common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

上手な告白の断り方は?男性を傷つけない断り方と傷つける断り方とは?告白の断り方おすすめ例文も!

2018.10.1

告白の断り方って難しいですよね。好きではない男性から告白をされて、断り方に困った経験がある方も多いのではないでしょうか。今回は相手の男性を傷つけない断り方や、逆に傷つけてしまう告白の断り方、さらには断りづらい男友達や職場の先輩などに告白された場合の断り方の注意点をご紹介します。面と向かって断れない場合のラインや電話、メールでの告白の断り方の注意点や例文もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

告白の断り方に迷ってしまうのはどんなとき?

告白されて、断り方に迷ってしまった経験がある女性は多いようです。それでは、一体どんなときに告白の断り方に迷ってしまうのでしょうか?まずは、女性が告白の断り方に迷ってしまうケースについてご紹介していきましょう。

断り方に迷ってしまう告白1:男友達からの告白

仲の良い男友達から告白されて、断り方に迷ってしまう女性も少なくはありません。相手を傷つけてしまい、これからの関係が悪くなってしまうことを懸念してしまうのです。もちろん、告白を断ってしまうと、元通りの関係に戻るのは難しいでしょう。しかし、仲がいい友達だからこそ、なるべく傷つけずに断りたいものですね。

断り方に迷ってしまう告白2:同じ男性から数回目の告白

同じ男性から、何度も告白されてしまい、「今回で諦めてもらいたい」と、断り方に迷う女性もいます。何度もあきらめずに告白してくるタイプの男性は、今回断ってもまた告白してくる可能性が高いのです。また、傷つけてしまうと、ストーカーにもなりかねません。諦めが悪い男性への断り方に迷ってしまうのは、仕方のないことですね。

断り方に迷ってしまう告白3:元彼からの告白

過去に付き合っていた男性から告白され、断り方に迷う女性もいます。いわゆる、元彼からの告白です。もちろん、過去に付き合っていたのですから、彼のことは嫌いではないでしょう。しかし、今回は付き合えないということを、どうしたら上手に伝えるのか迷ってしまうみたいですね。

男性を傷つけない告白の断り方ってある?

告白を断ると決めたとき、できるだけ告白してくれた男性を傷つけない告白の断り方をしたいですよね。そんな告白の断り方があるのでしょうか?続いては、男性を傷つけない告白の断り方をみていきましょう。

男性を傷つけない告白の断り方1:告白してくれたことに感謝の気持ちを伝える

まずは、勇気を出して告白をしてくれたことに関して「ありがとう」という気持ちを伝えましょう。たとえ告白を断られたとしても、好きな女性から感謝の気持ちを伝えられて喜ばない男性はいません。「告白してくれてありがとう」「気持ちはうれしい」といった言葉から言い始めると、断る場合もスムーズにいくのではないでしょうか。

男性を傷つけない告白の断り方2:なるべく早く返事をする

告白の返事を保留にされると、男性はついつい期待してしまいます。期待が大きかった分、保留された後に断られてしまうとショックも大きいのです。告白を断る場合は、先延ばしにせずになるべく早く返事をしましょう。告白された直後か1日後、遅くても3日以内には返事をすることをおすすめします。

男性を傷つけない告白の断り方3:好きな人がいると伝える

男性を傷つけずに告白を断るなら、その男性のことが嫌い、タイプではないと伝えて告白を断るよりも、「今、他に好きな人がいる」ということを理由に断る方がいいでしょう。「好きな人がいるのなら仕方がない」と身を引いてくれるはずです。どうしても傷つけたくない相手の場合には、好きな人がいない場合も、「好きな人がいる」とウソをついて告白を断る方法も、ありかもしれませんね。

男性を傷つけない告白の断り方4:仕事を頑張りたいと伝える

好きな人がいる、と同じようなパターンになりますが、相手に理由があるわけではないと伝えることで、男性が傷つく可能性が低くなる方法です。「今は仕事を頑張りたい」「恋愛をするつもりはない」といった言葉を伝えることで、男性も納得してくれるでしょう。実際に仕事を頑張りたいときには、隠さずに「仕事をがんばりたい」と伝えてみてはいかがでしょうか。

男性を傷つけない告白の断り方5:元の関係に戻ることを強制しない

相手が男友達の場合には、「友達のままでいたい」と、元の関係を強制することで、相手を傷つけてしまう場合もあります。友達を続けるかどうかは、男性に決めてもらうようにしましょう。「1度告白しているから、元の関係には戻れない」と男性が思っている場合には、関係を強制しないようにしてくださいね。

男性を傷つけるダメな告白の断り方

続いては告白をしてくれた男性に対して絶対にやってはいけないダメな告白の断り方をご紹介します。

男性を傷つけるダメな告白の断り方1:返事を先延ばしにする

男性を傷つけるダメな告白の断り方の一つ目は返事を曖昧にして先延ばしにすることです。告白の返事を保留にするのは悪いことではありませんが、いつまで経っても正式な返事をしない。男性から返事を促されても「もう少し待って」と曖昧に濁すのはあまり好ましくありません。先延ばしするにしても「1週間考えさせて」と自分から期間を決めてあげるようにしましょう。

男性を傷つけるダメな告白の断り方2:相手の人格を否定する

こちらの断り方は人としてもNG、相手の人格を否定するなどもってのほかです。中には照れ隠しからつい出てしまう言葉もあるかもしれません。しかし相手の外見や性格を真っ向否定するのは絶対に止めましょう。相手の心に深いトラウマを残してしまう告白の断り方になってしまう恐れがあります。

男性を傷つけるダメな告白の断り方3:相手に期待させる

告白を断るつもりでいるのなら相手に期待させてしまうのは止めましょう。「今は好きな人いない」「○○君のことは嫌いじゃない」といった余計な情報を与えないように。「俺にもチャンスがある」と期待させてしまった分、相手を傷つけることになってしまいます。まだチャンスがあると思わせてしまうと相手にとっても時間の無駄になってしまうので、可能性がないならしっかりそのことを伝えましょう。

告白されて断りづらい相手…断り方の注意点と例文

今度は特に断りづらい告白してくれた相手からの断り方の注意点や例文をご紹介します。仲の良かった男友達に告白された場合の断り方や、断った後も仕事で顔を合わせなくてはいけない職場の先輩に告白された場合の断り方などを細かくご紹介します。

男友達に告白された場合の断り方

男友達に告白されて断り方に悩む女性は多いのではないでしょうか。男友達の告白は断り方の手段によっては、その後の友達関係が大きく崩れることがあるからです。そこで男友達に告白された場合の断り方でおすすめなのは「これからも友達でいたい」とワンクッションの言葉を添えること。「信頼できる友達でいたい」「良いライバルでいてほしい」と、男友達の中でも特別な存在であることを伝えるとともに、優しく丁寧に告白を断るといいでしょう。

先輩に告白された場合の断り方

職場や学校など目上の人である先輩に告白された場合も断り方に迷ってしまいますよね。言葉の選び方を間違えてしまうと、仕事や学校などにも影響を及ぼしかねません。職場や学校の先輩に告白された場合の断り方は「先輩みたいな大人の男性、私にはもったいないです」のように、「先輩」の立場を尊重するのがポイント。もちろん最後は「ありがとうございます」と感謝の気持ちを忘れずに。職場や学校の先輩に告白された場合でも、相手の立場を思いやる断り方をすることで、気まずい思いをあまりしなくて済みます。

後輩に告白された場合の断り方

職場や学校の後輩に告白された場合の断り方はどうでしょうか?この場合も先輩に告白された場合の断り方とあまり変わらないと思っておいてください。後輩だからといって無下に扱うのは失礼です。相手もあなたのことを慕ってくれているのですから、できるだけそのイメージを壊さないようにするのがポイントとなります。「気持ちには答えられないけどありがとう」と告白を断った後には「これからも頼りにしているからね」と、いつもと変わらない態度で接するようにしましょう。

職場の同僚に告白された場合の断り方

今度は職場の同僚に告白された場合の断り方です。同僚となると、先輩や後輩と違ってプライベートで接することも多いはず。そんな同僚からの告白の断り方は「今は仕事に集中したい」と恋愛より仕事が大切だということをアピールするのがおすすめ。そして告白を断った上で「これからも一緒に頑張ろうね」と一言添えるのがいいでしょう。もちろん翌日からも普段通りに接してあげるのがベストです。最初は気まずいかもしれませんが、あなた自身がいつも通り接することで時間が経てば良い同僚関係に戻れるはずです。

中学生・高校生におすすめの上手な告白の断り方

大人になるにつれて様々な恋愛経験を重ねていき、告白されても断り方に慣れていきます。しかし、中学生や高校生など恋愛経験が少ない場合は告白されて断り方に悩むことも多いですよね。続いてはそんな悩める中学生や高校生におすすめの上手な告白の断り方を見てみましょう。

中学生におすすめの告白の断り方

青春真っ盛りの中学生、勉強に部活にいそしむ中で恋愛する時間もやっぱり必要。だけど相手が自分のタイプじゃなかったら断り方も悩んでしまいますよね。恋愛経験値の低い中学生だったらなおのこと。中学生におすすめの告白の断り方は、勉強や部活を理由にするといいでしょう。「大事な大会があるから」「勉強を頑張りたいから」なんて中学生らしい真面目な理由で断れば、相手もきっと静かに身を引いてくれるはずです。また「恋愛とかよく分からない」といって避けるのも中学生なら許される告白の断り方でもあります。

高校生におすすめの告白の断り方

高校生の告白の断り方はどうでしょうか?中学生とは違って、視野が広がる多感な時期。そんな高校生におすすめの告白の断り方は「好きな人がいる」「友だちと遊んでいる方が楽しい」といったもの。現に高校生ともなれば好きな人ができる時期でもありますし、行動範囲が広がって友だちと遊んでいる方が何倍も楽しいと感じることもあるでしょう。素直に理由を伝えて告白を断っても大丈夫です。もちろん高校生でも部活や勉強を理由にした告白の断り方も有りなので、実際にそう思っている方は正直に伝えましょう。

告白を断るなら、やっぱり直接会わなきゃだめ?

男性を傷つけない告白の断り方として、直接会うことは重要です。直接返事をすることで、相手のことを思いやる気持ちが伝わるでしょう。しかし、どうしても直接伝えるのは気が引ける、という場合には、電話やLINEを使用してもかまいません。その場合も、「告白してくれてありがとう」といった感謝の気持ちを伝え、丁寧に対応することを心がけましょう。

手紙・電話・メール・ラインでの告白の断り方の例文は?

告白の断り方は何も直接言うだけではありません。顔を合わせづらい場合は、電話や手紙、メールやラインを使って断りたいという方もいるでしょう。しかし顔を見ない分、文章や言葉には何倍も気を使わねばなりません。そこで今度は手紙や電話、ラインでの告白の断り方の例文をご紹介します。

告白の断り方の例文1:電話編

まずは電話での告白の断り方の例文をご紹介します。電話で告白を断る際のポイントは「〇時に電話してもいい?」とまずメールやラインなどで相手の都合を確認することです。いきなり電話を掛けても相手が出られない場合や、心の準備ができていない場合も考えられます。電話での告白の断り方をする場合は、必ず時間を確認するのを忘れずに。
電話を使った告白の断り方の例文としては「考えてみたけどやっぱり○○君とは付き合えません」とハッキリ伝えるのがポイント。電話だと相手の表情が見えない分、声だけで感情を伝えなければなりません。そのため相手に期待を持たせないように自分の気持ちが言葉で伝わるようにしましょう。

告白の断り方の例文2:手紙編

今度は手紙を使った告白の断り方の例文をご紹介します。手紙は形に残るものなので、できるだけ簡潔にまとめるのがポイントです。誤字脱字がないことは基本中の基本。自分の字に自信がなくても雑に書くのも好ましくありません。丁寧な字を心掛けましょう。
手紙を使った告白の断り方の例文は「気持ちをお受けすることができません」「好きになってくれてありがとうございました」のように、「ですます調」が望ましいでしょう。普段からふざけ合っているような間柄でも丁寧な文体で。びんせんに余白があれば断る理由を1~2文程度で書き添えるのも有りです。

告白の断り方の例文3:メール・ライン編

最後はメールやラインを使っての告白の断り方の例文をご紹介します。メールやラインは手軽ではありますが、電話や手紙と比べると誠実さに欠けてしまう一面も。そのため文章や送るタイミングにはくれぐれも気を付けましょう。手紙と同じく誤字や脱字はNG、送信する前に文章を一度見返すのを忘れずに。メールやラインを使っての告白の断り方の例文は「これからも友達として仲良くしてください」となるべく手短に済ませましょう。メールやラインは長文には向いていないので、ダラダラと文章にしないことがポイントです。付き合えないことを第一に伝えて、理由については相手に聞かれたら、時間をおいて返信する位でちょうどいいでしょう。

最後に

今回は、男性を傷つけない告白の断り方や、逆に気づ付けてしまうダメな告白の断り方などについてご紹介してきました。思いがけない相手からの告白で、戸惑ってしまったときには、ぜひ紹介した例文や注意点、断り方の方法を試してみてくださいね。男性もあなたへの気持ちを、勇気を出して伝えてくれたはずです。そんな相手への思いやりの気持ちを持って、丁寧に返事をすれば、たとえ断ったとしても、相手を傷つけずに済むはずですよ。

text:common編集部

Posted by admin