common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

旦那が何もしない…ストレスで離婚も考える?共働き、専業主婦、パートなど夫婦の状況別に考える今後の対策について

2019.3.18

旦那が何もしないと、共働きなのにどうして?と思う妻は多いですよね。実際に「家事は妻がやるもの」だと、決めつけている旦那もいるのです。例えパートだとしても、妻も同じように働いているのなら、家事や育児についても夫に協力してほしいところ。今回は、旦那が何もしない!と夫に思う時の対策について考えていきましょう。

旦那が何もしない…。共働きの場合どうすればいい?

旦那が家事や育児を全然しないとしたら、共働きの場合に妻としてはとても腹が立ちますよね。諦めて努力をする女性もいるでしょう。でも旦那としては、何をしたらいいのか分からないケースもあるのです。このため、妻から「あなたには〇〇をしてほしい」と伝えると、それならやってみようと思う可能性も。最初から諦めてしまわずに、共働きだということを理由として、家事や育児について夫に任せられるものは、出来るだけしてもらうようにしましょう。
また、黙っていれば妻がしてくれると、甘えてしまっている旦那もいるのです。言わない限りは、何もしなくてもいいと思っているのでしょう。でも妻としては仕事と家事と育児をしっかりこなそうと思うと、とても辛くなってしまうもの。本音を隠さずにその思いを旦那に伝えるのが、夫婦の関係を良くするためにも必要なのです。

旦那が何もしない…。専業主婦の場合どうすればいい?

旦那が何もしないとしても、専業主婦の場合は「働いていないのだから、家事や育児は妻がして当然」と思われる可能性が高いです。でも専業主婦は楽なわけではなく、旦那が知らない面で苦労をしていることもあるでしょう。主婦には、近所付き合いや子供の母親としての付き合いなどもあるのです。こういった近所との付き合いについて、理解しない夫もいます。専業主婦よりも仕事をしている旦那の方が偉いという考えを持たれると、妻としてはとても困りますよね。
家族や家庭のことで相談をした時ぐらいは、きちんと意見を言ってほしいもの。妻としても悩みを一人で抱えていると、とても辛くなってしまうのです。相談ではなく、旦那に毎日のように愚痴を言うようであれば、なかなか専業主婦の大変さを理解してもらえないでしょう。旦那に自分の悩みを理解してもらいたいときは、相談をしたいと伝えて時間を作ってもらうようにしましょう。男性は突発的な行動よりもスケジュールを立てて、筋道を立てた話の方が飲み込みは早いです。そのうえで旦那の意見や考えを尊重すると、今後は家のことをもう少し考えてくれると期待ができます。

旦那が家事しない…。パートの場合どうすればいい?

共働きの妻でも、フルタイムの正社員で働いているか、パートで働いているかによっても旦那が家事しないかどうかが変わってくるでしょう。妻がパートで旦那が家事しないときは、共働きでも自分の方が働いているという意識が強い可能性があります。自分の方が働いているんだから、妻に家事はすべて任せたいというケースですね。ですが、パートであっても妻は外で働いている身。家事しない旦那に対して、自分も頑張っているのに認めてもらえないと感じるかもしれません。
その場合、自分も働いているということをわかってもらうために、一日の家事をできる時間を夫に伝えてみましょう。差はあるかもしれませんが、共働きです。働く時間によって家事の時間の比重を変えてもいいので、旦那にも働いたあとの家事労働を体験してもらいましょう。

家事をしない夫にはどんな心理がある?

家事をしない夫の心理には、「自分は働いているんだから家事をしなくていい」というのがあるかもしれません。こういった心理を持っている男性というのは、自分の家庭では父親が働く、母親は家事をすると役割分担されていることが多いです。両親の姿を見て育ったため、男性が家事をするイメージはないというのが、家事をしない夫の隠れた心理でしょう。妻が家事をするものでは?と当たり前のように考えている男性には、家事をする夫と会わせて話をさせると常識の違いに気づくことがあります。
家事をしない夫が当たり前なのではなく、自分の中の常識だけで決めつけていたということを知ってもらうと、少しずつ夫の心理にも変化が見られるでしょう。

旦那が何もしないのでイライラした時には

旦那が何もしないのを見て、イライラした時にはそれを露骨に表現するのではなくて、笑顔で「○○を手伝ってほしい」と言ってみましょう。イライラして怒った顔で言ってしまうと、相手が反発してくるかもしれません。でも優しく笑顔でお願いをしてみると、仕方がないなぁと動く旦那もいるのです。これも妻としての知恵と言えるでしょう。旦那としても、頼られるのは嫌ではないはずです。そのため、妻から旦那に対して手伝ってほしい時には、イライラと文句をいうのではなく、上手く頼むようにしてみましょう。
夫のタイプによって、頼む方法や伝え方を変えるのが大切です。例えば友達の夫のケースでうまくいっても、自分の夫の場合は違うかもしれません。夫の性格や人柄を理解したうえで、頼めることを頼むようにすると、妻のイライラも軽減できるでしょう。

文句ばかりで何もしない旦那にストレスが増える

何もしない旦那にイライラする女性が多いのは、何もしないくせに文句ばかり多いからではないでしょう。家事をしている身として一番イライラしてストレスが溜まるのが、自分は何もしない旦那が文句ばかり言うことです。文句を言うなら家事を手伝ってほしい、自分でやってほしいと思っても、何もしない旦那はなかなか動きません。そのため、ストレスが溜まっていくでしょう。「何もしないなら文句も言わないで」とハッキリ旦那に言うのがおすすめです。言いたいことを溜めていくと、少しずつ気持ちも冷めていってしまう恐れがあります。

・何もしない旦那のせいでイライラするときのストレス発散方法

毎日の家事と何もしない旦那のせいで、イライラが溜まっているときのストレス発散方法を紹介します。文句ばかり言っていても、ストレスは減りません。自分にできることを始めてみましょう。ストレスを発散させるなら、カラオケなどにいって大きな声を出すのはおすすめです。「家事をしろ!」と叫んでしまっても大丈夫です。何もしない旦那に溜まった日頃の鬱憤を大声に出して忘れましょう。
また、バッティングセンターやボーリングなど、体を動かす場所に行くのもいいですよ。運動はストレスを軽減するのに効果的な方法です。外に行く時間がなかなか取れないというときは、家の中で素振りをするのもいいですし、シャドーボクシングで何もしない旦那をイメージして戦いましょう!

旦那が何もしないと妊娠中は辛い…

旦那が何もしないと、妊娠中には辛さを感じるものです。特に初産だとすると、妊娠中から初めての経験がとても多くて不安になりやすいもの。でもこの状況を理解してくれない旦那は、とても多いのです。食事の用意をしたくても、体調が悪くて出来ない妻もいますよね。
どう辛いのかについては、旦那にしっかりと伝える必要があります。無理をして更に体調が悪くなると、妊娠中の妻としてはとても困るでしょう。
妊娠をして心や身体に変化が訪れていると、旦那に話して理解してもらいましょう。二人の子供なのですから、旦那にも協力をしてもらいたいですよね。妊娠中から協力をしてもらっておけば、出産をした後も子供のお世話をしてくれる可能性があるのです。

旦那が何もしないので離婚したくなった時には

旦那が何もしないので離婚をしたくなる時も、実際にはあるものです。でも衝動的に離婚するようなことはせずに、冷静になるように意識をしましょう。言っても何も変わらない旦那なのか、言ってみると少しは変わろうとする旦那なのかで、状況が変わってくるのです。
離婚を考える前に、妻が旦那に対して手紙を書くのも、効果的と言えるでしょう。言葉で伝えても理解してくれない旦那なら、手紙に妻としての思いを丁寧に書くようにすると旦那の心に響く場合も。「妻がこんなにも我慢をしていたなんて…」と申し訳なく思う旦那もいるでしょう。家事をしない夫も妻の本当の気持ちを知ったら、行動を改めることがあるのです。また、離婚まで考えていると知ってから、自分の行動を振り返って改めようとする旦那もいます。

・何もしない旦那、家事をしない夫に仕返しする

家事をしないような夫に仕返しをしようと考えたことはありませんか?何もしない旦那を前にするとイライラする、家事をしない夫にストレスが溜まる…。だから離婚したいという気持ちもわからなくはありません。ですが、イライラしてストレスが溜まるから離婚となる前に、仕返しをして気持ちを落ち着けさせるのもいいのではないでしょうか?
ある日突然、家事を放り出して「実家の両親に問題が起きたので帰ります」と伝えたら、普段家事をしない夫は困るでしょう。何がどこにあるか?どうやって家の中のことをすればいいのかわからないという旦那であれば、充分な仕返しになります。
この仕返しに堪える旦那であれば、妻が毎日家事をがんばっていることを理解するようになるでしょう。ですが、何もしない旦那の中には「料理が作れないなら外で買ってくればいい」と節約の概念を持たない人もいます。仕返しをしても充分に妻を理解しようとしない男性は、離婚を考えてしまうことも増えるでしょう。

最後に

旦那が何もしないような時に、共働きのケースなら妻としてはどこにも居場所がないように感じて、とても苦しくなるもの。でもあまり我慢をせずに、旦那に対して伝えたいことは伝えるようにする勇気や努力が大切です。伝えた時に、相手がどういう反応をするかによって、次の行動を考えれば良いと思うと、気持ちが少し楽になりますよね。一度言うだけでは理解をしてくれなくても、数回伝えると分かってくれるケースもあるのです。信じて伝えるようにしているうちに、相手も自分の気持ちを言うようになり、きちんと話し合える夫婦になれる場合もあるでしょう。

text:common編集部

Posted by admin