common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

母乳による消費カロリーはどれくらいある?母乳ダイエットとは?授乳中に痩せすぎたり太ったときの対処法

2019.5.24
妊娠を機に体重の増加が気になる方も増えているのではないでしょうか。産後は特にホルモンバランスが妊娠前と違ってきているので、痩せにくいと悩んでいる女性も多くなっていることでしょう。しかし、痩せないと嘆く女性がいる反面、母乳がしっかり出るようになって痩せたと喜ぶ女性もいるのです。その名も母乳ダイエット…。そこで今回は母乳の消費カロリーはどれだけあるのか、母乳ダイエットとはどのようなものなのかについてご紹介していきます。

母乳ダイエットとは何?いつから痩せるの?

産後にダイエットをしたわけではないのに、母乳をあげていたら痩せたという声を耳にしたことはありませんか。これは母乳ダイエットと呼ばれており、母乳ダイエットとは赤ちゃんに1日おっぱいをあげることで、運動せずにカロリーを消費できると言われています。母乳は産後すぐから2週間くらいで母乳量がしっかり出てくるようになるため、1か月で完全母乳になる女性が多くいるそう。母乳ダイエットの効果は大体母乳の量が安定してくる1か月程度から出てくると見込まれます。妊娠中に蓄積された脂肪は通常の脂肪に比べて、水分が多く燃焼しやすいと言われています。産後時間が経つにつれて頑固な脂肪に変化するため、産後ダイエットは産後6か月までに行うとダイエット効果が得られやすいそう。つまり、母乳ダイエットを行うのであれば1か月程度で痩せ始める代わりに6か月までの短期決戦と言えるでしょう。

母乳による消費カロリーとはどれくらいある?

赤ちゃんが口にする母乳は、豊かな栄養素が含まれているだけではなく免疫成分も多く含まれており、赤ちゃんにとっては大切な食事と言われていますよね。そんな母乳での育児はカロリーを消費すると言われており、自然と産後ダイエットが行えると言われます。

母乳の消費カロリーというと、大体100mlに対して60~70キロカロリーあると言われています。1日に赤ちゃんがお母さんから摂取する母乳のカロリーは500キロカロリーと言われているため、お母さんは母乳をあげるだけで500キロカロリーもの母乳を消費していることになります。この500キロカロリーはジョギングだと80分間もの運動量に相当するため、母乳の消費カロリーはかなりあると考えられます。

Posted by admin