メンタル改善が痩せる鍵。ダイエット「停滞期」はこう乗り切ればいい!|common(コモン)

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

メンタル改善が痩せる鍵。ダイエット「停滞期」はこう乗り切ればいい!

2019.6.1

ダイエットをがんばっているのに、なかなか体重が減らない停滞期。ストレスが溜まり、ダイエット継続の分かれ道にもなる時期です。一体どうやって停滞期を乗り越えたらいいのでしょうか?今回は、停滞期はなぜ訪れるのか、そして停滞期の乗り切り方をメンタル面からまとめてみました。

停滞期突入で体重が減らない!

ダイエットを始めて、最初は体重が減っていったのに、ある時からピタリと変化がなくなってしまった・・・。そんな経験がある方は多いのでは?それがいわゆるダイエットの「停滞期」です。

がんばっているのに、なかなか体重が減らないとイライラ焦ってしまいますよね。ダイエットの停滞期はどんな風に乗り越えればいいのでしょうか。今回は、自身も停滞期で苦しんできた筆者が、停滞期の乗り切り方をご紹介していきます。 

そもそも停滞期はなぜ訪れるの?原因は何?

体重計に怒る女性

ダイエットが順調に進んでいて、徐々に体重が減っていたのに、ある時を堺に急に体重が減らなくなることをダイエットの「停滞期」と呼んでいます。

停滞期は、カロリー制限や糖質制限など、ダイエット中の食事制限や食事量に体が慣れてしまうことで起こると言われています。1日の摂取カロリーを1200~1500kcalにおさえたら、その中でエネルギーをやりくりするように“省エネモード”になってしまうのです。これは、人間が飢餓状態になっても生命を維持できるようにと備わっている、大切な仕組みでもあります。

つまり、ダイエットを頑張っていても誰にでも起こること。停滞期が来ること自体は、仕方がないのです。

どのくらいダイエットの停滞期は続く?

個人差はあるものの、停滞期は2週間から1ヶ月間続きます。ここを踏ん張れば、停滞期を脱出することができますが、心が折れてダイエットをやめてしまったりすると、失敗してしまいます。

ダイエット成功の鍵!停滞期の乗り切り方

鏡でスタイルチェック

仕方がないもの、いつかは終わるものと思っていても、ダイエットの停滞期は辛くストレスになりますよね。停滞期を上手に乗り越えるには、どうしたらいいのか。おすすめの方法をご紹介していきます。

1、体重にこだわるのを辞める

停滞期に入ったときには、なぜ体重が減らないのか悶々とした日々を過ごしたり、それによって大きなストレスを抱えたりする人もいます。しかし毎日、体重計に乗って一喜一憂をするのをこの期間だけはやめてみましょう。自分の体が停滞期に入っていることを確認するために、体重計に乗るのはいいですが、数値にこだわりすぎないこと。記録として残す程度にしておきましょう。

2、小さな変化を喜ぶ

体重が減らなくても、何か小さな変化は感じられるはずです。例えば体が軽くなった気がしたり、今までよりも食事の味を繊細に感じられたり、運動やお散歩をするのが楽しくなったりと、些細な変化を喜ぶようにしましょう。

今まで体重にこだわるあまり、見えていなかった自分の感覚を研ぎ澄ませば、小さな変化を喜ぶことができるようになります。

3、見た目の変化を重視する

体重の変化を気にしないようにする代わりに、見た目の変化を重視するようにしましょう。他人にはわからない程度でも、ウエストや顔が少しだけ細くなったり、今まで着られなかったようなファッションを楽しめるようになったりと、見た目の変化に気づくことによって、体が少しずつ変わっているのを実感できるはずです。ダイエットのモチベ―ジョンを保つために大事なことです。

4、停滞期=モードが変わった証だと受け止める

停滞期が来たということは、体が省エネモードに切り替わったということ。今までの努力が実を結び、次の段階に入ったという証拠でもあります。自分に厳しく一生懸命な人ほど、停滞期が訪れたことにショックを受けがちですが、がんばっている自分をもっと褒めてあげるようにしましょう。

目標達成まで自分に厳しすぎると、ダイエットが辛くなります。例えば「1ヶ月もダイエットが続くなんて、私ってがんばっているなぁ」や「向上心が高い私って素敵!」と鏡を見ながら自分を褒めるようにすると、気持ちが軽くなりますよ。

5、自分を信じる

がんばっているのに、うまくいかないときには「私の頑張りが足りないのかな?」や「がんばっているのに、私ってだめなのかな」などと自分のことを攻めてしまいがちです。気持ちが落ちてしまうと、何のためのダイエットなのかわからなくなってきますよね。

大事なのは、体重が落ちない時期でも自分のことを信じ続けることです。

「私ならきっとうまくやれるわ」や「そのうち体重も落ちるから、自分を信じてダイエットを続けていこう」と声に出してみてください。停滞期を抜け出したあとには、「ほら、やっぱり自分を信じてよかった」と思えるようになりますよ。

ダイエット停滞期を抜け出せなかったら?

驚く女性

あまりに停滞期が続く場合、体にとってはこれ以上痩せなくていいというサインかもしれません。体重と身長から割り出されるBMIが、痩せすぎ判定の18.5以下になっていないかチェックしてみましょう。BMI19くらいでも十分スリムなので、その体重で停滞期が訪れてしまったなら今後は、体型を長くキープすること、トレーニングでボディラインを変えることなどを目標にしてみてはいかがでしょうか。

肥満度判定基準(日本肥満学会より)
BMI18.5未満:痩せすぎ
BMI18.5~25未満:普通の体重
BMI25~30未満:肥満1度
BMI30~35未満:肥満2度
BMI35~40未満:肥満3度
BMI40以上:肥満4度

まだ痩せる余地があり、さらに停滞期の原因を考えても抜け出せない場合には、プロに相談するという選択肢も残しておきましょう。プロのパーソナルトレーナーなどに相談したら、あっさりと停滞期を抜け出せたという人も大勢いますよ。

 

停滞期はダイエット成功の大切な待ち時間

停滞期が訪れるということは、体が着実に変わってきているということ。なぜ停滞期に入ってしまったのかということを見直すためにも、毎日の体重や食事内容や量、タイミング、運動量や内容などを記録しておくことをオススメします。
自分が陥りやすい癖や習慣を客観的に見れば、「もう少しこうすればよかった」と改善しやすいからです。停滞期は体が大きく変化するための待ち時間だと捉えてみましょう。

番長みるく

番長みるく

元劇団四季のミュージカル女優で準主役デビュー後、6年間在籍。出演作は「ウィキッド」ネッサローズ役や「サウンドオブミュージック」など。 ライザップボディメイクグランプリ2016年スタイルデザイン部門関東&全国優勝の経験もある。外資金融の勤務経験もあり、恋愛、自己啓発、金融、ダイエット、筋トレ、レシピの記事が得意。
Instagram @banchomilk_

LINE@友達追加

美尻特集