決定的な違いはコレ。痩せている女性が欠かさない7つのこと|common(コモン)

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

決定的な違いはコレ。痩せている女性が欠かさない7つのこと

2019.5.19

痩せている女性と太っている女性の違いは何なのでしょうか?痩せている女性との決定的な違いは、毎日の習慣と意識の持ち方の違いです。たった1つの行動を詰め重ねることによって、痩せている体型をキープすることができます。痩せている女性の習慣を見ていきましょう。

痩せて綺麗になるにはどうすればいいの?

常に痩せている女性もいれば、どんどん太ってしまう女性もいます。何かとてつもない努力をしているわけではなさそうなのに、いつもスラリとしている女性とは何が違うのでしょうか?

痩せている女性の意識の持ち方や毎日の習慣を見ていきましょう。

痩せている体型を維持する習慣をつけるメリット

痩せている女性は、何か厳しいルールを自分に課しているというよりも、少しの意識の持ち方の違いでスタイルの良さをキープしています。それは、「美は一日にしてならず」ということを知っているからです。

ダイエットを大成功させることも素晴らしいですが、少しの心がけを続けるほうが楽だということをわかっているからです。

痩せている女性が欠かさない7つのこと

痩せている女性は、毎日どんな習慣があり、意識を持っているのでしょうか?

1、早寝早起き

痩せている女性は規則正しい生活をしていることが多いです。早寝早起きを心がけることによって、朝型生活になり、活動時間も長くなり、それに伴って代謝が上がります。早起きをすると、明るいうちから体をよく動かそうというモチベーションも維持しやすく、体も気分もスッキリします。

朝9〜10時に起床すれば、頭も体も活動の準備が整うのは昼近くになってからになってしまいます。朝5〜7時に起床すれば、午前中の時間を有効活用できますよ。

2、食事中は会話を楽しむ

レストランで会話する女性

痩せている女性は食事よりも会話に夢中になりがちです。ランチや飲み会などで食事をするときに、食べることに執着せずに会話を楽しむことを大切にしています。目の前にいる人との会話やその場の雰囲気を楽しむことに集中していて、食に対して損得勘定をあまり持っていないように感じます。

反対に太りやすい人は、ビュッフェでは「支払ったお金の元を取るためにたくさん食べなきゃ!」と会話そっちのけで食事を皿にたっぷり盛っています。量よりも、食事の味や雰囲気、会話を楽しむことが大切です。

3、ちょこちょこ食べる

痩せている女性は、一気に食べるよりもちょこちょこつまむように食べている人が多いようです。仕事など、食事の時間が確保できないからと1日2食にがっつり食事を摂るよりも、動けないほどの満腹感は得られなくても、1日4〜5回に分けてちょこちょこ食べるようにしています。

毎回の食事は腹5~7分目にして、こまめに完食や食事を摂ることで、空腹状態を続かせないようにしています。これにより、食べ過ぎや血糖値の急上昇を防いでいるのです。

4、厳しすぎるダイエットルールを自分に課さない

痩せている女性は、短期間で一気に体重を落とさなければならないような厳しいルールを自分に課さないようにしています。ご飯を全く食べない!と決めてしまえば痩せるかもしれませんが、食事内容を元に戻してしまえば結局また太ってしまいます。

自分に厳しくするのは素晴らしいですが、それが長期間続くと辛くなってしまったり、飽きてしまったりする可能性があるからです。

楽に痩せる習慣を続けるために「あれもこれも食べない!」などの厳しいルールではなく、「これだけは守るけど、あとはその時々で決める」くらいのゆるさがある方が、続けやすいです。

5、全身を毎日はだかでチェック

鏡で全身チェックする女性

痩せている女性は、自分のスタイルをこまめにチェックするようにしています。お風呂に入る前後や着替えるときなどに、裸になって全身をチェックすることによって、今の自分の体型がどうなっているのかを確認しています。

「ちょっと太ってきたかも」と早い段階で気づくことによって、食事の内容や量、タイミングに気をつけたり、運動量を増やしたりするようにしています。

一方太ってしまう女性は、お腹の贅肉が増えていてもなかなか気づきません。たくさんの脂肪を減らすには、それなりと労力と時間がかかってしまいます。

6、外食後はこまめに歩く

痩せている女性は、たっぷり食べすぎてしまったと感じたときや外食したときには、なるべく歩くようにしています。「食後の運動に、一駅多めに歩こう」や「食後の運動をしよう」が口癖で時間があれば歩くように心がけています。

食べた分のカロリーは少しあるくだけでは、実際には消費できませんが、この心の持ち方が大事。日々こまめに運動をすることで、エネルギー消費量は確実に増えます。全く歩こうとしない人に比べ、基礎代謝も高いかも。

7、スタイルチェックできる服を持っておく

タイトジーンズ

痩せている女性は、自分のスタイルをチェックする基準となる服がある場合もあります。例えば「このジーンズに入らなくなったら、ちょっと太ってきた証拠」などの服があれば、早い段階で自分の体型の変化に気づくことができるからです。

普段からシルエットが隠れるような服、ウエストがゴムのゆるいパンツなどを愛用しているなら注意が必要。スタイルチェックできるようなタイトな服を取り入れていきましょう。

 

あの人はだから痩せている!

痩せている女性には、共通した習慣や意識があります。実践できそうなものから真似していくことによって、痩せやすい生活を送ることができるかもしれません。考え方や行動を真似て、ダイエットを成功させましょう。

番長みるく

番長みるく

元劇団四季のミュージカル女優で準主役デビュー後、6年間在籍。出演作は「ウィキッド」ネッサローズ役や「サウンドオブミュージック」など。 ライザップボディメイクグランプリ2016年スタイルデザイン部門関東&全国優勝の経験もある。外資金融の勤務経験もあり、恋愛、自己啓発、金融、ダイエット、筋トレ、レシピの記事が得意。
Instagram @banchomilk_

LINE@友達追加

美尻特集