common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

見逃しがち!見た目年齢を左右する「首のシワ」改善ストレッチ【監修:トレーナー伊藤晃一】

2019.2.23

見た目年齢を左右する、首のシワ。自分で気づいていますか?今回は、首のシワを改善する簡単なストレッチをリカバリートレーナーの伊藤晃一さんが伝授していきます。

首のシワのせいで老けてみられる!

リカバリートレーナーの伊藤晃一です。

年齢を感じさせてしまう首のシワ。一度できてしまったらもう消えないとあきらめてはいませんか?今回は、そんな首のシワを改善する方法を紹介致します。ぜひ試してみてくださいね。

正しい姿勢が大事!まずは姿勢をチェック

首のシワができてしまうのは、姿勢とも関係があります。まずは、ご自身の姿勢をチェックしてみましょう。おひとりでチェックをする場合には、鏡や、携帯電話の撮影機能を使って行ってみましょう。

正しい姿勢というのは、

・耳の穴
・肩峰(肩の突起)
・大転子(股関節)
・膝関節
・外くるぶしのやや前方

が一直線になっている状態です。

正しい姿勢の確認  

右の写真のように、猫背になっている方や、生活習慣や仕事などの影響で頭部が前方に出ている状態になっている方は要注意です。

首のシワをよく観察してみると、その多くが首の骨の関節部位であることが分かります。まずは姿勢をもとの位置に戻し、首元を長くする習慣を持つことから始めましょう。

1、首の横を伸ばすストレッチ

首の動きを良くして、首を正しい位置に置きやすくしましょう。まずは首の横側のストレッチです。

写真では床に座ってストレッチを行っておりますが、椅子に座った状態、立った状態でも可能です。

首の横を伸ばすストレッチ

1、お腹に力を入れ、背中を伸ばしましょう。
2、首を真横に傾けていきます。
3、気持ちよいところで90秒伸ばしたら、反対側も同じように行います。

簡単なストレッチですが、頭部が背骨の真上に乗っていることが大切です。その位置から真横に動かすようにしましょう。姿勢が悪い状態で首のストレッチを行うと、真横に伸ばしているつもりでも、やや前方に傾いている場合があります。首の真横が伸びていることを感じながら行ってください。

この時、頭の動きに引っ張られて、肩が上がってしまわないように気を付けてください。首のストレッチで、頭の位置と肩の位置を離すようなイメージです。

伸びが足りない方は、そっと手を頭部に添えて押してあげてください。痛みや違和感のある方は無理をせず、ご自身の出来る範囲で行ってくださいね。

2、首の後ろを伸ばすストレッチ

首が前方に傾いているのであれば、首の構面を伸ばすことは不要ではないか?と考えがちですが、そんなことはありません。首を支える肩の付け根まで伸ばすことが可能です。

ずっしりと重い頭部を、支えている肩周りまでしっかり伸ばし、楽な状態を作っていきましょう。

首の後ろを伸ばすストレッチ

1、お腹に力を入れて、背中を伸ばしましょう。
2、頭の後ろに手を添えて、首を下に伸ばしていきます。
3、90秒伸ばしたら終了です。

首の付け根、肩の周辺からしっかり伸ばせるように意識をして行いましょう。伸ばしている最中、猫背にならないように、最後まで姿勢を保ちます。

無理に頭部を下方に押す必要はありません。あくまでも気持ちの良い範囲で行いましょう。こちらも痛みや違和感のある方は、無理をしないようにしてください。

3、首の前方を伸ばすストレッチ

首のシワ取りを行うときに、大本命ともいうべき、首の前方のストレッチです。この部位が、しっかり伸ばされることにより、頭部を後方に戻すことがより楽になります。また、首が長い状態を作り上げることで、小顔効果も期待できますよ!

首の前方を伸ばすストレッチ

1、お腹に力を入れて背中を伸ばしましょう。
2、頭部を上方に動かしていきます。
3、顎下に手を添えて、より伸ばしていきます。
4、30秒伸ばしたら、一度休憩し、3回伸ばしたら、終了です。

ご自身で確認しやすい首前方のシワを、しっかり伸ばすイメージで行います。顎を上げる動作に這い込むだけで苦しさを感じる方もいらっしゃいます。そういうときは無理やり伸ばさずに、無理のない範囲で行いましょう。

首の骨を回して、正しい姿勢にさらに近づこう

最後は動きを入れていきます。

悪い姿勢を続けていると、関節の機能が落ちていることがあります。首を正しい位置で動かして、正しい姿勢を身体で覚えていきましょう。

首を回すストレッチ

1、頭部を背骨の真上に置いた状態を意識し、仰向けで寝ます。
2、中心軸を意識しながら、首をゆっくりと右側に傾けていきましょう。
3、反対側にも同じように傾け、左右10回行ったら終了です。

左右に視線を送るだけではなく、頭部全体、首全体で動くように意識をしてみましょう。回数を重ねる中で、身体と頭部の軸が崩れないように丁寧に行いましょう。

 

今回は首のしわとりを行うための運動において、ストレッチを中心に紹介をさせていただきました。運動習慣のある方だと、負荷として、物足りないところもあるかと思いますが、必要なところをしっかり伸ばし、元の筋の長さに戻すことは、美容、健康の面だけではなく、様々なパフォーマンス発揮にも大切なことです!ぜひ覚えて隙間時間に行ってみてください。

伊藤 晃一

伊藤 晃一

トレーナー歴17年、リカバリー&ボディメイクトレーナーとして5000名以上を指導。
28歳の時にパーソナルトレーナー派遣会社を設立。29歳の時に渡米、NYにて出張パーソナルを行う。 帰国後、ヨガ、ピラティス、マスターストレッチ、ファスティング(断食)資格を取得し、“五感を満たせる快適な空間”でトレーニングを行えるスタジオ『Carpe Diem(カルペディエム)』を三軒茶屋にオープン。現在は、“一生涯 自分の足で健康に歩き続ける”をコンセプトに、全国にリカバリーパーソナルを展開中。
Instagram @koichiitoBLOGHP

Posted by admin