common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

彼女の親に挨拶をするタイミングはいつがいい?服装や手土産は?彼女の親に挨拶する時の男性心理と女性に出来ること

2019.3.18

彼女の親に挨拶をする時に、服装や手土産はどうするか?家に行く時間帯は?など、男性は様々なことを考えるようです。そんなとき、男性はどのような心理になっているのでしょうか?今回は、彼女の親に挨拶をする時の男性心理や最適なタイミングについて見ていきましょう。緊張している彼氏をサポートするために彼女に出来ることは何か?も見ていきましょう。

彼女の親に挨拶をするタイミングはいつ?

彼女の親に挨拶をするタイミングは、いつがベストなのでしょうか。彼氏としても悩んでいる可能性があります。彼女の実家が彼氏の住む場所から近ければ、比較的楽に会わせることができますよね。「今日は実家に寄りたいので、一緒に行かない?」と、彼氏に言うのもいいでしょう。ただ、誘うタイミングが急だと、彼氏が断る可能性もあります。
彼氏としては、きちんと挨拶をしなければと身構えてしまう場合もあるので、いつ挨拶にいくのか、事前に伝えるようにした方が彼氏を安心させることができます。挨拶のタイミングでは彼女が彼氏の緊張をほぐしてあげるといいでしょう。

彼女の親に挨拶をするときの手土産は?

彼女の親に挨拶をするときの手土産については、彼女が自分の親の好きなものを用意して、彼氏に持たせてあげるようにすると良いでしょう。手土産を渡すタイミングはいつがいいのかも、彼氏が探るよりも彼女の方から切り出すとスムーズに進むでしょう。今までに、彼女の親に挨拶をした経験がない男性にとって、彼女の親に挨拶をする、手土産を渡すなどという行為はとてもハードルの高いことなのです。これについて理解をしたうえで、彼氏をフォローしてあげてくださいね。

親に挨拶に行く時間帯は彼女が決めるのがベスト

両親に挨拶に行くというときは、時間帯はいつがいいのか迷いますよね。深夜や早朝など、一般的に相手の家を訪ねるのに失礼な時間帯は避ける方がいいというのはわかりますよね。
では、午前の方がいいのか、お昼は避けた方がいいのか、夕飯の時間帯がいいのか。自分の親に彼氏が挨拶に来るなら、彼女がいつの時間帯がいいのか決めて双方に伝えるといいでしょう。両親は娘が決めたことなら彼氏を責められませんし、彼氏も自分で決定するのではなく、彼女が決めてくれる方が安心します。「家族でご飯を食べに行こう!」とランチに誘うのでもいいですし、「挨拶だけしてご飯は食べないから」と決めてもいいでしょう。自分の両親の性格から、ぴったりの時間帯を決めてください。

付き合ってる彼女の親に挨拶をする時の男性心理 

付き合ってる彼女の親に挨拶をするとしたら、彼氏の心理は複雑な場合が多いです。嬉しいような不安なような気持ちになるでしょう。とても大切な彼女なら、その彼女の親と会って話して親しくなりたいと思うもの。でもとりあえず付き合ってる彼女の親に挨拶する必要はあるのだろうか…と面倒に感じてしまうのです。
カップルの年齢によっては、彼女が結婚を意識していることもあるでしょう。それに気が付いているとしたら、彼氏としても彼女の親に会うのは覚悟が要りますよね。彼女の親から、結婚について聞かれる可能性もあります。この時に「〇〇さんとの将来を、きちんと考えています」と言えれば良いのですが、彼氏としてはそこまでの確信がない場合も。
こういう時には、付き合ってる彼女の親に挨拶に行くのを躊躇してしまうでしょう。当日に困るようなことになりたくない、そして彼女や彼女の親に期待をさせたくないと思うものです。彼氏が誠実な男性の場合には、簡単には彼女の親には会えないという心理もあるのでしょう。

彼女の親に挨拶をして会話はどうする?

彼女の親に挨拶をして、会話についてはどうしたらいいのだろう?と思う彼氏は多いです。会話上手な男性だとしても、相手が彼女の親だとすると話は別ですよね。上手く会話を進めていくため、事前に彼女の親が好きなものについて、リサーチをしておきたいと思う彼氏もいます。彼女としても、自分の親がどういうことに興味を持つのか、そして人柄や性格についても彼氏に事前に教えておくようにしましょう。こうすれば、彼氏としては当日になっても慌てずに会話がしやすくなるのです。彼氏が恐れているのは、沈黙が続くこと。
会話がなくなって彼氏が困らないようにするためにも、彼女としては配慮をする必要があるでしょう。もしも沈黙になりそうな時には、彼女から話題を出すようにして場を和やかにするようにしたいですね。これができると、彼氏はとても安心するのです。そして会話など気遣いができる彼女なら、将来も一緒にいられると、彼氏としては思うでしょう。

彼女が両親に紹介してくれない時の男性心理

彼女の両親に会いたいと思う彼氏もいます。でも彼女に伝えても両親を紹介してくれない場合は、彼氏としては不安な気持ちになるでしょう。彼氏は、これから先もずっと彼女と一緒にいたい思いがあるのです。だから彼女の親に、きちんと挨拶をしておきたいと思うのでしょう。こういう中で、彼女が両親に紹介してくれないとしたら、二人の気持ちに温度差があるように彼氏は思うもの。
このまま自分だけが好きでいても、意味がないのでは…と思ってしまうかもしれません。なぜ紹介してくれないのか彼氏が悩み出す前に、まだ紹介していない理由を伝えるようにしましょう。このうえで、いつの時期なら紹介できるのかを言えば、彼氏は少し気持ちが楽になるはずです。

彼女の親への挨拶を同棲前にする時

彼女の親に挨拶をするのが、同棲前というケースもあります。この場合は、結婚を前提とした同棲の場合が多いでしょう。彼氏としても、結婚をきちんと考えているからこそ、同棲前に彼女の親に挨拶ができるのです。もし結婚について全然意識していないとしたら、彼女の親に会いにくいと彼氏としては感じるもの。でも彼女の親にきちんと挨拶をしておきたいのは、この同棲は結婚に結びつくものだと、説明をしたいからでしょう。
説明をしたうえで、理解をして承諾をしてもらえると彼氏も彼女もとてもホッとしますよね。

女性の両親に結婚の挨拶へ来たときの言葉は?

付き合ってる彼女の親に紹介されるとき、結婚の挨拶であるカップルが多いでしょう。今でも女性は男性の家に入ることが多いので、両親に挨拶するときは「娘さんをください」といったような気概で行く人が多いです。
ですが、今の時代は「娘さんをください」という言葉を出すと、「娘は物ではない」と返されることも。結婚の挨拶の言葉には、彼氏も神経を使います。彼女としても「彼女を大切にします」「幸せにします」といった言葉で挨拶してくれる方が嬉しいでしょう。
もし、彼氏がどういう言葉で挨拶するか迷っていたら、彼女の方から挨拶の言葉の候補を出していくといいでしょう。下手な言葉で挨拶に来ると、せっかく結婚の運びになっても親から許してもらえないかもしれません。

彼氏の両親に結婚の挨拶へ行くときの女性の服装

結婚の挨拶に行くのは彼氏だけではありません。女性も彼氏の親に挨拶に行くでしょう。そのとき、どんな服装で行こうか迷いますよね。一般的に結婚の挨拶に行くときの服装は、清楚系のワンピースがおすすめされています。ですが、動き回るのにスカートではない方がいいという女性もいますよね。服装は清潔感があるものなら、パンツスタイルでも大丈夫です。スカートは裾が短くないものを選びましょう。露出が少なく、派手ではない服装が男性の両親にも好印象を与えるでしょう。
今の時代に女性らしい服装だなんて…と思うかもしれませんが、彼氏の親にとって一般的だと感じられる服装が一番好印象を与えることができます。上手く付き合っていきたいなら、相手が好みそうな服装を選びましょう。

女性が結婚の挨拶に行くときの手土産は?

彼氏の両親や結婚の挨拶へ行くとき、女性も手土産を持って行くようにしましょう。男性よりも女性の方が手土産など気遣いができるといいと言われています。手土産は彼氏の両親が好きなものを持って行くといいでしょう。
ですが、男性は自分の両親は何が好きか?というのを気にしていない傾向があります。「何が好き?」と聞いてもわからないと答えられたら、女性側が自分で考える必要があるでしょう。男親はお酒が好き、女親は甘いものが好きとよく言われますが、「家でお酒を飲んでた?」「お土産のお菓子は喜んで食べてた?」など聞いて、好みを探るといいでしょう。
もし、何が好きかわからなければ、手土産はアレルギーにだけ注意して、地元の名産品を渡すといいでしょう。

女性も結婚の挨拶時にされそうな質問の答えは用意しておく

結婚の挨拶に行くとき、親は必ず質問してくるでしょう。何も聞いてこない親というのはまず、いません。では、結婚の挨拶でどんな質問が一番多いかというと「いつ結婚するの?」「結婚式はどこでやるの?」など、結婚についての展望を聞いてくるでしょう。男性が主導になって答えることが多い質問ですが、女性もこういった内容に対して答えを用意しておく必要があります。「彼にすべて任せているので私はわかりません」というのは、相手の親にい印象を残さないでしょう。きちんと彼と話し合って結婚のことを決めているとわかってもらうためにも、彼氏の両親から質問されそうなことは女性も答えられるように、二人の間で話し合い、意見を合わせておいてください。

最後に

彼女の親に挨拶をきちんとしてくれる彼氏を見て「この人を好きになって良かった」と、嬉しく思う彼女もいるでしょう。将来のことを考えたり、真剣な交際をしていたりするため、彼女の親と会おうとしてくれるのです。そう思うと、これからも彼氏を信用していこうと思えてくるはず。ただ、中には軽い気持ちで彼女の親と会おうとする彼氏もいるのです。このため、彼氏の性格や人柄をよく理解してから、親に会わせた方が賢明と言えるでしょう。彼氏を両親に会わせるとき、自分が彼氏の両親に会うときなどは、協力し合って乗り切るようにしましょう。

text:common編集部

Posted by admin