無職の旦那と離婚する前の対処法!専業主婦で旦那の年収がゼロになったときの生活費は?扶養は?|common(コモン)

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

無職の旦那と離婚する前の対処法!専業主婦で旦那の年収がゼロになったときの生活費は?扶養は?

2019.1.1

旦那が無職になった時の対処法を妻は考えていますか?ある日突然、夫から「退職した」と言われたとき、真っ先に離婚を考える前に生活費や扶養のことなどを考えるようにしましょう。無職の旦那と離婚するにも、慰謝料や養育費などもらえない場合もあります。専業主婦で旦那の年収がゼロになったら途方に暮れると思いますが、事前に対策を立てておくことである程度、落ち着いて対処することも可能です。ここでは旦那が無職になった時の悩みが解決できるように、様々な対処法を紹介していきます。

旦那が無職になった!離婚を考える前に

「会社の都合や病気などで旦那が無職になってしまった」そんな状況になると、未来が真っ暗になってしまったようで、どうすればよいのか考えることも難しいですよね。支えていくべきなのか、離婚をしてそれぞれの人生を歩むべきなのか…。離婚するにも慰謝料や養育費がもらえるかなど気になる点が出てきますよね。なので、旦那が無職になったときは悩む前に一度立ち止まって、生活費はどうなるのか、再就職させる対処法はないか、旦那が無職になったときの事例を確認していきましょう。

旦那の年収はどう変化する?専業主婦でも生活できる?

専業主婦なのに旦那が無職になってしまったり転職したいと言われたら、夫婦がお互いに無収入になってしまい不安ですよね。旦那の年収はどう変化していくのでしょうか。転職したり新しい仕事に就くと、その会社では新入社員となり1からやり直しです。余程専門分野で秀でているか、スキルをもった即戦力でもない限り、旦那の年収は250万~300万くらいからのスタートとなるでしょう。この年収で専業主婦が出来るかというと、今までの生活のグレードを下げたりかなりの節約が必須となってきてしまいます。子供がいればなおさらで、専業主婦でもパートなどに出るという選択肢を選ぶ必要が出てきます。そして旦那が高齢であればあるほど、それまでもらっていた年収から大幅に下がると思われます。年齢が40代50代になってくると再就職自体が困難なことも。

旦那が無職期間の生活費はどうしたらいいか?

旦那が無職になってしまっても生活費は毎月のしかかってきます。さらに無職になったばかりの場合、生活費だけでなく税金も悩みの種になります。住民税は年収があった去年ベースで計算されるので、いきなり何十万の請求用紙が平気で届きます。健康保険や年金の税金も何万何十万と請求されます。生活費や税金の補填のためには収入を生み出すほかありません。

・旦那が無職になったばかりなら

失業保険をもらいに急いでハローワークに通ってもらいましょう。月収の何割かを何ヶ月かに渡って支給してもらえるので生活費の足しになります。

・旦那に転職サイトに登録してもらう

転職サイトに登録すれば、無料で転職エージェントが仕事を紹介してくれます。インターネットさえあれば出来ることなので是非、旦那には登録してもらいましょう。

夫が退職し妻の扶養に入る場合の手続き

妻側が専業主婦ではなく職に就いていて夫が退職する場合は、一日でも早く妻の扶養に入れるよう申請するべきです。妻の扶養に入ることで様々な税金の支払いが軽減されるからです。夫が退職し妻の扶養に入る場合に、受けられるかもしれないメリットを詳しくご紹介いたします。

・配偶者控除・配偶者特別控除

こちらは退職した夫の年収や妻の収入にもよりますが、所得税が最大38万円控除できるようになります。38万円も浮いて生活費に充てられるのなら、1~2ヶ月は無収入でも暮らせそうな大きな金額です。

・健康保険に関わる扶養

健康保険の扶養に入っていると、退職した夫が病気になり病院へ行く時に治療費の何割かを会社や国が負担してくれます。入っていないと全額負担になってしまいます。申請を忘れないようにしましょう。

・厚生年金に関わる扶養

無職の夫が厚生年金の扶養に入っていると、国民年金を払わなくても将来の年金受け取り権利をもったままにすることができます。

退職した夫を妻の扶養に入れたい場合、妻の勤務先の人事や労務担当から必要書類をもらい記入して提出することになります。上司に相談して必要書類をもらうようにしましょう。

夫がうつで無職に!離婚を考える前にどうすればいい?

旦那が仕事を辞める理由にも色々ありますよね。もし、うつが原因で退職し、無職になった場合は妻としてどうすればいいのか、考えてみましょう。

・うつの夫を支えるのは大変な労力

リストラや自主退職だけでなく、うつで仕事を辞めてしまう旦那も少なくありません。うつの旦那を支え続けるのは、大変な労力が必要になります。うつは精神の病気で、傷のように治っているのかわからないので、先が見えない不安が大きくなりがちです。

・夫がうつの時は大きな決断はまず先のばし

うつの方が家族にいる場合、一緒に住んでいる人にも負担がかかりやすくなり、正常に判断ができない状況になっていきやすくなります。離婚や別居など、深刻に考えてしまいがちですが、重大な判断は「とりあえず先のばし」にしましょう。うつは薬を飲んでいれば、必ず治る病気です。奥さんなど、支える側の家族も旦那と一緒に共倒れになる(うつになる)ケースも少なくないため、家族会や地域の精神障害の支援施設を利用し、自分の時間を持つように心がけましょう。

離婚を考える前に!旦那が無職になった時の対処法

旦那が無職になったとき、妻が最初に考えるのは離婚するかどうかですよね。ですが、子供がいたり、長年連れ添っていたり、愛情があるからこそ離婚の決断が難しいというケースもあるでしょう。まずは離婚を考える前に、旦那が無職になった時の対処法を試してみましょう。

・落ち着いて旦那と話をする

リストラや事業所の閉鎖など希望しない退職もあれば、「転職したい」と家族に相談なく仕事をやめてしまった旦那も。どちらにしても今後のお金や将来の事、一体何を考えているの!?と旦那を責めたくなってしまうかもしれませんね。離婚が頭をよぎることも。ですが、そんな時は一呼吸置いて落ち着きましょう。旦那が無職になって落ち込んだり不安を抱えているのは、奥さんだけではありません。当事者である旦那も、無職になったことに相当なショックを抱えていることでしょう。
まず、離婚など深刻なことは考えず、二人できちんと現実に向き合い、無職になった経緯やこれからどういう風にするつもりなのか、旦那の考えをしっかり聞くようにしましょう。

・自分たちが置かれている状況を考え直す

旦那の考えを聞きだしたら、次に自分達が置かれている状況を一緒に考えましょう。旦那が無職になるということは、家庭を支えるための収入がなくなるということ。今ある貯金や家のローンなど、生活費、子供の学費など、毎月いくら収入が確保でき、いくら出費があるのかを確認してください。もしも収入よりも出費の方が上回るようであれば、早急に対応を考えましょう。
旦那が無職になるということは夫婦、家族の問題ではありますが、金銭的にかなり困窮してしまう場合、夫や妻それぞれの親を頼るという選択肢も選びましょう。旦那が無職になって困っている現状をしっかりと話し、一時的にお金を借りられるのか相談してみるのも選択肢です。

・冷静に話し合いをして、生活の現状を見直してもらう

旦那と冷静に話し合いするなら、事前に生活費の内訳をグラフにして書いておくことがおすすめです。グラフを作成することで妻側も頭を整理しながら話せるし、旦那側も生活費や収入、減った年収などを目で見てわかりやすいからです。数字が見えると、旦那も危機感を持ちやすくなるでしょう。

・旦那を一人にして冷静になってもらう

話し合いをしても旦那が現状に危機感を持たない場合、一旦、一人にさせることで冷静になってもらう方法もおすすめです。旦那と物理的な距離を置いて、このままでは駄目だと本人に気付いてもらいましょう。このままでは離婚になってしまうかもという危機感や、妻無しで生活するとどれだけ不便でお金がかかるのか身を持って感じてもらうことで無職という状況に向き合ってもらいます。無職ということでいかに生活に支障が出るかを分かってもらえない場合や、話し合いに応じてもらえない場合は離婚を考えていいかもしれません。

・旦那に再就職をすすめる

旦那が無職になった場合、まず旦那が再就職するのが一番の目標です。まずは旦那に、ハローワークに行くよう促しましょう。ハローワークでは失業した時にもらえる失業保険の受給手続きもでき、求人の検索や応募、履歴書の添削や模擬面接なども可能です。就職して以来、転職の経験がない旦那であれば、1度受けておくとよいでしょう。また、再就職にあたってスキルが必要な業界を志望する場合、ハローワークでは職業訓練なども行なっています。今後のためにも無職で時間がある内に、旦那に資格を取るよう促してみてはいかがでしょうか?

・貯金を確認する

旦那が無職になった場合、一番心配になるのはやはりお金のこと。まずは今家庭にどれだけの貯金があるのか確認しましょう。ひとまず6ヶ月から1年程度生活費をまかなえる貯金があれば、当面は安心できることでしょう。例えば、毎月生活費に20万円程度かかる家庭であれば、120万円から250万円ほど貯金があれば安心できます。
もし、貯金が当面の生活費をまかなえるほどなければ、まずは収入の確保を考えましょう。旦那の次の仕事が決まるまで夫婦でアルバイトなどをして稼ぐのか?今している仕事のシフトを調整して収入を増やすのか?収入を確保する方法も様々あります。どんなに節約しても当面の生活を普通に送れないほど貯金がない場合は、まずは生活費をどう確保するのか、早急に旦那と話し合いましょう。

無職の旦那と離婚した場合の慰謝料や養育費は?

無職ということのみが理由で旦那と離婚した場合、養育費や慰謝料はほぼ見込めません。離婚して養育費や慰謝料がとれるケースは、相手が悪いという証拠があるときなどに限られています。また、もし裁判を起こして養育費や慰謝料を払う義務があると認められた場合でも、旦那本人に働く気がなければ収入はゼロなので踏み倒す可能性が大きいです。裁判を起こすのにもお金が掛かります。離婚を考える前に無職の旦那を支え、生活をやり直す方法はないか?を今一度じっくり考えてからにしたほうがいいかもしれません。残念ながら離婚するにしても、無職の旦那が相手なら養育費や慰謝料を回収することより、自分の収入源を確保したり、収入を増やすことを気に掛ける方がいい場合があります。

旦那が無職に!妊娠中…。40代で転職…。様々な悩みの事例

旦那が無職になったとき、妻が妊娠中だったり、退職した時期が40代だったり、お金の心配が出てきたりと悩みどころが色々でてきます。ここでは旦那が無職になったときの悩みの事例を紹介していきます。

・まずはお金の不安が尽きない!

まず、いつまでこのままなのかわからない点から、「お金がない!」という不安が真っ先に浮かぶかと思います。奥さんもパートで頑張ったところで月に数万円しか稼げないため、貯金を切り崩すことになるかと思います。また、まだ小さい子供もいるのに家計はどうするの?という点も懸念事項ですよね。仕事を探している間もお金が必要になるので、思わず怒りそうになります。旦那が無職=お金の不安、というのは避けられません。
当然と言えば当然の結果かもしれませんが、せっかく貯めていた貯金を切り崩すことになり、家計のやりくりを大幅に見直すなど、お金のことが不安でたまらないという女性はダントツに多いようです。まだ奥さんが多少なりとも勤めていれば何とかなるかもしれませんが、専業主婦だった場合、本当に収入源がなくなるということになります。毎日の暮らしにどれだけの生活費がかかるのかを熟知しているのは女性の方。旦那には誠実に対処してほしいものです。

・妊娠中なのに旦那が無職に…

妊娠中に旦那が無職になってしまった場合は、働きたくても働けないので通常時よりも不安やストレスが大きいですよね。出産育児一時金でいくらか返ってくるとはいえ、出産には50万円かかるとも言われています。またお金だけでなく、旦那が妊娠中の体の変化やつわりのつらさを分かってくれない場合は、家にずっと一緒に居るのも嫌になってきてしまいます。

・40代で転職活動…。希望を持ちたくても不安がたくさん

旦那が突然無職になった場合、年齢が若ければ色々望みがありますが、40代ともなると難しいものです。その場合は、もし妻が働いているのであれば、夫が妻の扶養に入る手続きをするのも選択肢です。一時的に無収入になるので、手続きは面倒になりますが、すぐに行った方がよいでしょう。夫が新しい会社に就職した際は、また扶養を外す手続きをしなければなりません。ですが、いつ事故や病気になるかわかりません。税金の面を考えても申請をしておくようにしましょう。

・周囲の人たちの目線がストレスに…

わざわざ「旦那が無職になりました」などと言わなくても、いつも家にいるためご近所の人に見かけられたりして、ばれてしまうことも少なくありません。ご近所の人の中には勝手に噂したりする人も少なくないはず。影で言われるのを避けるために「実は転職するんです」と自分から言う、という奥さんも少なくないようですが、職探しの真っ最中などとは口が裂けても言えないですよね。
ごく親しいママ友にだけ話したとしても、会うたびに「どう?仕事見つかった?」などと聞かれていては毎回説明も嫌になってしまいます。「旦那仕事辞めて大変だね」と最初はよくても毎度毎度言われれば、ストレスになってしまいます。隠しているつもりでも意外とバレる、という人も多く、親しい友人には何度も近況を聞かれるために話したことを後悔してしまうかもしれません。気持ち的にストレスが溜まってしまう奥さんも少なくありません。

・家事に協力しない無職の旦那にイライラ!

無職になった旦那が家事を手伝ってくれるのであれば少しは嬉しいですが、ただ家でゴロゴロしているだけ、なんて場合も。節約したいので食事もなるべく質素にしていたら、なんとなく嫌そうにする…なんて声もあります。無職なことをちょっとでも悪いと思っているのなら、ちょっとくらい家事を手伝ってよ!と思っている奥さんも少なくないようです。
結局は奥さんがパートに出て、帰ってから家事をすることになることも珍しくありません。無職だからといって何もしない旦那に対して怒りがこみ上げてくる……という意見は尽きません。仕事を辞めたことで家事を協力してくれるのかと思いきや、そうでもない旦那が多数のようなのが驚きですね。そうなると、”すべてやらされている感”と”働く気は本当にあるの”という気持ちで、イライラが募ってしまうかもしれません。

・無職の旦那がパチンコにばかり行っている時に取る行動

無職になってしまった旦那がパチンコに毎日行っている…これは良くない状態です。パチンコは強い光と大きな音という強い刺激で思考力を奪います。そしてたまたまラッキーが巡ってくることもあり、また次もいいことがあると思ったらパチンコに依存していくでしょう。無職で無気力状態の旦那は刺激を求めて通ってしまいます。そして旦那は「パチンコで当てれば何倍の金額にもなって返ってくるんだから無職じゃない!稼いでるんだ!」などと本気で思っているかもしれません。強い依存力のあるものにハマってしまっている状態です。大切な生活費を勝手にパチンコで使い込まれるのは気が気でありませんよね。

ブログを読んだり女子会に行ったり…。無職の旦那にイライラする時のストレス解消法

旦那が無職だと、様々な不安からイライラしやすいもの。ひとまず期待はせずに、まず自分の気持ちを安定させるようにしましょう。旦那と話す時も気持ちをできるだけ落ち着けて、相手を受け入れ、噛み砕いて話すようにしてください。
また、同じような境遇の人のブログを読んだり、同じような境遇の友達と集まって女子会でランチをしながら愚痴を言ったりするのも、ストレス発散におすすめです。旦那が仕事をしていた時に減ってしまったスキンシップの時間を増やすのもいいですね。旦那が寝ている間に鼻をつまんで、その表情を見て楽しむといったちょっとしたいたずらや、夫の良い所を思い出すというのもいいかもしれません。おいしいものを食べて愚痴ったり、ショッピングやエステでちょっとした贅沢を楽しんだり、たまのストレス解消は忘れないようにしましょうね。

最後に

今回は無職の旦那と離婚する前に妻ができること、対処法を紹介してきました。無職になったら、旦那の年収はゼロですよね。離婚を考えるかもしれませんが、そのとき慰謝料や養育費はもらえない可能性が高いです。それよりも、旦那を妻の扶養に入れたり、生活費のやりくりをしたり、妻として退職した夫を支えていく方法を探すのがいいかもしれません。ですが、再就職のために動かず、パチンコに行ったり、ゲームしたり、旦那が好き勝手するうえ、妻のイライラも限界に達したなら、お金のことは考えず離婚について話し合うのもいいかもしれません。後悔することがないよう、しっかりと考えて納得できる道を選択してくださいね。

text:common編集部

LINE@友達追加

美尻特集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

RANKING

人気の高い記事をご紹介!

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram