common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

初心者でもできる?セルフで簡単に二重が作れる「アイプチ」「二重テープ」のメリット・デメリットまとめ

2018.8.12

お人形さんのようにパッチリしていて可愛らしい二重…。多くの女性が二重になりたいと努力をしていますが、なかなかうまくいかないこともあるかと思います。特にまぶたが重い人の場合は二重が作りにくく、それがコンプレックスになってしまっているのではないでしょうか。 今回はセルフで簡単に可愛らしい二重が作れるといわれている「アイプチ」「二重テープ」について、それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

バレずに自然な二重が作れる「アイプチ」「二重テープ」とは

ここでは自然な二重を作る方法として「アイプチ」と「二重テープ」ついて紹介していきます。自分にあった方法があれば、ぜひ試してみてくださいね。

・アイプチとは

最初にご紹介するのはアイプチです。アイプチとは、まぶたを一重から人工的に二重にするための化粧品。初心者の人でも簡単に使え、くっきりとした二重を作るのにぴったりなアイテムです。二重を作りたい部分に液体を塗り、プッシャーで抑えて形を整えれば完成なので、不器用な人でもやりやすいのが特徴的です。ある程度使い方に慣れ、上手になってくれば自然な二重を作ることができるので、二重まぶたを作るためのおすすめのアイテムです。 最近では100均でもくっきりとした二重幅にしてくれるアイプチが販売されているので、まずは試しに使ってみてはいかがでしょうか?

・二重テープとは

アイプチと同じく二重を作るアイテムとして人気が高い二重テープ。二重テープとはアイテープとも呼ばれ、シールのようにまぶたに貼るだけで二重のラインが作れるアイテムです。 アイプチと違って液を乾かす必要もなく、なおかつ目立たずに二重幅を作れるので学生から大人の女性まで支持されています。片面だけのものや、両面タイプのものもあるので、自分の使いやすい方を選んでみるといいでしょう。こちらも100均で販売されているので、まずは手頃な価格で試してみることをおすすめします。

「アイプチ」「二重テープ」を使うメリット・デメリット

ここからはそれぞれの方法のメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

・アイプチを使うメリット

まずアイプチを使うメリットです。アイプチを使うメリットといえば、失敗しにくいところです。二重テープの場合、ある程度慣れていないと失敗してしまいがちですが、アイプチなら液体をまぶたにつけてプッシャーで形を整えるだけなので、初心者でも簡単で手軽に二重を作ることができます。

・アイプチを使うデメリット

アイプチを使うデメリットは、色々と手間がかかることです。液体を塗ったあとは乾かさなければならないですし、二重の形が気に食わなければ何度も直さなければなりません。またうまくできたとしても乾いた液がボロボロと落ちてきて、せっかくのメイクも崩れてしまいます。
また、やりすぎるとまぶたが腫れてしまう場合があるのもデメリット。皮膚がもともと弱い人の場合、かぶれて炎症を起こしてしまうことがあるので、きちんと確認した上でアイプチをするようにしましょう。また痒みや痛みがあった場合は、すぐに使用するのをやめて病院に行きましょう。アイプチは気軽に使える分、手間がかかったり炎症を起こしてしまうといったデメリットもあるのでそれらを理解したうえで使用することをおすすめします。

・二重テープを使うメリット

二重テープはアイプチと比べても、より自然な二重にすることができるというメリットがあります。アイプチはのりを使って二重を作るので、やや不自然な形になる場合がありますが、二重テープは曲線になっている為、自然な二重を作ることができるのです。またボロボロこぼれたりしないので、メイクをしやすいというメリットもあります。

・二重テープを使うデメリット

二重テープを使うデメリットは、簡単につくれる分、ちょっとした衝撃で落ちやすいところです。まぶたとまぶたを接着するので、汗やまばたきなどで落ちてしまうことも。また、つけるのが難しいというところもデメリットです。手先が不器用だったり、近視で鏡に近づかないと見えないという人には向いていないかもしれませんね。アイプチと同じく使い続けると皮膚が炎症を起こす場合があるので、痒みや痛みを感じたらすぐに使用をやめて病院にいくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は初心者でもセルフで簡単かつ手軽にできる二重を作る方法をご紹介してきました。どちらも手軽にできる分、メリットやデメリットがあるということがご理解いただけたかと思います。最初の頃はできなくても、慣れてくれば徐々に綺麗な二重を作ることができるので、練習して慣れていきましょう。ただ、やりすぎて炎症を起こさないように注意だけはしてくださいね。今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

text:common編集部

Posted by admin