common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

痩せ癖オン!「無性に食べたい」を抑える7つの方法

2018.2.23

今食べたい!という突発的な欲望に負けて食べてしまうのは、デブ癖の代表例。そこで自分を上手にコントロールすることが、痩せ癖を身につける第一歩になります。ここでは、「無性に食べたい」を抑える7つの方法をご紹介していきます。間食がクセになっている方、必見です!

1、深呼吸をする

その食欲はイライラからくるものではありませんか?無意識のうちに、食べることでストレスを発散しようとする女性は多いものです。食べたい!と思ったら、目を閉じてゆっくり深呼吸してきましょう。気持ちが落ち着いていきますよ。

2、水を1杯飲む

水分不足になると嘘の空腹に襲われることがあります。試しにコップ1杯の水をゆっくりと飲んでみて。喉の渇きがなくなると、嘘のように食欲がどこかへ行ってしまいます。身体が冷えないように、白湯だと尚良しです。

3、グレープフルーツの香りを嗅ぐ

食欲を落ち着ける柑橘系の香りは、ぜひ味方につけてみてください。リラックス効果もあり、無償に食べたい欲求から解放してくれます。ポーチに入れて持ち歩ける、精油(アロマオイル)がおすすめです。

(※精油は、直接肌につけないようにしましょう)

4、お腹を触る

絶賛ダイエット中の方ならこれが効果的。お腹を触って現実を思い出せば、食欲に身を任せて食べる気持ちが一旦収まるはず。「そうだ!痩せるんだった!」と目標を再確認してみましょう。

5、歩く

食欲に襲われる瞬間、座っていることがほとんどではないですか?軽く体を動かせば、食欲を誤魔化すことができます。それでもお腹が空いていたら、それは本物の空腹です!食べ物を口にする前に、5~10分程度歩いてみましょう。

6、好きな人の写真を見る

ドキドキするような相手の写真を見ると、アドレナリンが分泌されるかも!そうすれば食欲はスッと落ち着いていきます。恋愛のことを考えるだけでも良いですね。騙されたと思って試してみて。

7、マウスウォッシュをする

歯を磨いたり、マウスウォッシュをしたりして口の中をすっきりとさせるのも効果的。気分もリフレッシュできます。持ち歩けるタイプのものも増えているので、取り入れやすいですね。

キレイになるためには、食欲に振り回されないちょっとした工夫を取り入れることが大切。習慣化すれば、簡単にできることばかりですよ。食べたい欲求に襲われたら、ぜひ思い出してみてください。

text:common編集部

Posted by admin