common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

たっぷり使わなきゃ意味がない?化粧水の正しい使用方法とプチプラ大容量化粧水がおすすめなワケ

2018.8.12

みなさんは今、どのような化粧水を使用していますか?百貨店ブランドの化粧水を、節約しながら使用しているという方もいるのではないでしょうか。しかし、いくら百貨店ブランドの化粧水であっても、適切な量を使用しなければ効果は期待できません。百貨店ブランドの化粧水を節約して使用するくらいなら、プチプラの化粧水をたっぷり使用するほうが、お肌のためには良いことも。そこで今回は、化粧水の正しい使用方法や、おすすめの大容量プチプラ化粧水をご紹介していきます。

■化粧水の正しい使用方法は?

化粧水は、なんのために使用しているかご存知ですか?化粧水には、以下のような働きがあります。

  • 洗顔後の肌の保湿
  • その後使用するアイテムの浸透力を高める

化粧水は、肌を保湿するだけでなく、その後に使用するスキンケアアイテムの効果を高めてくれます。そのためには、たっぷりの化粧水を使用して、肌に水分を浸透させなくては意味がありません。

◇化粧水の正しい使用手順

続いては、化粧水の正しい使用手順をご紹介します。

  1. たっぷりの化粧水をコットンになじませる。
  2. 顔の中心から外側へ向かって、コットンを押し当てていく。
  3. 鼻筋や額は、コットンを滑らせるように使用する。

 

たったのこれだけです。コットンで化粧水を浸透させるときには、叩くのではなく、指の腹を使用して優しく押し当てるようにするのがポイントです。また、コットンを使用することで、化粧水が手のひらに浸透してしまうのを防ぐことができます。化粧水の有効成分を顔のお肌に届けるために、できる限りコットンを使用するようにしましょう。

■たっぷり使用できる!おすすめプチプラで大容量の化粧水

続いては、量を気にすることなく使用できる、おすすめの大容量なプチプラ化粧水をご紹介していきます。

◇ナチュリエ「スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)」

化粧品口コミサイト、@コスメの2017年の化粧水部門ランキングで見事1位を獲得したこちらの化粧水。 さっぱりとした使用感が人気です。500mlで650円という低価格。 顔だけでなく、ボディ用の化粧水として使用するのもおすすめです。

ハトムギ化粧水・ハトムギ保湿ジェル|naturie(ナチュリエ)公式サイト

◇無印良品「化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ」

続いてご紹介するのは、無印良品の化粧水。 肌を保護してくれる植物由来成分、スベリヒユエキス、グレープフルーツ種子エキスに加え、保湿効果の高いヒアルロン酸も配合されています。 気になるお値段は、400mlで、1,101円です。 携帯用の50mlサイズも販売されているので、まずはそちらでお試ししてみてもよいかもしれませんね。

無印良品 | 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ200ml 通販

◇セザンヌ「スキンコンディショナー 高保湿」

ドラッグストアで購入できるセザンヌの化粧水。ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸といった肌にうれしい成分がたっぷりと配合されています。弱酸性でお肌にもやさしいです。お値段は、500mlで650円となっています。

スキンコンディショナー高保湿 : 商品ラインナップ : CEZANNE/セザンヌ化粧品

◇ちふれ「化粧水しっとりタイプ」

保湿成分としてヒアルロン酸やトレハロースが配合された、ちふれの高保湿化粧水。べたつかず、角質層にしっかりと浸透してくれます。2回目からは、詰め替え用を購入できるのも、うれしいポイントです。お値段は、180mlで550円。詰め替え用は、150mlで450円です。

化粧水 | ちふれ化粧品

◇資生堂「アクアレーベルホワイトアップローション」

プチプラ化粧水であっても、美白もあきらめたくないという方にピッタリなのが、こちらの化粧水。うるおい成分の「ベビーアミノ酸」だけでなく、美白成分「m-トラネキサム酸」を配合。プチプラでありながら、しっかりとした保湿と、シミ対策に役立つ1本になっています。さらに効果を高めるために、化粧水単体ではなく、乳液、クリームとのライン使いがおすすめです。お値段は、200mlで1,400円となっています。

美白ライン|アクアレーベル(AQUALABEL)|資生堂

◇菊政宗「日本酒の化粧水」

ドラッグストアで購入できる、大容量の高保湿化粧水です。日本酒(コメ発酵液)と、保湿成分のセラミドが配合されたとろみ化粧水がかさつきや乾燥が気になる部分にすーっとなじみ、肌荒れのないしっとりもちもちの素肌に導きます。使いやすいポンプ付ボトルです。 お値段は、500mlで840円となっています。

日本酒の化粧水 高保湿|商品情報|菊正宗のものづくり|美を醸す。菊正宗の化粧品|菊正宗

■たっぷりの化粧水で、適切なスキンケアを!

今回は、量を気にせずたっぷり使用することができる、大容量のプチプラ化粧水をご紹介してきましたが、いかがでしたか?肌を保湿し、後から使用するスキンケアアイテムの効果を高めてくれる化粧水は、スキンケアの必須アイテムです。お値段が高い化粧水を、量を気にして少しずつ使用するよりも、プチプラ化粧水をたっぷり使用するほうが、お肌のためには良い場合もあります。プチプラであっても、お肌に良い成分が配合された化粧水はたくさんありますので、いろいろ試してみて、あなたに合う化粧水を見つけてみてくださいね。

text:common編集部

Posted by admin