お酒は、風水的に推奨されるものではないと思っている人が多いのではないでしょうか? 実はお酒は、飲むときの感情次第で運気を上げたり下げたりするものなのです。
愚痴を言いながら飲むお酒や、飲みたくないのに飲むお酒は運気を下げ、楽しく飲むお酒は運気を上げるとされています。
実は、お酒は飲食の中でも、主食の次に運気に影響を与えるものなのです。言い換えるならば「良い運気を吸収できるアイテム」というわけです。中でも、日本酒やワインは大地の生気を体に取り入れることができるものとなっているため、風水的にもオススメです。
お酒は「陽気」を与えてくれるものとして、上手に食生活に取り入れ、飲みすぎに注意しながら活用したいものですね。

番外編:1人暮らしの食事ポイント

1人暮らしの人は、栄養のバランスが偏りがちです。また、食事は笑顔でいただくことが基本ですが、1人の食事は笑顔でいただきづらいものでしょう。
そんな時、運気を下げないためにできることは、「いただきます」「ごちそうさま」と声に出すことです。 スマホを操作しながらではなく、食事のときは食事に集中し、食べ物のエネルギーを感じ取ることが大切です。
また、朝食を抜くことは一日のスタートをガソリン無しで走るようなものです。ヨーグルトドリンクやフルーツジュースなど、手作りでなくても市販のものでも構わないので胃に何かを入れてあげましょう。
そして、疲れた日はどうしてもお惣菜やお弁当を買ってしまいますね。理想的なのは自炊をしてバランスの良いものを摂取することですが、理想どおりにはなかなかいかないものです。 そんな時は、買ってきたものをお皿に移し変えていただくようにしましょう。「洗い物が増える」そう思いがちですが、パックのままいただくのと、お皿に移してからいただくのとでは、食べ物の「格」が違います。気分的にも異なるため、そのエネルギーを取り入れることができるのです。作ることに比べたら、そんなに面倒なことではないはずです。

まとめ

このように、食べ物はただ胃袋を満たすものではなく、風水では運気をチャージするためのものでもあるということがわかります。 五行食の意味を知ると、体の不調に合わせた食事をすることができるだけでなく、運を引き寄せることが出来るのです。

text:common編集部

Posted by admin