​​ common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

女性がイク前の感じる体位をご紹介!彼氏とより感じるセックスがしたいときの体位でおすすめは?

2019.4.20

「セックスのとき、イク前に感じる体位を知りたい」このように悩んでいる人もいるでしょう。体位と言うと、正常位やバックといった王道なものを想像するかもしれませんが、実は、イク前にものすごく感じる体位もあるんです。今回は、そんなイク前の感じる体位をご紹介していきます。

イク前の感じる体位①屈曲位

イク直前で感じる体位でまずおすすめするのが、「屈曲位」です。屈曲位とは、足を伸ばして相手の肩においた状態の体位です。正常位の変形バージョンで、より相手のペニスを奥に入れることができ、感じやすくすることが出来ます。正常位と比べると、足を上げるので膣の方にも力が入りやすく、お互い気持ちよくなれます。イク前で一番感じる体位なので、フィニッシュ前にぜひ試してみてくださいね。

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

イク前の感じる体位②浮き橋

続いてのイク前で感じる体位は、「浮き橋」です。これは、後背位(バック)の変形バージョンで、ちょっとだけ難易度が高いのが特徴的です。まず、うつ伏せで横向きになり、足を折り曲げます。その状態でパートナーに腰を抱えてもらい、挿入します。あまり膝を折りすぎたり、無理な体勢をしてしまうと辛くなってしまうので、なるべく自分が楽になるような状態にしておきましょう。バックの途中からこの体位になったり、正常位から移行することも可能です。

イク前の感じる体位③撞木ぞり

続いておすすめなイク前の感じる体位は、撞木ぞりです。こちらは、女性が男性に背を向けた状態で挿入する体位です。他の体位とは違い、クリや乳首が触りやすいというメリットがあります。挿入しているときに相手からクリや乳首を触ってもらえば、ものすごく感じることが可能です。ただ、その分こちらが動いてしまうとペニスが抜けやすいというデメリットもあります。ある程度は男性に動いてもらいましょう。

セックスで感じるのは体位以外にも!中イキするにはどうすればいい?

セックス中に中イキしたいと思っている人は多いですが、確実にイクにはどうすればいいのでしょうか?まず、基本的にセックス中にイクためには事前に膣を開発しておく必要があります。そもそも膣は感覚自体が鈍いので、下手に動かしたとしても中イキすることは出来ません。感じる体位をしたとしても、開発していない状態で中イキするのは難しいんです。中イキできるように日頃から練習しておく、愛撫をしっかりしてもらい、中イキしやすい体にしておくとセックス中にイキやすくなります。ですので、セックス中に確実にイクならしっかりとイキやすい体を作っておきましょう。

ちょっとマニアックな感じる体位

先にご紹介した体位以外にも、イク前に感じる体位はまだまだあります。ここでは、その中でもかなりマニアックな体位をご紹介していきます。彼氏と普段とはまた違ったセックスをして盛り上がりたいという人は、是非参考にしてみてください。

駅弁

AVでよく見かける、駅弁。男性が女性を両手で持ち、その状態で挿入する体位です。相手が力持ちでないとかなり難しいですが、その分普通の体位と違ってアブノーマルな快感を味わうことが出来ます。アブノーマルな方が感じやすいという人は、ぜひこの体位を試してみてください。

抱き地蔵

対面座位とちょっと似たような体位ですが、奥まで届きやすく気持ちよくなりやすいのが特徴的な体位です。男性がソファに座り、その状態で挿入します。深い挿入感を味わうことが出来るので、いつもよりもイキやすくなります。いつもとはちょっと違った体位を試してみたいなら、抱き地蔵がおすすめです。

より感じたいなら、セックスする場所を変えよう

また、セックスでより感じたいなら場所も重要になってきます。感じる体位とセットにすれば、もっと気持ちよくなれるでしょう。たとえば、セックスで濡れてしまい、いつもシーツを汚してしまう…そういった場合はバスルームがおすすめです。部屋よりやや狭いですが、その分汚しても大丈夫ですし、なおかつ声も反響しやすいので興奮することができ、より感じるという女性もいるでしょう。ただし、あまり大声を出してしまうとうるさくなったり、近所迷惑になったりしてしまうので要注意です。また、実家や一人暮らしの家のお風呂は狭いので、なるべくならラブホのバスルームがおすすめです。

セックスをするときの注意点

感じる体位でセックスをする際には、色々と注意点があります。これらを怠ってしまうと、安心してセックスが出来ないのでしっかりとやっておきましょう。

大きい喘ぎ声を出さない

当たり前ですが、いくら良く感じるからと言って、大きな喘ぎ声は出さないようにしましょう。人に聞かれてしまう危険性はもちろん、彼氏からもドン引きされてしまいます。手で口を押さえる・シーツや毛布を口に入れておくなどして対処しておきましょう。

避妊はしっかりと

バスルームなど変わったところでセックスをするにしても、避妊はしっかりと行いましょう。妊娠や性病感染のリスクを防ぐことが出来ます。彼氏の方にも避妊するようにしっかり行っておきましょう。

最後に

今回は、感じる体位について解説していきました。王道な体位からマニアックな体位までこなしていけば、確実にイクことが出来ます。また、事前に中イキ出来るように準備しておけばもっと気持ちよくなることも可能です。ぜひ試してみてくださいね。

text:common編集部

Posted by admin