common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

夫のむかつく発言への対処法や仕返し方法!夫が嫌いでしょうがないのに離婚しないのはどうして?

2019.3.17

結婚する前は優しかったのに、結婚した後は夫に無性にむかつくことばかり…そんな夫婦は多いのではないでしょうか?夫は仕事から帰ってきても「疲れた」と言って何もしない。そのくせ、親戚や友人の前では“良き夫”を演じたがる…。そんな夫を見ているとむかつくし怒りが沸々と湧いてきますよね。結婚してしばらく経って「夫の存在そのものがむかついてたまらない」という意見も、もはやお馴染み。今回は主婦のみなさんが悩まされている「夫のむかつく発言」や、明日からでも実践できる「むかつく夫への仕返し方法」をご紹介していきます。

状況別!夫のむかつく発言

はじめに、世の中の主婦のみなさんが思わずむかつく夫の発言を、状況別に見ていきましょう。夫のむかつく発言の数々に、思わず共感してしまうこと間違いなしです。

共働きの夫に言われてイライラする発言

・「女は楽でいいよな。男は会社でも家でも大変だよ」
・「パートなんて、どうせ大した仕事じゃないんだろ?」
・「俺は仕事で疲れてるんだ!家でくらいゆっくりさせてくれ!」

“上から目線で妻の仕事を見下す発言”や“自分は仕事で疲れているアピール”は、共働きの夫に言われてイライラする発言の定番。妻がパートの場合でも正社員の場合でも、「家事は妻がするもの」と思っている夫もいるのです。共働きの妻は負担が増える一方で忙しく動き回っているときに、何もせずにいる夫の姿を見ると何よりもむかつくようです。
共働きで夫も妻も条件は同じなのに「女は楽でいい」なんて発言をされたらイライラしますよね。「共働きだし、私は家事もしてるのおかしくない?」とむかつく夫の発言にイライラして言い返したくてたまらない!という妻は多いです。

妊娠中に夫に言われてむかつく発言

・「本当に太ったよね。関取みたい」
・「その体型、子供産んだら戻るの?大丈夫?」
・「立派なおばちゃん体型だね」

妊娠中の妻が夫に言われてむかつく発言ナンバーワンは、「太ったことを指摘する発言」です。妊娠中は、体質が変わったり食べづわりの症状がでたりして体重が増加しやすいもの。これは出産に備えて身体が準備を始めている証拠であり、仕方ないことなのですが、妊娠前に比べて体型が変わってしまったことを気にする女性も少なくありません。そんな妊娠中の不安定な時期に夫から体型のことを指摘されたら、デリカシーのなさにむかつくのも無理ないですね。

育児中に夫に言われてむかつく発言

・「腹減ったんだけど、ご飯まだ?」
・「ゆっくり眠れないから、早く子供を黙らせてくれ!」
・「平日は家族のために仕事して、休日返上で子供と遊ぶなんて、俺は本当に良きパパだよな~」

育児中にも関わらず何もしないで食事の催促をしたり、泣きやまない我が子を見て「うるさい!」と怒鳴ったり、たった半日子供と遊びに出掛けただけでイクメンぶったり…。育児に参加する気ゼロの夫の発言は、ことごとく妻の神経を逆なでします。都合の良いときだけ良き夫でいようとする態度は、本当にむかつくものですよね。
「子供の泣き声がうるさい」という発言に関しては、もはや大切な我が子の前で声に出していい内容とは言えません。自分の都合しか考えない夫を目の前にしてむかつくなという方が難しいでしょう。

夫のむかつく発言への最善の対処法は「無視」?

夫にのむかつく発言に対してどうしても言い返したくなりますよね。でも言い返しても夫にさらにむかつく発言で言い返されて終わり。こういった夫のむかつく発言として一番いい対処法は無視することです。むかつく発言をあえて無視することで「本気で怒っている」と思わせる効果もありますし、言い返すだけ時間の無駄だと思うようにしましょう。普段むかつく夫とよく口論になるという妻は、本気でむかつく時は無視してみましょう。夫は「あれ?いつも言い返してくるのに無視?」と焦るはずです。
逆に普段夫にむかつくときは、対処法として無視しているという人の場合、思いっきり言い返すという対処法がおすすめです。夫のむかつく発言への最善の対処法は「いつもと違う怒り方をする」ということなのです。

夫が嫌いでしょうがないのに離婚しない夫婦の秘密

夫が嫌いでしょうがない、旦那が嫌いでたまらないという妻は、離婚しないで夫婦生活を続けている人が多いです。彼女たちはなぜ、むかつく夫と離婚せずにいられるのでしょうか?
その秘密を覗いてみましょう。

夫が嫌いでしょうがないのに離婚しない夫婦の秘密①仮面夫婦である

夫が嫌いでしょうがないという妻の中にも、離婚せずに「仮面夫婦」として生活を続ける人がいます。彼女たちが離婚しない理由は、ずばり「子供のため」。「旦那が嫌いでたまらないけど、子供にとって良きパパでいてくれるならそれでいい」と、離婚を思いとどまる妻が多いのです。名字が変わる・家庭環境が変わるなど、親の離婚は子供自身にも様々な影響を与えますから、「成人するまでは離婚せず、子供の前では仲の良い夫婦でいよう」などと目安を決めておくのは、いいことかもしれませんね。

夫が嫌いでしょうがないのに離婚しない夫婦の秘密②「お財布」「同居人」と割り切る

むかつく夫のことは、「お財布」「同居人」と割り切って生活するという妻もいます。多様な生き方・働き方が認められつつある現代ですが、バツイチ独身女性への風当たりはまだまだ強いのが現状。どんなにむかつく旦那でも、いないよりはいてくれたほうが、何かと女性や子供に有利に働くことが多いのです。旦那が嫌いでたまらないけど、むかつく以外に害がなく我慢ができるのなら、わざわざ離婚という苦しい道を選ぶ必要はないでしょう。
夫のことが嫌いでしょうがないくらいストレスが溜まっているのなら、こちらも「生活のために利用してやる!」くらいのスタンスでいれば良いのです。

夫が嫌いでしょうがないのに離婚しない夫婦の秘密③趣味に没頭できている

ランニング・手芸・読書・お茶会などなど、自分の趣味を持っている場合も、離婚しにくいと言えるでしょう。「夫が嫌いでしょうがない」「旦那が嫌いでたまらない」という感情に囚われてばかりではどんどんストレスが増していきますが、趣味で上手に発散できていれば心の余裕が生まれます。その心の余裕が夫婦関係の改善に繋がり、離婚を思いとどまることができるのです。

離婚はしないけど旦那への怒りがおさまらない!むかつく時の仕返し方法

家事も育児も妻に任せっぱなしの癖に、上から目線の物言いや無神経な発言を繰り返す。そんな態度をとられては、旦那への怒りがおさまらないのも無理はありません。気持ちをスッキリさせるためにも、むかつく旦那にはきっちりと仕返しをしてやりましょう。明日から実践できるむかつく旦那への仕返しを3つご紹介します。

むかつく旦那への仕返し①靴に小石を入れておく

むかつく旦那への仕返し1つめは、「靴に小石をいれておく」こと。旦那の帰宅後、仕事用の靴に小石を忍ばせておき、翌朝旦那が靴を履いて「イテッ!」となる瞬間を楽しもうというものです。朝の忙しい時間帯、痛みと焦りであたふたする旦那をみれば、ニヤリとせずにはいられないはず。ナチュラルな方法のため、「妻がやった」と気づかれにくいのもメリットです。

むかつく旦那への仕返し②食事を質素にする

むかつく旦那への仕返し2つめは、「旦那の食事を質素にする」ことです。

・お弁当を日の丸弁当にする
・夕食の品数を減らす
・旦那の嫌いなメニューで統一する

など様々な方法がありますので、やりやすいものから実践しましょう。「私は外で夕食を済ませてくるね」「今日は子供たちと先に食べてるね」と伝えて、むかつく旦那抜きで豪華な外食を楽しむというのもアリです。旦那への怒りがおさまらないときくらい、家事を放棄してもバチは当たりません。

むかつく旦那への仕返し③洗濯物を裏返しにしておく

むかつく旦那への仕返し3つめは、「洗濯物を裏返しにしておく」というもの。その言葉の通り、むかつく旦那の靴下・下着・ワイシャツなどを、すべて裏返しにして収納するという仕返し方法です。靴に小石をいれる仕返し方法同様、朝の忙しい時間帯に慌てふためく旦那を見ることができますよ。どうせシワになってしまうので、気が乗らなければむかつく旦那のためにアイロンもかけない仕返しもいいでしょう。

旦那がいるだけでストレス!旦那が家にいなくてもストレスを感じて旦那嫌いになる

むかつく言動があるとはいえ、旦那とは、お互いが愛し合って結婚したパートナー同士でもあります。心のどこかで、「新婚時代はあんなに仲良くできていたのに、いつからこうなったんだろう?」と、旦那がどんどん嫌いになることに戸惑いを感じているという人もいるのではないでしょうか?「夫婦でいる時間が長くなれば、旦那がどんどん嫌いになるのはしょうがないこと」という考えもごもっともですが、実はこれには、“夫婦として一緒に過ごす時間”以外でも旦那嫌いになるストレスがたまることもあるのです。

「旦那がいるだけでストレス!」というように、一緒にいる時間に感じるストレスはもちろん旦那嫌いの原因になりますが、夫婦間の話し合いが不十分だったり、妻側が気の弱い性格で自分の意見を主張できなかったりする場合に旦那が家にいない時間でも夫婦関係の不調からストレスを感じて旦那嫌いになっていくのです。
まさに「塵も積もれば山となる」で、最初は小さな不満でも、それを溜め込んでしまうことで怒りや不満が嫌悪感に変わり、旦那がいるだけでストレスを感じるようになったり、旦那がどんどん嫌いになるのです。

夫婦でむかつくことが会ったり不満が出たときに拗ねたり黙ったりするのではなく、きちんと話し合いや主張の場を設けることができれば、ストレスがたまらずそこまで旦那嫌いにはなりません。新婚時代のように穏やかに話し合うことは難しいかもしれませんが、旦那がいるだけでストレスになったり、旦那がどんどん嫌いになるのが嫌ならば、一度きちんと夫婦会議の時間を設けたほうが良いでしょう。

むかつく発言ばかりの旦那がどんどん嫌いになるなら離婚も…

話し合いの場を設けたくても、応じてくれずストレスが溜まる一方でしかないときは、むかつく旦那との離婚を視野にいれるのもひとつの手でしょう。「主婦のくせに偉そうなことを言うな」等のモラハラまがいの発言をされる・酒癖が悪い・借金があるなどのむかつく発言以外の問題がある場合も、同様にむかつく旦那との離婚を考えて良い基準となります。むかつく旦那に、あなたの人生を辛く苦しいものにされる筋合いはありません。

旦那が嫌いでたまらないから離婚したい場合でも、まずは冷静に

いくら旦那が嫌いでたまらない場合でむかつくことがあっても「すぐに離婚して!」と言わないようにしましょう。旦那が嫌いでたまらないからこそ、一旦冷静になって考える必要があります。むかつく旦那に対して感情的にならず、離婚にあたっての準備は念入りに行いましょう。一人であれば、むかつく旦那と離婚後も自分の頑張り次第で暮らしていけますが、子供がいる場合は親権や養育費など複雑な事情が関係してきます。
「旦那がむかつくから」「旦那がどんどん嫌いになるから」という理由だけで衝動的に離婚してしまうと、後々後悔したり、子供に辛い思いをさせたりすることに繋がりかねないのです。離婚後もしっかり自分と子供の生活を守れるよう、貯金をためておくことはもちろん、慰謝料や助成金についても調べておくと良いでしょう。

むかつく夫のことだけでなく、自分のことも大切に!

一緒に生活をしている以上、お互いに腹が立つことは避けられません。イライラが積もりに積もって、離婚したくなることも多々あるでしょう。「夫婦だから全てを我慢しなければいけない」なんてことはありません。あなたに限界が来る前に、不満に感じている点について、夫ときちんと話し合いましょう。話しさえさせてもらえないのなら、今回ご紹介した仕返しを実践して気分をスッキリさせるのもアリです。むかつく夫のストレスを発散して、あなたが心地よい毎日を過ごせることを祈っています

text:common編集部

Posted by admin