common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

付き合っている彼氏のことが好き過ぎて辛い!そんなときどうすればいい?

2018.9.26

付き合っている彼氏のことが好き過ぎて、辛いと感じることはありませんか?恋愛はとても楽しくて幸せなものですが、あまりにも愛が強すぎると自分で辛くなってきてしまうことがありますよね。そこで今回は、そんな彼氏のことが好き過ぎて悩んでいる方にみてほしい、彼氏のことが好き過ぎる辛さの解消法をご紹介していきますので、ぜひご覧ください。
 

■好き過ぎて辛いってどんな状況?

彼氏のことが好き過ぎて辛いというのは、いったいどのような状況なのでしょうか?おそらく、彼氏のことが好き過ぎて辛いと悩んでいる方の多くは、

  • 自分は彼氏のことが大好きなのに、彼氏はそうでもないみたい
  • 付き合っているのに片思いのよう
  • 好き過ぎていつでも会いたいのに、なかなか会えない

 

といったことで悩んでいるのではないでしょうか。大好きな人と付き合っているだけで幸せなはずなのに、好き過ぎてもっと会いたい!もっと愛されたい!と思っているので、付き合っていても彼氏のことが好き過ぎて辛いという現象が起こってしまうのです。

■彼氏のことが好き過ぎて辛い場合の対処法とは

1:友達と過ごす時間を増やす

あなたは、四六時中彼氏のことばかりを考えていませんか?もちろん、好きな人のことを考えてしまうのは仕方のないことです。しかし、会いたくても会えない時間が、さらに彼氏への想いを募らせて、余計につらくなってしまいます。彼氏に会っていない時間には、なるべく友達と遊びにいくなど、気を紛らわせるようにしてみてください。友達にも彼氏の話をするのはNG。友達と会っている間は彼氏のことを忘れて、思いっきり楽しんでみてくださいね。

2:自分に自信を持つ

「私はこんなに彼氏のことが好きなのに、彼氏からは愛を感じない」と悩んだり、「私のような女では、素敵な彼氏には不釣り合いだ」と悩んだりする女性も多いでしょう。彼氏のことが好き過ぎるあまり、自分ばかりが好きで、まるで片思いのようになってしまってはいませんか?そんなときには、しっかりと自分に自信が持てるようになりましょう。自分磨きをして、彼氏にもっともっと好きになってもらえるように努力するのです。自分に自信を持てるようになると、「まるで片思いみたいだ」と悩む必要はなくなるはずですよ。

3:彼氏にその気持ちを伝える

気持ちは抑えようとすればするほど、膨れ上がっていくものです。彼氏のことが好き過ぎて辛い場合は、その素直な気持ちを彼氏に伝えてみるのもいいでしょう。彼氏も、「そんなに思ってくれていたんだ」とうれしくなるはずです。また、自分の想いを口にすることで、少し気持ちが楽になることもありますよ。彼氏のことが大好きなんだという気持ちを、言葉にして伝えてみてはいかがでしょうか。

■彼氏のことが好き過ぎて辛い女性がやってしまいがちなNG行動

彼氏のことが好き過ぎることは決して悪いことではありません。しかし、彼氏のことが好き過ぎると、ついつい彼氏や周りの人にとって迷惑になるような行動をとってしまうことがあります。続いては、彼氏のことを好き過ぎる女性がやってしまいがちなNG行動をご紹介します。

1:束縛しすぎる

彼氏のことを好き過ぎるがあまり、四六時中連絡をとったり、彼氏の予定を根掘り葉掘り聞いたりと、彼氏を束縛してしまってはいませんか?少しのやきもちなら可愛いものですが、過度な束縛は彼氏にとっても負担になるはずです。過度な束縛が原因で、彼氏から愛想をつかされてしまうかもしれませんよ。

2:友達にも彼氏の話ばかり

彼氏のことを好き過ぎる女性の頭の中は、いつだって大好きな彼氏のことでいっぱいです。
友達と会っているときも、もちろん彼氏のことを考えてしまうでしょう。しかし、会うたびに彼氏の話ばかりを聞かされると、友達はどう思うでしょうか?また、友達の話を全く聞かずに、自分の話ばかりをされるとつまらないですよね。「会っても彼氏の話しかしてくれない」と、あなたとの距離を置いてしまう友達もいるかもしれません。彼氏のことを好き過ぎるからといって、友達を失わないように注意しましょう。

■彼氏のことが好き過ぎて辛いときは、ほかのことを考えてみて!

今回は、彼氏のことが好き過ぎて辛い女性におすすめの対処法や、避けてほしいNG行動についてご紹介してきました。「好き過ぎて辛い」と思えるほど、だれかのことを好きになれるというのは素晴らしいことです。しかし、好き過ぎるあまり、彼氏やまわりの友人に迷惑をかけてしまうというのはやめてほしいところ。彼氏のことで頭がいっぱいになってしまう前に、何かほかのことを考えてみてはいかがですか。

text:common編集部

Posted by admin