common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

プレゼントを女性に贈るとしたら?20代、30代、40代と年代別で選ぶプレゼントに工夫をしよう!1000円、2000円でも喜ばれる?

2019.1.12

プレゼントを女性に贈る場面もありますよね。プレゼントは20代、30代、40代と、年代や好みにより、もらって喜ぶものが変わるため、事前にリサーチをしておきたいもの。今回は、プレゼントを女性に贈る時に知っておきたい内容について、お伝えしていきましょう。
 

プレゼントを女性に贈るなら?20代女性へのプレゼント

プレゼントを20代の女性に贈る時には、女性がどのような場面で使うものかを考えてみましょう。職場で使えるものを贈るなら、相手の職業について理解が必要に。同じ職場なら、普段どのようなものが役立つかが分かりますよね。20代女性が使うからといって、派手な色のものが喜ばれるとは限りません。派手な色が好きな女性もいれば、シックな雰囲気が好きな女性もいるでしょう。普段その女性がどのようなアイテムを持ち、ファッションをしているのかを思い出すと、プレゼントに最適な色合いやデザインが分かるはず。
相手の女性の雰囲気に合うものを渡したいと思うのなら、普段から少し相手を観察しておくのも良いでしょう。同じ20代なら何が好きかなんとなく理解はできますが、40代、50代の女性から20代女性へプレゼントするときは何がいいかピンときませんよね。そのため、普段から20代女性を観察することでプレゼントのヒントを得られるのです。
もし相手と仲良しなら「今、欲しいものってある?」とストレートに聞いてみるのもいいですね。プレゼントできるぐらいのものなら、これを実際に贈るという方法もあるでしょう。

プレゼントを女性に贈るなら?30代女性へのプレゼント

プレゼントを女性に贈る時に、相手が30代なら少し落ち着いた雰囲気のものがいいですね。できれば、ブランドのものが持ちたいと思うのも、30代女性には多いでしょう。見栄を張りたいわけではないのですが、30代の女性としては自分なりに目指している女性像があるのです。その女性像から見ると、やはりブランド品を颯爽と持っているようなイメージがあるでしょう。
でもブランド品ではなければNGのわけではありません。30代の女性になると、美容について強く意識を始めるケースもあります。20代よりも、肌に疲れが出やすい…と思う女性も多いでしょう。普段から美容に興味を持っている女性に対しては、美容に関係するものをプレゼントすると喜ばれやすいのです。美容に関するグッズなら、高いブランド品ではなくても人気のあるアイテムが色々とあります。相手の女性に合わせて、普段使いしている美容グッズをあげるのもいいですし、試しに買うには高い商品をプレゼントするのもいいでしょう。

プレゼントを女性に贈るなら?40代女性へのプレゼント

プレゼントを40代女性に贈るとしたら、女性の好みをできるだけ理解しておきたいですね。
こだわりを持っていて、これ以外のものは持ちたくないと思う40代女性もいるのです。好奇心旺盛なタイプなら別ですが、そうではない場合にはやはり自分の好みのものを持ちたいと思うでしょう。
40代女性は自分に合ったものが何かわかっていて、自分らしさを把握していることが多いからです。その自分らしさを大切にしたいと思うのが、40代女性には多い傾向でしょう。自立した女性は流行のものよりも、自分が認めたものや納得していることでなければ受け入れられないというこだわりもあります。これを理解したうえで、プレゼントを選ぶようにしましょう。

女性がもらって嬉しいプレゼントは?1000円、2000円でもいい?

女性にとってもらって嬉しいプレゼントは色々とあります。喜ばれやすいのは、癒しを感じるものや、自分にとってプラスになると感じるものが多いでしょう。癒しを与えてほしいと思う女性は、とても多いのです。普段から頑張り屋で努力をしている女性だと思うのなら、できるだけ癒しを与えるようなものをプレゼントとして贈りましょう。
バスグッズやアロマ系のものなどは、癒しのプレゼントにぴったりでしょう。香りは人により好みがありますので、あまり特殊ではないものを選びたいですね。アロマオイルや香水などについても、普段から使えるような一般的なものを選んだほうが賢明でしょう。プレゼントする相手がつけている香水の匂いなどを参考にしてみましょう。
また、値段はあまり高額でないほうが、プレゼントされた方も受け取りやすいです。1000円や2000円のプレゼントなんて安いかな?と思うかもしれません。ですが、1万円前後するプレゼントをもらったら、お返しは何にすればいいか迷いますよね。
1万円前後するプレゼントは退職祝いや上司など、何かの大きな祝い事のとき選ぶといいでしょう。誕生日や普段のお礼にあげるプレゼントは1000円か2000円の品がちょうどいいのです。1万円以下の品なんて、安上がりと思われないかな…と心配するかもしれません。ですが、自分だったら「1万円前後するプレゼント」「1000円~2000円するプレゼント」のどっちをもらうほうが気兼ねせずに受け取れるかと考えてみてください。きっと、「1000円~2000円するプレゼント」のほうが受け取りやすいと考えるのではないでしょうか。

プレゼントを女性に贈るタイミング

プレゼントを女性に贈るとしたら、たとえばその女性の誕生日以外にも、結婚が決まった時や、彼氏ができた時、新社会人になった時など様々な場面がありますよね。職場なら、会社に勤めて10年ということで、お祝いにプレゼントを贈るケースもあるでしょう。または60代になって退職祝いにあげる、上司の昇進祝いにプレゼントを選ぶ…というケースが多いのではないでしょうか。結婚祝い、新社会人のお祝い、退職祝い、上司の昇進祝い…どのようなタイミングで女性にプレゼントを贈るかによっても、選ぶアイテムが変わってくるのです。
もちろん結婚祝いや退職祝いなど、ケースによって費用にも変化があるでしょう。お祝いでも彼氏ができたお祝いは1000円くらいの安い物で済ませるかもしれません。ですが、結婚祝いや60代になって退職祝い、上司へのプレゼントに1000円のプレゼントはあげづらいでしょう。1万円以下よりも1万円前後するプレゼントを用意するのが妥当ではないでしょうか。また、相手がどのようなものを求めているのかは、相手の立場や気持ちになって考えてみるといいですね。相手を大切に思いながらプレゼントを選ぶと、実際に喜んでもらえるプレゼントを選びやすいのです。

最後に

プレゼントを女性に選ぶとしたら、どうしたらいいのかな…と悩む時も。女性から女性にプレゼントを贈る場合もあれば、男性から女性に贈る時もあるでしょう。でもプレゼントを受け取る側の女性の好みについては、できるだけリサーチをしておけば、「これを選んで良かった」と思えるプレゼントを選べるのです。大切な相手を笑顔にさせたい、そう思いながら主観的な好みだけではなく客観的にもプレゼント選びをしてみましょう。

text:common編集部

Posted by admin