common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

日本人に多い猫背の姿勢。腰痛・肩こり・背中の痛みも…。猫背の原因と治す方法

2018.7.2

日本人に多い猫背の姿勢は、見た目の印象が悪いだけの問題ではありません。猫背は、腰痛・肩こり・背中の痛みなど身体の痛みを患ったり、ストレスが溜りやすくなるなど精神的な面でも様々な悪影響を及ぼします。猫背になってしまう原因と治す方法を見ていきましょう。

猫背になる原因は?

猫背になる主に原因を紹介します。原因を探り、当てはまる項目に合った治す方法を検討しましょう。

猫背の原因①:骨盤が歪んでいる

猫背になってしまう原因はいくつかありますが、最も大きな猫背の原因は骨盤にあります。
猫背とは背骨が丸くなった状態であり、正常な形状ではありません。

背骨の形状は骨盤の向きによって異なります。骨盤が歪んでいる場合、背骨が真っすぐにならず丸くなり、猫背になってしまうのです。脚を組むことが癖になっている、頬杖をつくなどの癖によって骨盤が歪んでしまいます。

猫背の原因②:背筋の衰え

デスクワークなど長時間座った姿勢で過ごしていると、背中に力を入れる必要がないため背筋が衰え、猫背の原因になります。

また、パソコンやスマートフォンを操作していると、画面を見るために顎が前に出ます。
スマートフォンやタブレットの操作をする際には、両肩が前に出る姿勢となり、背骨が曲がった姿勢で固定されてしまうのです。

そのまま長時間座っていると、背中の筋力が衰え猫背を悪化させます。長時間のデスクワークや、パソコンやスマートフォンの画面を見る際にも背筋を伸ばすことが大切です。

しかし筋力が衰えてしまうと姿勢を維持することもできません。体幹と呼ばれる胴体の部分を指す筋肉が衰えると、姿勢を維持できなくなります。年齢を重ねて徐々に猫背が悪化したという場合は、筋力の衰えが原因となっているケースが多いでしょう。

猫背の原因③:精神面が影響することも

猫背になる原因には骨盤のゆがみや筋力の低下だけではなく、精神面が影響を与えている場合もあります。

自分に自信がない、ストレスが溜まっている、悩みがあるといった場合、目線が下に向いてしまい猫背になるのです。一時的であれば猫背が固定されることはありませんが、常に下を向いていると背骨を固定する筋力が弱くなり、猫背になります。呼吸も浅くなってしまい、呼吸のしにくさから更に背骨が丸まってしまうのです。

猫背を放置するデメリット

猫背を矯正せずに過ごすことには、見た目の印象が悪いというだけではない様々なデメリットがあります。

猫背のデメリット①:身体的・精神的なトラブルを起こす

先にも挙げた通り、猫背になると肺や気道など臓器の圧迫により呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなることで自律神経の乱れに繋がり、ストレスが溜まりやすくなり情緒不安定になる場合もあるのです。

重症化するとうつ病になったり、月経不順など健康面でもトラブルを起こす可能性が高いでしょう。

胃が圧迫されているため、消化不良や食欲不振を起こすこともあるのです。血流が悪くなるため、内臓機能に支障をきたす場合もあります。

猫背のデメリット②:疲れやすくなる

骨盤が歪んでいることが大きな原因となる猫背ですが、そもそも骨盤が歪んでいる状態は全身のバランスが取れていないという状況です。

どこか一ヵ所に負担をかけて身体のバランスを保っているため、負担がかかっている部分の筋肉がコリます。筋肉のコリは、頭痛や全身の疲れを実感することにも繋がり、日中のパフォーマンスにも影響を及ぼすでしょう。

猫背を治す方法

猫背は、骨盤の歪みを解消したり筋力を上げることによって改善が可能です。
 

猫背を治す方法:座り方を変える

立ち姿勢よりも、座っている姿勢で悪化することが多いため、座り方を改善しましょう。猫背を治す座り方で重要な点は、「坐骨」と呼ばれるお尻の骨をバランス良く使用して座るということです。

坐骨で上半身を支え、骨盤の向きと背骨の角度を意識します。顎が出ると猫背になり、肩の筋肉にも負担をかけるため、顎を引いて胸を開くことも重要です。

坐骨を利用してバランスが取れないという場合には、背もたれのある椅子を使用しましょう。 背もたれに背中全体を付け、背中とお尻が90度になるように座ります。

猫背を治す方法:コルセットとサポーターを使用する

猫背の改善には筋力が必要であるため、筋力トレーニングを行いながら改善を目指す必要があります。

そのため、筋力が衰えている場合には、即座に治すことが難しいでしょう。そこで、トレーニングを行うと同時に猫背を矯正するグッズを使用することも有効です。

医療用コルセットには芯が入っているため、しっかりと腰骨を支えることができます。腰だけではなく背骨の一部もサポートする形状になっているため、背骨を曲げにくく猫背の予防になるでしょう。ドラッグストアなどで手軽に購入できるサポーターは、肩が内側に入ることを予防して胸を張る姿勢を維持できます。

猫背の原因と治す方法まとめ

腰痛・肩こり・背中の痛みに悩んでいる人は、もしかしたら猫背が原因かもしれません。

もしも正しい姿勢を維持することが苦痛であれば、筋力が衰えている可能性が高いでしょう。猫背の原因が分かると、自然と治す方法も見えてきます。姿勢が悪い場合には姿勢を正す、悩み事があっても視線だけは前を向くなど、簡単な治す方法から試してみてください。

text:common編集部

Posted by admin