common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

略奪愛のその後は幸せ?それとも…。略奪愛にはリスクがあることも忘れないで!

2018.9.25

「結婚している人を好きになってしまった」「友達の彼氏を好きになってしまった」というようなとき、あなたならどうしますか?おとなしく諦めるという人もいるでしょうし、略奪してでも幸せを手に入れたい!と思う人もいるでしょう。しかし、略奪愛に成功しても、その後は幸せになれるのでしょうか?そこで今回は、略奪愛のその後がどうなるのか、略奪愛にはどのようなリスクが伴うのかをご紹介していきます。略奪愛をしようと考えている女性は、ぜひご覧ください。

■略奪愛って悪いこと?

略奪愛とは、簡単に言うと、「人の彼氏や旦那を奪うこと」という意味になります。略奪愛には悪いイメージがある方も多いでしょうが、果たして略奪愛は本当に悪いことなのでしょうか?もちろん、人の物を奪うことは、悪いことですよね。しかし、人の恋人や旦那を好きになってしまって、相手からも好きになってもらえた場合、それは仕方のないことのようにも思えます。確かに、世間からするとあまり良いイメージは持たれないでしょう。それでも恋愛は自由なので、2人が幸せならば、略奪愛は悪いことと言い切ることもできないですね。

■略奪愛にはリスクがつきもの?

たとえ悪いことではないと考えられたとしても、略奪愛にはリスクがつきものです。人の彼氏や旦那さんと恋愛するわけですから、当たり前ですよね。続いては、略奪愛のリスクについて考えていきましょう。

■略奪愛のリスクその1:人間関係が崩れる

もしも、友達の彼氏を好きになってしまって、略奪愛に成功した場合、当然その友達とは友達でいられなくなります。もしかしたら、同じグループの友達全体からあなたは嫌われてしまうかもしれません。略奪愛に成功して男性と結ばれたとしても、そのほかの人間関係が崩れるというリスクがあることを、まずは考えておかなければなりませんね。

■略奪愛のリスクその2:慰謝料を請求される

もしも、略奪愛の相手が既婚者だった場合、配偶者から慰謝料を請求されることがあります。不倫による慰謝料はかなり高額になる場合も多いようです。略奪愛が成功して、離婚が成立した場合でも、もしも離婚してもらえずにあなたが振られてしまった場合でも、慰謝料は発生します。好きになってしまった人が既婚者だった場合には、慰謝料のリスクも考えなければならないのです。

■略奪愛のリスクその3:会社での信用を失いかねない

もしも、略奪愛の相手が社内の人だった場合、あなたは会社でも立場がなくなってしまうかもしれません。「他の人の彼氏を奪ったらしい」「不倫の末に結婚したらしい」そんな略奪愛にかかわる噂は、すぐに社内中を駆け巡るでしょう。略奪愛の噂は、女性にとって格好の獲物ですよ。最悪の場合は、社内での居場所がなくなって、退社に追い込まれるかもしれません。略奪愛がきっかけで、職を失ってしまうリスクまであるのです。

■略奪愛のリスクその4:また略奪愛されるかも

もしも略奪愛に成功して、好きだった人と幸せになれたとしても、その幸せが長続きするとは限りません。あなたとも浮気関係にあった男性は、また別の女性とも浮気をすることが十分に考えられるからです。「浮気癖は治らない」という話を聞いたことはありませんか。
1度浮気をする男性は、2度でも3度でも浮気をする可能性が高いのです。略奪愛に成功したからといって、永遠の愛を手にいれられるわけではないことに注意が必要ですね。

■リスクはあっても、略奪愛で幸せをつかむ人もいる!

略奪愛には、さまざまなリスクがつきものです。しかし、略奪愛の末に幸せを手に入れる人がいるのも事実です。前の彼女や前の奥さんと長続きしなかったからといって、あなたとも長続きしないとは限りません。あなたとはとても性格があって、一生連れ添うことになる可能性だってもちろんあります。略奪愛にはリスクがつきものですが、絶対に幸せになれない、というわけではないのです。

■略奪愛を繰り返すのはやめて!

略奪愛の末に幸せを手に入れたからといって、またその次も略奪愛をするのは避けたほうがよいでしょう。次第に「人のものじゃないと好きになれなくなる」といった現象が起きてしまう場合もあります。略奪愛のスリルが癖になってしまうのです。そんなあなたをみたら、周りの人はどう感じるでしょうか?自分の彼氏を奪われたわけではない友人まで、あなたの行動に引いてしまい、去ってしまうかもしれませんよ。略奪愛は、するとしても1回限りにしておくことをおすすめします。

■リスクがあっても手に入れたいなら略奪愛もありかも?

今回は略奪愛のリスクについてご紹介してきました。略奪愛には、さまざまなリスクがつきものです。しかし、たとえリスクがあってもどうしても「彼と幸せになりたい」と思うのであれば、覚悟があるならば、略奪愛に踏み切ってみるのも、ありなのかもしれませんね。

text:common編集部

Posted by admin