common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

今ある基礎化粧品をワンランクアップ!オイル美容とは?おすすめの美容オイルと効果まとめ

2018.8.12

お肌のためにも良い基礎化粧品を使いたいけど、良いものはやっぱり高い。そう思っている女性は、多いのではないでしょうか? あるいは、子育てをしていてゆっくりと自分の美容に時間をかけている暇はない、なんて方も多いと思います。そんな女性にお勧めしたいのが、今流行のオイル美容です。

オイル美容とは 

ここ最近、女性誌などで取り上げられることの増えたオイル美容。聞いたことのあるかたもいるのではないでしょうか?でもなんだか、上級者向けの美容法なのでは、なんて尻込みしていませんか? そんなことはありません。普段のお手入れにオイルをプラスするだけ!なんてお手軽な使い方もあります。ここでは、そんなオイル美容について少し見ていきましょう。

オイル美容はベタベタする?

オイルを塗ったら、肌がベタベタしそう。ただでさえ、汗をかいたら、べたつくのに… オイル美容って聞くと、そう思っちゃいますよね。使えるのは明らかに乾燥している膝や肘だけ…そう思っていませんか?でも、違います!もちろん、手足にもおすすめなのですが、顔にこそ使ってもらいたいのです。何故なら、オイルを塗るだけで今持っている基礎化粧品の保湿力がグンと良くなるからなんです。

ブースターオイルとは

化粧水などの効果をより良くするために使うオイルのことを「ブースターオイル」と言います。ブースターとは、日本語で導入のこと。 化粧水などの導入としてオイルを使う、と言うことです。つまり、化粧水を塗る前に、用意したオイルを顔や体に塗るだけ。たったそれだけなのです。時間がない子育て中の女性でも、化粧品のランクを上げることはちょっと…と言う女性でも出来そうですよね。

ブースターオイルのおすすめな使い方

ブースターオイルの使い方でおすすめは、お風呂場で濡れたままの肌に直接塗ること。そうすることで、お風呂で柔らかくなった肌、お湯で保湿された肌を保てるような気がしませんか?そして子育て中の方は、お風呂上がりのバタバタの間に気が付けばお肌が突っ張ってカピカピに…と言う悲劇を避けることができますよ。それ以外にも、肌のバリア機能がアップをするという効果も期待できます。肌トラブルが少なくなるのだそうです。

オイルを塗ると保湿力が高まる理由

ではなんで、オイルを塗ると保湿力が良くなるのでしょうか? 何だか、逆にオイルのせいで化粧水をはじいてしまいそうだなって思いますよね。ここで、少しお肌の説明をします。みなさんも化粧品の宣伝などでお肌のイラストを見たことがあると思うのですが、お肌の表面には小さな部屋のようなものが沢山並んでいます。これを、角質細胞と言います。角質細胞の間にあって、角質細胞を繋げているのが細胞間脂質。 脂質、そう油です。なので、オイルは表面にとどまるのではなく、細胞間脂質に良く馴染みます。その結果水分を留めておく細胞間脂質が増えて、保湿力を上げてくれることになるのだそうです。 だから、オイルを塗ることで肌がオイリーになるのではないかと言う心配も必要ないのです。どころか逆に、適度なオイルを肌に足してあげることで、過度な皮脂の分泌を押さえることができて、肌のべたつきを押さえることができちゃいます。

では、オイルを塗ることでなんで保湿力が上がるのかを簡単に理解したところで、どんなオイルを使うのが良いのか、少し見てみましょう。

美容オイルは動物性と植物性どちらがいい?

オイルには、植物性と動物性のものがあります。

植物性オイルの代表的なものは

  • ホホバオイル
  • 胡麻油
  • オリーブオイル
  • アルガンオイル
  • ココナッツオイル
  • 植物由来のスクラワンオイル

 

などがあります。
一方、動物性オイルの代表的なものは、

  • 馬油
  • 深海ザメの肝臓由来のスクラワン

 

などです。
しかもオイルによっては保湿以外の効果が期待できるものもあるのです。

おすすめの美容オイルと美容オイルの効果

オイルによっては他の効果が期待できるものもあります!

ホホバオイルとココナッツオイル

まずお勧めなのが、ホホバオイルとココナッツオイルです。この二つは、日焼け止め効果が特に高いと言われています。なので、朝のお手入れの時に使えば、日焼け対策としても期待できちゃいます! また、ホホバオイルには、抗炎症作用も期待できるため、ニキビなどの予防にもなるのです。

アルガンオイル

ほかにもアルガンオイルには、皮膚の紫外線による酸化を防ぐ効果のあるビタミンEが豊富に含まれています。なので、アルガンオイルを朝のお手入れの時に使えば、お肌の酸化を予防できるのです。

このように、それぞれのオイルにはいろんな特徴があり、どれが良い、どれが悪いではなく、ご自分の用途などに合わせて、オイルを選んでいくと良いのかなと思います。

美容オイルを使うときに気を付けるべきこと

ただ、気を付けてほしいこともあります。酸化しやすいオイルは日中に使うとシミの原因になってしまうので、酸化しやすいオイルの場合は、夜のお手入れの時だけにしなくてはいけないということです。油焼けと言われる現象なのですが、純度の低い不純物の多いオイルでも起こりやすいため、危険だと言うことになります。なので、初心者の間は、きちんと肌に塗るように売られているものを使うことをお勧めします。売り場に行けば、オイルの持つ保湿力やどこに塗るのがお勧めなのかなども書いてあって、初心者でも分かりやすくなっていますよ。

最後に

ここまで読んでいただけて、オイル美容について少し興味を抱いていただけたでしょうか? 良かったら、一度お肌のお手入れに美容オイルを使用してみてください。

text:common編集部

Posted by admin