common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

付き合うとは?社会人の好きって何?付き合うとは何をすること?社会人が付き合うきかっけをご紹介

2018.11.14

学生の頃からたくさんの恋愛を経験してきたはずなのに、社会人になってから「付き合う」ということの意味が分からなくなってしまった人、実は少なくありません。今回は学生時代とは異なる社会人のお付き合い、付き合うとは何をすることなのか?付き合うきっかけなどご紹介します。

社会人恋愛のハードルは高い?!付き合うのが難しい?

学生時代はパートナーと上手くいっていたのに、社会人になった途端、関係がギクシャクして破局してしまうパターンを多く見かけます。これは学生時代にはなかった、社会人特有の生活スタイルが原因で付き合うのが難しくなるという、恋愛ハードルが存在するからと言われています。

社会人になって付き合うのが難しくなる理由①時間の制約

学生と社会人の最も大きな違いは社会的な拘束時間と言えます。学生は学校に、社会人は会社に拘束されるのが一般的ですが、社会人の方が会社に拘束される時間が長く、また強力に拘束されていることは、言うまでもありません。
例えば大学生同士の恋愛なら、空きコマとバイト、サークルの空き時間さえあえば平日の日中でもデートを楽しむことができますが、社会人だと日中は、土日などの決められた日以外に会うことはできません。このためすれ違いが起きやすくなったり、愛を育める時間が減ったりして、破局してしまうカップルが多いようです。

社会人になって付き合うのが難しくなる理由②迫りくる結婚という現実

時間の制約と、もう1つ、社会人恋愛の障害となっているのが、迫りくる結婚という現実です。学生時代は楽しい、楽しくないという基準で恋をするのが一般的ですが、社会人になると、将来を見据えた恋愛をしなければならないというプレッシャーを感じるようになります。
しかし将来を見据えた結婚の話は、楽しいばかりではありません。本人たち同士だけでなく、その家族ともお付き合いを始めなければいけなくなるし、考えるだけで気が重くなることもたくさんあります。そして結婚のプレッシャーに圧倒され、破局してしまうことがあるようです。

◎社会人の付き合うとは?社会人カップルのお付き合いの捉え方

時間の制約と結婚という現実という障壁によって、破局してしまう社会人カップルがいる一方、壁を乗り越えて、仲良くお付き合いしている社会人カップルもたくさんいます。お付き合いが上手くいっている社会人カップルは「付き合う」ということをどのように捉えているのでしょうか。社会人恋愛におけるお付き合いの定義についてご紹介します。

社会人カップルの「付き合う」とは①パートナーに恋愛的な好意を抱いていること

これは社会人に限らず、当たり前と思っている方も多いかもしれませんが、結婚や親の介護、自分たちの老後という現実と対峙する時、恋心よりも経済力で恋人を選んでしまう人も多くいます。しかし、お互いが社会人として、幸せにお付き合いしている人たちの多くは、相手のことを好きと思う気持ちを大切にしています。結婚を前提にお付き合いするなら、一緒にいたいと思える人と添い遂げられるに越したことはないようです。

社会人カップルの「付き合う」とは②パートナーと苦楽を共有できること

パートナーに苦楽の共有を求めるのは、学生恋愛と社会人恋愛の最も大きな違いだと言われています。社会人になって恋をすると、最終的には「この人と結婚できるか、否か」ということを考えることになります。その基準として、パートナーと苦楽を共有できるか、否かというのはとても重要な問題なのです。
また結婚しないと考えている人であっても、日中のストレスや多くの辛い出来事を共有することをパートナーに求める人は少なくありません。このため苦楽をともにできないパートナーは、いくら強い恋心があっても、最後には破局してしまうと言われています。

社会人が付き合うきっかけは?恋愛がお付き合いに発展するきっかけ

学生恋愛では、クリスマスの前に校舎裏で告白して付き合い始める、というような告白がきっかけのお付き合いがベタな展開として取り上げられますが、社会人恋愛はどのようにしてお付き合いが始まるのでしょうか。告白以外で社会人恋愛がお付き合いに発展するきっかけを3つご紹介します。

社会人が付き合うきっかけ①身体関係を持つ

社会人は学生よりも恋愛や身体の関係に慣れている人が多いので、お互いの距離を徐々に詰めて告白するという時間のかかる手順を省いてしまうことがあります。またお酒の勢いで身体関係に持ち込んで、そのままお付き合いに発展させることも珍しくありません。
もちろん身体の関係からお付き合いに発展させ、そのまま幸せな結婚ができる場合もありますが、お互いのことをよく知らずにお付き合いが始まるため、途中でうまくいかなくなってしまい破局してしまう場合も多いようです。
「学生ではないのだから、お互いの合意があれば誰に責められる筋合いはない」という意見から「不特定多数と身体関係を持つことにつながるようなことはやめるべき」という意見まで、賛否両論ですが、まずは感染症対策と避妊処置をしっかりすることが大切だと言われています。

社会人が付き合うきっかけ②休日を当たり前に過ごす

最初は友達だったけど、休日を当たり前に過ごしていたら、いつの間にか付き合っていたというのも社会人特有のパターンと言えるでしょう。1人暮らしでは、夜中に友達同士で集まって飲んだり、風邪を引いたときに友人同士で助け合ったり、同世代の友人同士のつながりが、学生時代より濃くなります。このため最初は友達として休日を一緒に過ごしていたはずなのに、なんとなく好きになって、そのまま付き合い始めるということが起こります。

社会人が付き合うきっかけ③同棲する

休日を当たり前に過ごしていたら、平日にも一緒にいることが多くなってしまい、気が付いたら一緒に住んでいたということも珍しくありません。男女がひとつ屋根の下で一緒に住むなら、それ相応の関係である必要があり、「じゃあお付き合いしましょう」ということになります。
この時注意すべきなのは、お互いに平等な関係を保つことだと言われています。今まで別の環境に住んでいた2人が一緒に住むため、お互いに合わない部分も出てきます。その時にどちらか一方の言い分だけを通したり、さらには気づいたら一方がもう一方に貢いでいたということにならないよう、お互いに平等な関係を保つことが大切と言われています。

最後に

今回は付き合うとは何をすることなのか?社会人恋愛のハードル、社会人の付き合うことへの捉え方、付き合うきっかけの3点から、社会人恋愛の特徴についてご紹介しました。型に囚われず、人に迷惑をかけない範囲で自由に恋愛を楽しめるのが社会人恋愛の醍醐味ですが、もし社会人恋愛で悩んだ時には、今回の記事がご参考になれば幸いです。

text:common編集部

Posted by admin