common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

LINEが続かないのは相性が悪いから?友達、男性、好きな人とLINEを続けるコツとは

2019.3.18

LINEが続かない友達や男性、好きな人に対して、悩むような場面もありますよね。できればLINEを長く続けたいと思うとしたら、どうすれば良いのでしょうか。今回はLINEが続かない理由やこれからのやり取りの仕方について、LINEを続けるコツをお伝えしていきましょう。
 

LINEが続かない友達について

LINEが続かない友達に対して「この人とは、これ以上仲良くなれないのかな」と思う時もありますよね。でも仲のいい友達だとお互いに相手の性格が分かっているからこそ、LINEでのやり取りがあまり必要ないケースもあるのです。できればやり取りを長く続けたいとこちらが思っても、友達の都合もありますよね。もしLINEが続かないからと言って、親しくなれないと思い込まないようにしましょう。相手がLINEを、あまり得意としていない場合もあるのです。友達とは会って話す方が楽しいから、LINEでのやり取りは極力短くしたいと思う人も。
こう考えると、LINEが続かない相手だから親しくなれないとは限りませんよね。もしも自分がやり取りを続けたいと思っても、相手が早めにやり取りを切り上げたいように感じたのなら、それに従うようにしましょう。そのあと、数日経ってから電話をしてみるなど連絡の取り方を変えてみると、友達がLINEを苦手としていただけで、電話では長く話すというようなこともあります。

LINEが続かないのは話題がないから?

LINEが続かないのは、話題がないのが原因のように思う人も。ですが、話題が豊富な人ならLINEが続くかというと、そういうわけでもないのです。話題があっても、LINEでは表現がしづらいケースもありますよね。あまり深く思わずに、違う方法でやり取りをするように心がけるのも、ひとつの方法なのです。もしくは、相手にとって楽しいと思えるような話題を、LINEで伝えて様子を見るようにしてみましょう。いくつかの話題を出しても、なぜかLINEが続かないとしたら理由は話題の有無ではないことになりますよね。このため、電話や直接会った時に話題を多く出すようにして、仲良くなるようにしましょう。

LINEが続かないと脈なしの可能性も

好きな人とLINEが続かないと、脈なしの可能性があるように思い、落ち込んでしまうこともあるのではないでしょうか。でも相手が忙しくて、LINEのやり取りが出来ない状況の時もあるのです。LINEが続かないと、脈なしだから諦めようかな…と思ってしまうケースもあるでしょう。でもたまたま、相手のタイミングが悪かっただけかもしれません。もし毎回LINEが続かないとしたら、相手が長くやり取りをするのを避けている可能性もあります。
でもこれについても、脈なしだからではなくて、ただLINEで長くやり取りをするのが苦手なだけかもしれません。LINEが続かないと、脈なしなのではないか、嫌われているのではないかと、続かない理由について悩みすぎる人もいますが、相手はあまり深く考えていないケースもあるのです。

LINEが続かない男について

LINEが続かないのはどちらかというと、男性の方が多いかもしれません。LINEでは必要な連絡事項だけ伝え合えれば十分だと思うのは、やはり男性の方が多そうですよね。女性としては、好きな人とゆっくりLINEでのやり取りを楽しみたいと思うもの。でも男性から見てLINEは、恋愛を深めていくためのツールではない場合もあるのです。
例えばデートの約束をしていて、その確認のためだけにメッセージを送ってくる男性もいるでしょう。そっけないLINEに脈なしだと感じることもあるかもしれませんが、これは相手の女性が好きではないという意味ではありません。LINEは連絡手段に使うものだと思っている男性が取る行動です。LINEが続かない男性よりも、続く男性の方が楽しくて安心すると思う女性もいるかもしれません。
でも本当の意味で、自分を大切にしてくれる男性なのかを、しっかり見極めるには、LINEが続くか続かないかはあまり関係ない場合も多いでしょう。

LINEが続かない彼女に対して彼氏の心理

LINEが続かない…と彼女に対して彼氏が悩むケースもあります。付き合ったばかりで、これからもっと知っていきたい、仲良くなりたいと思う彼女なら、たくさんやり取りをしたい、長くやり取りをしたいと彼氏としては思うのでしょう。でも、彼女とやり取りをしていても、全然LINEが続かないと辛くなってしまうのです。彼氏の方からいつもLINEをして、彼女の返信が遅いのも彼氏としては気にしてしまうもの。付き合いが長いカップルなら、LINEが続かないような時があっても、彼氏としてはそんなに気にしないでしょう。
でも付き合って間もないからこそ、彼氏は彼女との連絡をとても大切にしているのです。彼氏からのLINEが多いように感じた時には、親しくなろうと努力をしていると考えましょう。自分も彼氏と仲良くなりたいと思うときは、あまり返信を待たせないようにしたり、彼女からも連絡をしたりするような配慮が必要になるのです。

・彼氏とのLINEで話題ないとき彼女が取る方法

彼氏が彼女と仲良くなりたいけど、LINEが続かないとき、話題がないから困っているということもあるでしょう。彼女としても、彼氏とLINEを続けたいけど、話題ないから送ることがないというときです。話題ないと思ったときは、身近なものを写真に撮って送るだけでも話題作りの一環になります。彼氏も彼女とLINEを続けたいと思っているため、写真の一枚からでも話題を見つけるでしょう。
話題ないと思ったとき、無理に文章を捻り出さなくてもいいのです。今日の晩御飯、桜が咲いたという報告、通り道にある美味しいご飯屋さん。なんでもいいので、日常の共有をしていくと話題も自然と増えていくでしょう。

・彼氏と彼女がLINEを続けるコツ

彼氏と彼女でLINEを続けるコツは、とにかく頑張らないことです。彼氏にLINEしなきゃいけない、彼女にLINEしなきゃいけないと義務になってしまうと続かないでしょう。楽しくやり取りするのが、LINEを続けるコツになります。話題がないときにも「何か送らなきゃ!」と思うと、プレッシャーを感じてしまって何を送ればいいか余計にわからなくなるでしょう。
反対に用があるときに送る、楽しいことがあったから報告する、仕事が終わったという報告だけ。日常LINEはうざいという意見もありますが、何か大きなイベントがなければLINEは送れないというわけではありません。毎日同じ内容を送られると、返信のバリエーションに困ってしまいますが、内容を変えていきましょう。なんでもないLINEでも楽しめるのが、カップルでやり取りを続けるコツです。

好きな人とLINEしたいときにやるべきこと

片思いのとき、好きな人とLINEしたいと思うでしょう。デートに誘うのも、アプローチするのも、まずは連絡先を交換するところから始めなければいけません。今、連絡先の交換といえばLINEです。だからこそ、好きな人とはLINEしたいと思います。

・好きな人とLINEの連絡先を交換するには?

好きな人とLINEしたいとき、連絡先交換するにはどうすればいいか迷いますよね。一番手っ取り早い方法は、好きな人と同じグループに入ることです。遊び仲間、仕事仲間、飲み仲間…。どんな仲間でもいいので休日や仕事帰りに一緒に過ごすメンバーに入ります。仲のいいメンバーになると、自然と全体で連絡先交換となるのです。同じLINEグループに入れば、そこから個別LINEすることもできます。「皆の前で相談しにくいことがあって…」とLINEしてみるといいでしょう。

・好きな人とLINEが続かないときの話題

好きな人とうまく連絡先を交換できても、なかなかLINEが続かないことがあるでしょう。LINEしたい…、でも話題がない…。好きな人相手だと緊張してしまって、どんな話題を送ればいいかわからなくなることはよくあります。でも、LINEしたいという気持ちを一番大事にするのがいいでしょう。「今、何してる?」の一言だけでも大丈夫です。
大切なのは、毎回同じ話題で送らないこと。なんでもない、日常LINEは親しくないとなかなか続かないものです。また、何度かLINEを続けないと新規の人とLINEする感覚は慣れません。LINEする頻度を考えながら、少しずつ仲良くなっていきましょう、

・毎日でもいい?好きな人にLINEする頻度

好きな人と毎日でもLINEしたいという人は多いでしょう。好きだからこそ、LINEを使って距離を縮めたいと思います。ですが、LINEの頻度は毎日だと多い場合もあります。まず、まだ仲良くなっていないタイミングでは、3~5日置きにLINEするといいでしょう。頻繁にLINEすると相手からしつこいと感じられますが、少なすぎると相手に印象付けることは難しいでしょう。
仲良くなってきたら、少しずつLINEの頻度を増やしていきます。毎日送ってもいいのは、好きな人と両想いという確信を得てから。LINEしたいと思っても、その頻度は好きな人との関係性によって変わるでしょう。

・好きな人にLINEする時間帯はいつがいい?

好きな人にLINEしたい!でも時間帯はいつがいい?と迷うことはありませんか。高校生や中学生など学生は、朝や昼、夕方など空き時間に送るとタイミングがぴったりと合うでしょう。学校の時間帯はほとんどが同じなので、自分のタイミングで送っても問題ありません。
ですが、社会人になると仕事時間帯というのは職種によってズレていきます。自分は働いているけれど、相手は働いている、またはその逆という可能性もあります。忙しいところに送られてきたLINEは、あとで返信するようになりますよね。そして、返信忘れしてしまう可能性もゼロではありません。LINEする時間帯に迷うことがないように、まず相手の活動時間帯を聞くようにしましょう。

最後に

LINEが続かない時には、相手に対してどう接していいのか困ることもあるでしょう。でもLINEのメリットは、自分の都合で返信できることでもあるのです。電話の場合は、どうしても出なければいけないこともある中、LINEの場合は返事を少し伸ばしたり、短い返事をしたりするのも可能でしょう。こういう便利なツールだからこそ、効率的に使っていこうと思う人もいることを、事前に理解したうえで、やり取りをしていくようにしたいですね。

text:common編集部

Posted by admin