common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

色気のある女性がモテるのはなぜ?色気の意味を理解してメイクや髪型、服装を変えてみよう

2019.4.15

色気のある女性は、モテるイメージがありますよね。このため、色気のある女性を目指している人は、案外多いでしょう。では、色気とは一体どういう意味かは考えたことがありますか?
今回のテーマは「色気」、色気のある女性がモテるその理由について、深く見ていきましょう。

色気の意味を理解しよう

色気の意味について、誤解をしている人もいます。まずは色気の意味から、しっかり把握をするのが大切に。色気というのは、異性を引き寄せる魅力のことを意味していますが、この中でも性的な魅力を指す場合が多いでしょう。このため、できるだけ露出の多い色気のある服装を着て、モテようとする女性もいます。
でも男性にとって、露出が過度になるとあまり良い印象を持たないもの。色気を出そうとして失敗したら意味がありませんよね。多少の隙は必要ですが、あまりにも露出が多いとしたら「この女性とは、真剣な恋愛ができない」と思われてしまうのです。遊びの恋愛ばかり繰り返している女性のように思われて、真面目な男性は近づいてこないでしょう。
結果として、遊び目的の男性だけが近寄ってくる可能性もあるのです。女性も遊ぶつもりなら良いのですが、そうではないとしたらあまり露出の多い服装ばかり選ばないようにしたいですね。

色気のある俳優がなぜモテるの?

色気については、女性だけでなくて男性にもあるもの。例えば色気のある俳優は、女性からモテる傾向がありますよね。セクシーに感じるので、女性としては魅力を感じるのです。ドラマなどで色気を感じる男性俳優を見ると、自分を相手役の女性と重ねて、ドラマの世界に浸ってしまうケースもあるでしょう。セクシーな俳優がモテるのは、隙があるからではないでしょうか。また、俳優だけではなくて、アーティストでも色気のある人はモテますよね。
異性から色気があって素敵だなと思われる人は、基本的に同性からは好かれない傾向があります。
素敵な人でうらやましいと思う場合ありますが、なんとなく媚びを売っているように思われる可能性もあるのでしょう。それよりも、もっとしっかりした雰囲気の人の方がいいと思い、同性として見ていて不快に思う例もあるのです。

色気のある男性俳優を見習うと良いことも

女性としては、色気のある女優や女性芸能人ばかりを見習おうとするかもしれません。でも例えば色気のある男性俳優からも、学ぶものはあるはずです。色気のある俳優を見ていると「なるほど、こういう仕草もいいかもしれない」と思う時があるでしょう。
女性からの色気とはまた違う色気を、男性が発しているケースもあります。でもこれを女性が、上手に活用できる時もあるでしょう。たとえば言葉遣いや異性に対する態度など、他の人とは違う魅力に色気を感じることがあるかと思います。
特に色気があると評判の俳優については、その色気の正体について探ってみるようにしましょう。女性がドキッとすることと、男性が思うものは違うと決めつけてしまわずに、柔軟に考えていきたいですね。色気のある俳優が持つ独特の魅力については、できれば自分の中に取り入れるようにしたいもの。色気のある女性芸能人だけを見ていても、今よりも色気を出すのは難しいかもしれません。

色気はメイクだけで出せる?

色気はメイクでも出せると思う女性は多いですよね。でもメイクだけで色気を作っても、それは表面的なものになってしまうのです。メイクをして、色っぽくなったと喜んでいても仕草や振る舞いに色気がなければ、男性からは好かれないでしょう。メイクが上手な女性でも、色気のあるメイクができない人もいます。自分ではこれで完璧!と思っていても、男性から見るとさほど色気を感じない可能性も。選ぶメイク用品だけで、色気を表現するのは難しいのを、事前に理解したいですね。これは、髪型にも言えるのです。
色気のある髪型にしたから、これでセクシーに見えるだろうと思っても、仕草や行動により、全然色気を男性が感じない例もあるのです。

色気があるなと思われる髪型とは

色気を出すには表面的なことだけを整えても仕方ありません。メイクと同じように、髪型にも同じことが言えます。それでも気になるのは、どんな髪型だと色気があるなと思われるかです。行動や仕草が色っぽくても、髪型がぼさぼさだったら色気を感じないということもあるでしょう。
一般的に色気を感じさせる髪型は、ヘアアイロンなどを使用して緩く巻いたヘアスタイルです。そのまま下ろしているのでも、ポニーテールやハーフアップにするのもいいでしょう。
もし、髪をまとめるなら、うなじを綺麗に見せる髪型がおすすめです。女性のうなじには色気を感じる男性が多いので、髪型に悩むときは綺麗なうなじをどう見せるか考えて、ヘアアレンジをするといいでしょう。

異性から色気を感じる服装のパターン

メイクや髪型だけでなく、行動や仕草でも色気を感じさせるものが完成されてきたら、あと気になるのは服装でしょう。先に紹介した通り、露出度が高い服装が色気のある服装だとは言えません。肌を見せすぎている女性は下品と感じる男性もいます。
色気のある行動や仕草を身につけることができたなら、それを美しく見せる服装を選ぶと更に色気が感じられるでしょう。たとえば、ブラウスワンピースでも色気のある行動と合わさると、色気のある服装に感じられます。
また、一般的に色気のある服装といえばスカートというイメージが強いかもしれませんが、パンツスタイルでも色気は感じられるでしょう。身体のラインが出る服装ならば、色気のある行動を取ったときに映えるのではないでしょうか。自分に合った服装で色気を演出するのが、一番しっくりくるでしょう。

女性の内面から出る色気効果の意味について

色気の意味とは、外見から感じられるものだけを指すのではありません。男性がドキッとするのは、内面からにじみ出る色気の場合もあります。内面から自然に出てくる色気は、飾り気のないものかもしれません。女性から見ると「あまり色気のない女性」と思う人でも、男性から見るとなぜかとても色気を感じるパターンもあり、男性の考えることは意味がわからないと感じることもあるでしょう。
内面からにじみ出る色気については、本人は気が付いていないこともあるのです。でも女性らしさを意識して、振る舞いについても上品にしている可能性があるでしょう。色気を出したいと思っていなくても、女性らしさを大切にしている女性なら、男性から見ると「素敵だな…」と、好きになってしまうケースがあるのです。

色気より食い気の女性は実は色っぽい?

色気より食い気というのは、女性からすると褒め言葉には感じられないかもしれません。女性らしい部分を捨てて食欲に走るか、色気より食い気と言われるようになるのだろうと思う人もいるでしょう。ですが、色気より食い気と言われる人たちが、女性らしい部分を捨てているとは一概に言えません。男性の中には「よく食べる女性に色気を感じる」という意見もあります。
また、色気より食い気という言葉は、表面的なことに囚われず、相手の中身を重視するというたとえに使われることもあります。ならば、「色気より食い気」と言われる意味として、中身が美しいと言われている可能性もあるでしょう。

イラストから見る色気のある女性

色気のある女性の例に、イラストが挙げられることがあります。イラストは実際の人物とは違うので、男性が自分の理想を詰めることができたり、女性が自分の思う色気のある女性像を作ることができたり、色気のある女性の理想像としてイメージを作るのにイラストはぴったりでしょう。
また、男性が色気のある女性として漫画のキャラクターイラストを例に挙げることもあります。これも、架空のキャラクターだからこそ、イラストで好きに色気のある女性をイメージすることができるためです。実物の人間から色気を学ぶのもいいですが、男性に人気のあるキャラクターイラストから色気があると言われるポイントを学んでいくのもいいでしょう。

自分に色気があるのか診断する方法

色気のある女性になりたいと思っているなら、今の自分に色気があるのかどうか気になるところ。もし色気が自分にもあるのなら、これからもその色気を保っていくといいでしょう。ですが、色気が足りないようであれば、足りない部分を補完していく必要があります。
では、自分に色気があるのか診断する方法を紹介していきます。

・女性から色気があると言われた

色気があるかどうかは、同性の意見も聞いていきましょう。色気を出そうとすると、媚を売っている、はしたないと男性よりも女性の目の方がシビアであることが多いです。女性から「色気があるね」と言われた場合は、いい意味で色気のある女性に近づいていると診断していいでしょう。

・男性から色気があると言われた

男性の場合、セクハラ発言にならないよう、色気があるとはあまり言わないでしょう。そんな中で、色気があると男性から言われた場合は、思わず褒めたくなるような色気が出ていると診断できるのではないでしょうか。

・ナンパされることが多い

知らない人から声をかけられる、いわゆるナンパされることが多い女性は色気があると診断できます。ですが、気をつけたいのは「色気がある」と「遊べそう」のどちらの気持ちで声をかけてきたかです。遊び相手に見られる色気が出ている可能性も。

最後に

色気については、外見的なものよりも内面について気を付けるようにしたいですね。それができれば、男性が魅力を感じるような色気を出すのも可能です。内面から出る色気は、誰にも負けない魅力があるもの。どんなに外見を飾って色気を出そうとしても、内面から出る女性らしい色気には勝てないのです。時には、女性らしさを意識した言葉遣いをして、内面からどうすればもう少し色気が出せるのかを、考える時間を作るようにしてみましょう。思っていたよりも簡単に、色気を出すことができるかもしれません。

text:common編集部

Posted by admin