common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

うまくいかない夫婦の特徴は?夫婦仲がうまくいかない時に乗り切る方法と夫婦間がうまくいく夫婦との違い

2019.2.7

夫婦間がうまくいかない夫婦にはどんな特徴があるか、知っていますか?新婚なのに旦那とうまくいかない、寂しいという夫婦もいるかもしれません。今回は夫婦仲がうまくいかない時に乗り切る方法や夫婦間がうまくいっている夫婦との違いなどから、うまくいかない夫婦の対処法を紹介していきます。

うまくいかない夫婦の特徴と対処法

うまくいかない夫婦には特徴があることがほとんどです。次の特徴に当てはまり、夫婦間でうまくいかないと感じている場合は、対処法を試してみてください。

うまくいかない夫婦の特徴①一緒のベットで寝ない

うまくいかない夫婦の特徴として、結婚してある程度経つと、一緒のベットで寝なくなってしまう夫婦が多いです。特に子どもができると、一緒のベットで寝なくなったという方は急増します。しかし、欧米では新生児の頃から、子どもは夫婦とは別の部屋で寝かせます。これは、子どもができても、夫婦のプライベートは重視するためです。これによって、セックスレスやコミュニケーション不足の予防になります。どれだけ夫婦仲がうまくいかない時でも、ベットを別にしてしまうと、余計に関係が悪化してしまう可能性があります。どれだけケンカをしても、その日の最後には一緒のベットで寝るということを心がけてみてください。

うまくいかない夫婦の特徴②家事を完璧にしようとする

結婚すると、女性はたとえ共働きであっても、自分が掃除、洗濯、食事などの家事の全てを頑張ってやろうとする方が多いです。旦那さんと一緒に行っている家庭でも、時々旦那さんが自分の担当分をやってくれなかったり、忙しくてできないという時には、お互いにイライラが溜まってくるのは、うまくいかない夫婦の特徴です。そんなときは、「無理に家事をやろうとしないこと」が大切です。外注するか、誰かに頼んで、家事の負担をできるだけ減らしましょう。今は家事代行サービスに依頼する家庭も増えてきていますよね。家事代行サービスの利用が難しい時は、休日はすべての食事を外食にしてみたり、平日は夕食だけ作るというように、最低限やらなければいけないことは自分でして、それ以外は休むようにすると、夫婦がする家事の負担が減って、関係がうまくいくようになります。

うまくいかない夫婦の特徴③本音で話し合えない

うまくいかない夫婦にはお互い遠慮し合うという特徴があります。夫婦は長く一緒にいる相手です。それなのに、本音で話し合うことができなかったら、ストレスが溜まりますよね。相手への不満があっても口に出せなければ、どんどん上手くいかないようになってしまうでしょう。このようなうまくいかない夫婦の特徴がある時は、相手に言いたいことはすべて伝えるようにするといいでしょう。不満だけではなく、嬉しいことも伝えるのがうまくいくための対処法です。

夫婦がうまくいかない時期について

夫婦がうまくいかない時期というものがあります。例えば子供に関連した内容や、お互いの親についての問題が起きた時など。子供なしの夫婦は「旦那とうまくいかない」「寂しい」と妻が悩むケースもあるでしょう。こういった時期が、夫婦仲がうまくいかない時期となるでしょう。それまでは、仲良し夫婦でいられたのに、子供なしの状態が続く、両親のことで問題が起きるなどをきっかけに突然関係が悪くなってしまうのです。
元々仲良し夫婦であれば、不仲な時期は寂しいと感じ、どうしたら元のように仲良しに戻れるのか…とうまくいかない時期はお互いに悩むでしょう。子供なしの夫婦については、早く授かりたいと思う妻とまだ早いと思う夫がいるケースもあります。思いのすれ違いが旦那のうまくいかない状況を生んでいることも。
こういう時には、なぜ早く授かりたいと思うのかを、夫に伝えるようにしましょう。男性の中には「子供は望めばすぐに授かる」と思い込んでいる人もいます。でも実際にはそうではなくて、女性が苦労をすることも多いですよね。お互いの親について意見が食い違い、旦那とうまくいかない時期に入ってしまった場合も話し合いが必要になるでしょう。時に、義母とのやりとりについてのトラブルは、夫に間に入ってもらい解決をするといいかもしれません。

夫婦がうまくいかない時、原因とは

夫婦がうまくいかない時の原因については、お互いに考え方が違い、相手の気持ちを理解できないというものがあるでしょう。でも夫婦仲が上手くいかない時は、お互いに歩み寄る必要があるのです。自分にとってこれは譲れないと思う考えについては伝えながらも、譲れる面については譲るようにしてみましょう。すべて自分の意見を押し通そうとするのは、夫婦仲の改善がうまくいかない原因となります。相手の考えについても、否定的に見ないで出来るだけ理解をするようにしたいですね。理解ができないと言い切って、相手と分かり合おうとしないことも旦那と上手くいかない原因となり、夫婦仲がこじれてしまう可能性も。
夫婦仲がうまくいかないと相手から見て、頼れる味方だとは思えなくなってしまうもの。これは、妻から見ても、夫から見ても同じですよね。お互いに対して味方でいられるように、相手の考えについてはしっかり聞くようにして、そのうえで自分の思いも伝えるようにしましょう。そうすることで、うまくいかなかった原因が取り除かれていくでしょう。

40歳夫婦がうまくいかないのはなぜ?

女性は40代で性欲がMAXになるというのをご存知ですか?男性は20代が性欲がMAXでその後だんだんと性欲が減っていきます。そのため、セックスに関しての意識にズレができてしまい、夫婦仲がうまくいかないようになります。特に、40歳の夫婦に関しては、子どもがいる方も多く、なかなかセックスの機会もつくれません。そうすると、夫婦間で知らず知らずのうちに気持ちに溝ができていってしまうのです。これが、40歳夫婦がうまくいかない大きな理由です。40歳夫婦というのは、女性は子育てがひと段落してきたという時期、しかし、男性にとっては中間管理職でまだまだ忙しさから逃れられません。40歳夫婦がセックスレスを避けるためには、休日に子どもを誰かに預けてでも、2人の時間を作ることが大切です。

夫婦間がうまくいかない夫婦とうまくいく夫婦の違い

夫婦間がうまくいくかうまくいかないかの違いとなる部分は、「相手への干渉」のレベルです。夫婦間で上手くいっている夫婦というのは、仲は良いけど、お互いのことにあまり干渉しすぎない夫婦が多いのです。このようなうまくいっている夫婦は、夫婦共に1人で自立できるお金と仕事があることが多いです。お互いに自分のお金は好きなことに自由に使えるので、趣味に使おうと相手の勝手。夫婦で干渉し合わないのです。一方で、夫婦のどちらかだけが働いていたり、共働きでも収入が十分でない夫婦は、しばしば夫婦間がうまくいかないといったことになりがちです。「愛よりお金」と言うこともあるように、やはりお金はある程度ないと、精神的に不安になってしまい、夫婦間もうまくいかないという状況になりやすいのが事実ですね。

夫婦仲がうまくいかないと離婚を考えるケースも

夫婦仲がうまくいかないと、離婚をしようかな…と思ってしまうケースもあるでしょう。これは夫が思う場合もあれば、妻が考えることもあります。もしくは双方が離婚について考えるような時もあるでしょう。でもせっかく縁があって一緒に歩んでいるのですから、すぐに離婚に結び付けてしまわずに冷静に考える時間を持ちましょう。どちらかの口から離婚の言葉が出ると「それなら…」と、相手も意固地になってしまうケースがあります。
でも相手が離婚の言葉を言ったとしても、衝動的に言っている可能性もあるのです。子供がいるのなら、子供を悲しませない方向性を一番に考えるようにしましょう。子供がある程度大きければ、両親の離婚についてどう思うかを、穏やかに聞いてみるのも必要です。でも子供に聞くのは、離婚を本当に考えた時にしましょう。親の都合で子供を振り回してしまうと、子供はとても辛い思いをしてしまうのです。夫婦仲がうまくいかない時に、子供を巻き込んでしまうと家庭内が壊れてしまう危険性も。守るべき子供を苦しめるようなことにならないように、大人として親としての行動をしたいですね。

夫婦のコミュニケーションがうまくいかない時には

夫婦がうまくいかない時期というのは、コミュニケーションがうまく取れていない時期でもあります。家庭内がぎくしゃくしている、相手の話について納得ができない、もっと説明をしっかりしてほしいと思うのなら、ストレートに言うようにしましょう。
特に男性は、コミュニケーションの中でも細かい説明をするのが苦手な場合が多いです。そのため、旦那の説明が簡素になることも。そんな時、表面的な相手の話だけを信じて嫌悪感を持ってしまうのは、残念なことだと言えるでしょう。
夫にはもっと深い考えがあるかもしれません。夫婦のコミュニケーションがうまくいっていない時、夫の考えについて深く聞くようにすると、納得ができて、お互いに歩み寄れる可能性が出てくるのです。家庭内で夫婦仲がうまくいかない時には、なぜこうなるのかについて、じっくり考えてみましょう。でも一人で考えすぎずに、夫と一緒に考える時間も持つようにしたいですね。そのうえで、見えてくる答えが必ずあるのです。

うまくいかない夫婦の特徴をチェックして行動を改善する

これまでうまくいかない夫婦の特徴を紹介してきました。もし、紹介した特徴に自分たちが当てはまっているなら、気をつけていきましょう。夫婦がうまくいかない時に、どんなに話し合ってもこじれてしまう場合もあります。こういう時には、しばらくは冷戦状態のままでいましょう。友達や知人に相談をするようにしたり、夫の兄弟に相談をしてみたりするのも良いですね。二人の間に誰かに入ってもらうようにすれば、もっとお互いに話がしやすくなります。
夫婦で話し合っていても、いつまで経っても関係が修復されないケースもあるでしょう。二人とも疲れてしまい関係がより悪化してしまうので、信頼できる人に対して頼る時も必要です。迷惑だと思わずに親身になって話を聞いてくれる、こういう時に相談できる相手を持っておくようにするといいでしょう。

夫婦関係がうまくいかない時の気持ちの対処法

最近はSNSで簡単に他人の幸せそうな夫婦を見て、自分の夫婦関係と比べて悲しい、寂しいといった心理状況になってしまう方が多いです。そんな方への対処法をご紹介します。

・旦那とうまくいかないのが寂しい

このように感じる女性の多くは、旦那さんが仕事で忙しい方が多いです。このような方は、客観的に周りの人間がみると幸せそうな夫婦に思われていることが実は多いのです。女性自身は、旦那が忙しくて構ってくれない=旦那とうまくいかない=寂しいと思っているのですが、実は問題は単純で2人で話す時間、スキンシップをとる時間を十分に取れていないというだけなんです。こんな方は、ジムに2人で行ったり、旦那さんの趣味に自分も参加してみたり、2人でいる時間を増やしてみましょう。

・新婚なのに旦那とうまくいかない

まず最初に新婚で旦那とうまくいかない夫婦の特徴として、結婚前に同棲したことが無かったという方が多いです。新婚で旦那と一緒に住み始めると、いろんなことを2人でしたり、今まで1人で自分のペースでやっていたことに関しても、お互いのことを気にしながら生活していくことになります。そうすると、お互いに慣れない生活の中で、ストレスが溜まり、新婚でも旦那とうまくいかない状況になってしまいます。そんな夫婦への解決法としては、「新婚だからといって2人で何もかも一緒にする必要は無い」ということです。これから結婚生活の先は長いのですから、お互いマイペースな生活を心掛けましょう。

最後に

今回はうまくいかない夫婦の特徴をまとめつつ、夫婦間がうまくいく夫婦の違いを見ていきながら、対処法を紹介してきました。新婚なのに旦那とうまくいかないと寂しいと思ったり、40代夫婦でも仲良く過ごしたいと希望を持つこともあるでしょう。夫婦がうまくいかない時、離婚を考えることもあるかもしれません。ですが、少し改善のための行動をとるだけで、もう一度夫婦間で仲のいい二人に戻れることもありますよ。

text:common編集部

Posted by admin