common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

胸に違和感がある…これって病気のサイン?!胸の痛みが真ん中や左胸、右胸にある場合に考えられる原因は?

2019.3.17

なんだか最近、胸のあたりに違和感があるけれど、これは病気のサイン?!と気にしている方へ、違和感や痛みの感じ方、部位別に考えられる病気のサインをご紹介します。「左胸の下にズキズキとした痛みがある」「チクチクと左胸が痛い」「胸の痛みが真ん中にある」「左胸に違和感がありつっぱる感じがする」などお医者さんに行ったときにハッキリと伝えられるように痛みの場所を明確にしておきましょう。
 

◼︎胸の違和感・左右の胸の痛み・胸が苦しいのはストレスが原因かも

胸の違和感や胸の痛みというと心臓や肺を思い浮かべる方が多いと思います。胸の周辺には、心臓と肺だけでなく、食道や筋肉、神経などもあります。そしてそれらに酸素や栄養を供給するための大切な血管が走っています。もちろんその胸の違和感は胸部の皮膚の可能性もあります。
胸の違和感や胸の痛みがあるときは、体からの重大な危険信号の可能性がありますので、見逃さないようにしましょう。すぐにおさまってもまた胸に違和感があるようであれば、それも何かしらの病気のサインの可能性がありますから、病院にいって精密検査を受けることが大切です。
それでは、部位と症状別に考えられる病気をご紹介しますが、ストレスの多い現代社会ではストレスが原因で胸が苦しい・胸の痛みや違和感などの症状が出ると言われています。
胸の違和感や胸の痛み、胸が苦しい原因がストレスと考えられる例もご覧ください。

左右どちらかのチクチクとした胸の痛みもストレスが原因?

左右どちらかの胸がチクチクと痛むような感じがして気になるという方はいませんか?もしかしたらその胸の違和感や胸の痛みはストレスからくるものかもしれません。もし、あなたの胸の違和感や胸の痛みが左右どちらかでチクチクするという症状だった場合、その左右の胸の痛みはどのくらいの範囲ですか?
病院に行って検査を受けたけれど、心疾患や血管疾患など全ての検査が陰性だった場合【胸痛症候群】と呼ばれるものかもしれません。この疾患の原因などは分かっていませんが、ストレスも要因の一つとして考えられています。
胸痛症候群の場合、チクチクとした痛みが広範囲にわたることはなく、小さな範囲でとどまるそうです。普段からストレスにさらされている人は少し生活環境を見直す必要があるかもしれませんね。

胸が苦しい場合もストレスの可能性

ストレスを感じた時に、胸が苦しいと感じる方がいると思います。胸が苦しいととても不安になりますし、呼吸ができなくなるかもと心配になりますよね。
もしかしたら、胸が苦しい原因はストレスによる【過呼吸症候群】かもしれません。過呼吸というとイメージするのは、呼吸を吸いすぎてしまうことだと思います。でも、軽い過呼吸症候群の場合、呼吸の苦しさよりも胸が苦しいと感じる人もいるのです。
胸が苦しい過呼吸は、ストレスや精神状態と深く関わっていますので、自分が過呼吸症候群かもと思ったら大きな発作になる前に一度心療内科に相談してみましょう。

◼︎胸の場所別の違和感や痛みの原因は?

胸の場所と言っても、具体的にどことは言いづらい場所もありますよね。お医者さんに行ったときに、「左胸の下にズキズキとした痛みがある」「チクチクと左胸が痛い」「胸の痛みが真ん中にある」「左胸に違和感がありつっぱる感じがする」などハッキリ伝えられるようにしておく必要があります。
今回はそんな胸の場所別の痛みや違和感の原因として考えられる病気などをご紹介します。ただし、「絶対にこの病気だ」というわけではありませんし、「大丈夫」と思わずに胸に違和感や痛みがあったらまずはお医者さんに診てもらうようにしましょうね。

胸の痛みや違和感が胸の真ん中や左胸にある

胸の痛みや違和感が胸の真ん中にある場合。胸の真ん中には胸骨という肋骨をつなぐ1本の骨があります。そしてそのまわりに肋骨があり、その中に心臓と肺2つがおさまっていますね。心臓から全身に血液を送るための血管は大動脈といって、初めに心臓から体の左側へ流れていきます。胸の痛みや違和感が胸の真ん中や左胸にある場合は心臓やその周囲の血管になにか関係しているかもしれません。

左胸から肩にかけてだるい

左胸から左肩にかけてだるい、肩がこるような違和感がある場合、突然発症する心臓の病気の可能性があります。心臓に関する病気の場合、肩こりやだるさが出る場合もあります。また、心臓の病気というと左胸が痛くなると考えがちですが、痛みを感じる際は「胸痛みが真ん中にある」と感じる人も多いようです。

左胸や左胸下あたりでつっぱる感じがする

左胸や左胸下あたりがつっぱるようなキューと締め付けられる違和感や、左胸や左胸下あたりが痛み、一瞬で消える…といった、左胸や左胸下に関する痛みや違和感などでつっぱる感じがしたなら、突然発症する心臓の病気の可能性があります。もしくは心臓のポンプに問題がある可能性があります。

胸の痛み!右胸もしくは左胸が痛い、チクチクする

チクチクするような鋭い痛みで右胸または左胸が痛い場合。チクチクと右胸・左胸が痛いなどどちらか一方だけなら助骨痛や神経痛などの可能性があります。

胸の痛みや違和感が胸の真ん中より少し下にある

胸の痛みや違和感が胸の真ん中より少し下の胃の付近にあり、胸が時々痛くなってはおさまるのを繰り返す。さらに発熱があり、胸の違和感とともにむかつきがある場合、心臓や肺ではなく、逆流性食道炎などの可能性もあります。胃液が逆流することで胸のあたりに違和感があったり、むかつきがでます。

胸の痛み!右胸・左胸が痛い、ズキズキとした痛み

痛みの表現は様々で、ズキズキやチクチクなど人によって表現は違います。「お医者さんにいくとどのように痛いですか?」と聞かれることも多いので、自分の中でしっくりくる表現を見つけておきましょう。右胸や左胸が痛い場合で「ズキズキ」と痛む時、チクチクとした痛みと同様の病気の可能性もあります。
また、風邪を引いて咳をし過ぎたときに右胸や左胸や下らへんにズキズキとした痛みを感じる人もいるかと思います。その場合は胸の痛みが原因ではないですが、咳がなかなか治らず続いて胸にズキズキとした痛みが出てくることがあります。その場合は肺炎などの可能性もありますから、早めに病院に行くようにしましょう。

胸の痛みや違和感あ右胸や右胸の下にある

右胸に違和感があるときは、心臓の血管よりも肺腫瘍や肋間神経痛が考えられるかもしれません。違和感ではなく右胸の下が痛む場合は典型的な虫垂炎(盲腸)の症状です。すぐに病院に行きましょう。また、ごくまれに右胸心といって、心臓の位置が左右反転している人もいるので、その場合胸の痛みや違和感が右胸にあれば心臓の病気かもしれません。ただしそれは右胸心の人の場合だけです。

◼︎胸の違和感はこんな病気が考えられる!?

心臓や血管系の病気の場合、症状が人によってバラバラな事が多いためしっかりと問診を受ける必要がありますが、胸の違和感や痛みから考えられる疾患は以下の通りです。

▪︎心筋梗塞

胸の違和感や痛みというと真っ先に心筋梗塞を思い浮かべるひともいるのではないでしょうか。医療者もまず始めに胸の違和感と言われるとドキっとします。もし心筋梗塞になってしまった場合、非常に強い胸の痛みを感じる人が多いですが、中には「左胸のあたりに違和感がある」というだけの漠然とした痛みの可能性もあります。もし他にも「胸だけでなく左肩や鎖骨のあたりにとても違和感がある」だったり「胸の真ん中もしくは左側にもやもやとした違和感がある」「左胸に違和感があって痛い、つっぱる」という症状が30分以上続くようであればすぐに病院に行って、受付で胸の違和感があることを伝えましょう。心筋梗塞はいつ起こるかわかりませんから、普段から規則正しい生活を心がけたいですね。

▪︎狭心症

狭心症は小さな小さな心筋梗塞ということをご存知でしたか?狭心症は、すぐに溶けてしまう血栓がほんの一瞬だけ心臓に血液を送る血管を詰まらせることで起こります。そのため、狭心症の症状は一時的な胸の痛みであることが多いです。狭心症の症状は「胸がギューっと締め付けられるような痛み」であることが多いです。ただ、放っておくと血液が固まりやすい状態になっていますから、血管が詰まったままになり心筋梗塞になってしまう可能性があります。血液をサラサラにする薬を内服する必要があるかもしれません。
狭心症かなと思う方は病院で検査を受けてみてください。

▪︎不整脈

不整脈は心臓の脈のリズムが一定でなくなってしまう病気です。不整脈になると「動悸がする」、「胸の真ん中もしくはやや左に違和感」、「胸の違和感と吐き気、冷や汗」などがあります。不整脈が起きているときは、1回の心臓のドキッという動きで送らなければならない血液量がとても多いため胸のあたりに違和感があったり吐き気を感じることがあります。
不整脈がひどくなると、心臓が十分な血液を体に巡らせることができなくなってしまいます。脳に十分な血液が送られないと一時的に意識がなくなる可能性もあります。

▪︎胸腺の疾患

胸の真ん中を触ると骨がありますよね。それは胸骨と呼ばれるものです。その胸骨の中には胸腺というとても大きなリンパ節の仲間があります。この胸腺になんらかの疾患(胸腺腫、胸腺がんなど)があると胸の真ん中に違和感を覚えることがあります。ただ、胸腺になんらかの異常があった場合、熱が出るなど他の症状が発生することも多いため、胸の痛みや違和感だけで判断することができません。医療機関で調べてもらいましょう。

▪︎肋間神経痛

こちらは、胸の真ん中・右胸・左胸の違和感に限らず、肋骨のある部位であればどこでも起こり得ます。肋間神経がなんらかの原因で圧迫されたり、炎症などで周りの組織とくっついてしまった時にチクチクと右胸もしくは左胸が痛いことや違和感があることがあります。常に不自然な体制を取っていたりするとその部分の肋骨が圧迫されてチクチクとした痛みが起き、右胸・左胸が痛いのだと言われています。

▪︎帯状疱疹

「胸に違和感がある、痛い」と感じたら、皮膚の観察してみましょう。もし胸の痛みを感じる部分にポツポツと赤い湿疹のようなものがあったら、それは帯状疱疹かもしれません。
すぐに医療機関で診てもらって早めに治しましょう。

◼︎胸の違和感があったらどんな検査をするの?

心臓の病気が疑われるときは、まず始めにレントゲンを撮ります。レントゲンを撮ることで心臓の様子だけでなく、胸部全体の様子を確認することができます。肺に水が溜まっていないかなども確認することができます。
そして、血液検査も重要です。心筋梗塞や腫瘍などがある場合、特定の血液データに変化がみられますので、病気を知る手助けになります。
胸の違和感や痛みを訴えた場合、心電図も必要です。心電図は心臓のどの部分に異常があるか発見することができるのです。心電図で詳しく波形を確認し、心臓に異常があることがわかった場合は心臓カテーテル検査というものを行う可能性もあります。
心臓カテーテル検査は、腕の血管から心臓に造影剤を流し入れて心臓の様子をみる検査です。昔は足の付け根からしかできなかったのですが今は比較的楽に検査を受けることができます。

◼︎最後に

胸の違和感のお話をして怖いなと思った方や、ちょっと心当たりがあるかもと思った方は、ぜひかかりつけの先生や健康診断で相談しましょう。胸の違和感がすぐにおさまるからと放っておくと急にひどい症状になってしまう可能性がありますので、定期的に検査をすることもおすすめします。普段から規則正しい生活を心がけることがいちばん重要ですので、不摂生な生活を送っているなと思う方は生活スタイルを見直すチャンスかもしれませんよ。

text:common編集部

Posted by admin