common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ネット恋愛とは?初めて会う前に付き合うこともある?ネット恋愛から結婚するカップルも

2019.3.10

最近、良い出会いがないなあ…と何かにつけてぼやいている人、いるのでは?たしかに学校に仕事にやるべきことは多いし、趣味など自分の時間もしっかりと楽しみたい忙しい現代人には、従来型の「恋愛」をするのは少しばかりめんどくさい部分もあります。そんな時は「ネット恋愛」をするのはいかがでしょうか?そもそも、恋愛に割ける時間もそんなにないという忙しすぎる人にもネット恋愛という選択肢があります。それでは、IT社会の現代ならでは「ネット恋愛」についてさまざまな面にせまってみましょう。
 

ネット恋愛とは

そもそもネット恋愛とは何かというと、オンラインゲームやSNS(Facebook、Instagram、Twitterなど)スカイプや婚活アプリ・婚活サイトなど、オンライン上でやりとりを行う恋愛の形です。特に近年のSNSの発展によりネット恋愛がとても人気です。ネット上では世界中の人々と簡単につながることができ、恋愛対象になりうる人を見つけるのも簡単であるため婚活の手段としても人気になってきているようです。まさにグローバル化が進む現代的な恋愛スタイルと言えるでしょう。

ネット恋愛のやり方とは

ネット恋愛のやり方はどうするのでしょうか。

まずは自分にあったSNSを始める

最もポピュラーなネット恋愛のやり方のひとつとして、ソーシャルネットワーク(SNS)が挙げられます。出会いを目的としたSNSやサイトで知り合ってネット恋愛が始まるパターンもありますが、共通の趣味を持った人同士のSNSでの交流を通して出会ってネット恋愛に発展していくというパターンもあります。ネット恋愛を始めたいと思ったら、自分に合ったSNSやオンラインゲーム、サイトなどを探して始めてみましょう。

ネット恋愛は主に2パターンの出会い方がある

趣味や普段の交流からネット恋愛に発展するパターンと、最初から恋愛目的のサイトなどで知り合うネット恋愛のパターンがあります。いわゆる出会い系サイトで知り合った相手と付き合うということはリスクもあります。おすすめなのは、共通の趣味などを通じて知り合って、交流を深めてから複数人でオフ会のような形で顔を合わせて、そこからお付き合いに発展するパターンかと思います。

気になる相手との仲を深めよう

たいていの場合SNSには実際に会ったことのない相手にもお互いしか読むことができないメッセージを送る機能が付いています。例えば、普段のSNS上で気になる人がいれば、その人とまずはSNS上の公なやりとりをしてみましょう。そしてお互いを認識し合ってから、ダイレクトにメッセージを送り合うのが基本的なやり方になります。

続いては、気になる相手との仲を深めていき、そこからネット恋愛にどのように発展していくのかをご紹介します。

ネット恋愛で知り合った相手と会う前に付き合うこともある?

「ネット恋愛」はネットで知り合って連絡を取り合っているだけではただの「ネット友達」ですよね。そこから「付き合う」となるまでには2パターンあります。

1、    ネット上で知り合って、会う前にお付き合いを始める
2、    ネット上では友達のままで、会ってからお付き合いを始める

顔の見えるやりとりやSNSで常にお互いの動向をうかがい知ることができたら、ネット恋愛中に会うこともなくおつきあいが始まることもあり得ます。なぜなら、ネット恋愛は相手とあたかも実際に会って話をしているように感じることが多々あるから、実体験としてデートなどをしていなくてもそのまま交際まで気持ちが発展しやすいからです。
また、お付き合いまでにそこまで時間をかけたくないと考えている人も多いのかもしれません。だから実際に会わずともお付き合いを抵抗なく始める場合があるのですね。

ネット恋愛で重要なのは「電話」

実際に会う前にお付き合いをしたり、付き合いたいなと思った場合に重要なのが「電話」です。ネット上のメッセージのやり取りだけでお付き合いすることを決めていいのか、と悩みますよね。でも、お互いの仕事の都合や住んでいる場所などの都合で、簡単に会うことはできない…。そんな時は「電話」をしてみましょう。
ネット恋愛では相手を信用しすぎないことが重要です。「もしかしたら体目的かも」「もしかしたら結婚してるかも」など実際に会って本当に「お付き合いしていい人」なのかを確認するまでには時間が必要です。でもネット恋愛はお互いに会わないまま話が進んでいくことが多いので、電話で相手の反応を確かめましょう。

「電話したい」とネット恋愛の相手に伝えてみましょう

相手から会う前に「付き合おう」と言われたり、自分で「この人と付き合いたい」と思うようになったら、相手に「電話したい」と伝えて反応をみましょう。実は家庭がある人だと、家で電話ができないので「電話はちょっと…」と断られる可能性があります。
電話ができない理由は「仕事で忙しいから」などいろいろありますが、いつもメッセージをやりとりしている時間帯が決まっているような相手ならその時間に電話ができないはずはありません。「緊張しちゃうから」などと言われるかもしれませんが、ネット恋愛で相手を選ぶ際には「電話したい」と言ってみて反応をうかがうのもいいかもしれませんよ。

ネット恋愛の相手には電話番号は絶対に教えない!無料通話アプリを利用しよう!

「電話したい」と相手に伝えて、電話することになった場合、絶対に自分の電話番号を相手に教えないようにしましょう。電話番号は個人情報です。簡単に変更することもできないですし、電話番号などの個人情報を相手に教えたら、そこから色々と調べられてしまうことだってあります。ネット恋愛で知り合って、まだ相手の素性が分からない場合は電話番号を教えるのではなく無料通話アプリなどを使ってお金をかけずに電話するようにしましょう。

ネット恋愛で初めて会う時の注意点

さて、ネット恋愛がうまく進めばお互い「実際に会ってみたい」という思いが芽生えると思います。またここで注意ですが、ネット上から飛び出して実際に会うということはネット恋愛のゴールのひとつとも言えますし、一方で終わりとも言えます。ネット恋愛の利点のひとつに「顔が見えない同士である」というものがありますが、実際に会うとそのバリアが解かれてしまいます。それが良い方向に進む場合も、逆に残念な結果になる場合もあるということを念頭において「今度会えない?」とメッセージを送りましょう。

ネット恋愛で会うのが怖いと思う場合は、場所や時間帯を考える

相手はネット上で親交を深めた相手だとしても、まだ会ったことのない見ず知らずの男性です。会うのが怖いのは当たり前です。逆に怖いと思わずに無防備に会う方が危険です。

・2人っきりで会わずに喫茶店など他の人がいるところで会う
・どんな事情があっても相手の家には絶対に行かない
・現地集合、現地解散を徹底し、相手の車には絶対乗らない
・昼間だけ会うなど時間帯も考える
・友達についてきてもらったり相手と会う時間や場所を伝えておく

など、ネット上のやり取りで相手を信用しているかもしれませんが、会うとなったら話は別です。疑うことが相手に失礼だと思わずに、自分主導で会う場所や時間帯を決めましょう。

ネット恋愛で会う時は顔を知らないので幻滅することも…

ネット恋愛の末、初めて会うときに相手の顔を見て幻滅してしまうことだってあり得ます。どうしても顔が生理的に無理だった…というのも考えられます。顔で判断するのはよくありませんが、ネット上で仲を深めた相手でも、顔がどうしても無理だった場合はその場はうまくやり過ごして、そのままフェードアウトすることがおすすめです。

ネット恋愛で初めて会う時に顔を見てがっかりしないために

初めて会う以前にオンラインでテレビ電話(FaceTime、Skypeなど)をして、会話の雰囲気や見た目をさりげなくチェックしておくと、ネット恋愛の相手に初めて会う時に「顔を見て幻滅・がっかり」という事件を未然に防ぐことができそうです。

実際にネット恋愛から始まって結婚したカップルはたくさんいる!

そもそも、ネット恋愛で出会った人と実際に付き合うことはできるのでしょうか?恋愛の始まりがネット恋愛だったらなんとなく本気になれないのではと感じてしまいそうですね。
ネット上での出会いは普通に生活しているよりも少しの時間で大勢とコミュニケーションを取ることができるため、恋愛のマッチング率も上がりやすくなると考えられます。さらに恋愛専用のWebサービスもあるため、本気の恋愛を望んでいる人も分かりやすく、実際のお付き合いにも発展することも十分にありえます。現代社会において恋活・婚活の出会い獲得の効率に関しては、圧倒的にネット恋愛の方が秀でているといえます。
ただ、結婚ともなると親に相手を紹介したり、出会いを説明する場面も出てきますよね。その際に「ネット恋愛で」というと色々と問題がでてくることもあるのです。

ネット恋愛の相手と結婚する際の問題点①親に反対されることがある

親世代はネット恋愛に対してとても否定的な人が多くいます。そんな出会い方をした男性に対して信頼できないと言って反対するというパターンが多いので、ネット恋愛で出会ったとは正直に言わず、「友達の紹介」とごまかしてもいいかもしれません。でもできれば「ネットで知り合った」とはっきり伝えたほうが親には嘘をつかなくて済むのでいいですよね。

ネット恋愛の相手と結婚する際の問題点②結婚式のなれそめ

もし仮に親がネット恋愛で出会った相手との結婚を許してくれたとしても、結婚式のなれそめで「ネットで知り合った」とは言えないですよね。結婚式ではネット恋愛で知り合った夫婦については「共通の趣味で知り合った」と表現することが多いようですね。親戚なども多く来る結婚式だとやはり、「ネットで知り合った」というのはイメージが悪いのが事実。なれそめに関して嘘をつかなくてはいけないのは、自分たちの出会いを否定しているようで辛いかもしれませんが、理解できない世代に理解してもらうのは難しいので、出会いはぼやかした方がいいかもしれませんね。

ネット恋愛の相手と結婚する際の問題点③結婚詐欺の可能性

実際に結婚するまでになったら相手の家族とも会って信頼関係が結べている状態だと思います。でも、ネット恋愛で知り合って結婚の話が出たのに家族に会わせてくれない場合などは要注意。まだ相手の素性がよくわからないうちに彼にお金を渡したり、高い買い物を勧められても断るようにしましょう。

ネット恋愛の相手と別れたいと思ったら?

いくらネットの世界の恋愛だからと言っても、人と人との付き合いには変わりありませんから当然「別れ」ということもあるでしょう。まだ実際に会う前にネット恋愛を開始してお付き合いしていた場合でも、ネット恋愛で知り合って実際に会うようになったカップルでも、ネット恋愛で別れたいと思った時、別れ方の注意点をご紹介します。

ネット恋愛の別れ方

一口にネット恋愛といっても形態は様々ですが、どれにも言えることは「別れ方はシンプルに済ませる」ということです。相手に自分の気持ちを正直に伝えて別れるようにしましょう。また、別れたいと思ったら早めに決断して相手にその気持ちを伝えましょう。
ネット恋愛の期間が長ければ長いほど相手への思いは募っていきます。「顔を合わせる前にお付き合いを開始」したカップルであれば、彼も「もうすぐ会える」と期待しているかもしれません。なるべく早く相手に別れたい気持ちを伝えることが大切です。
また、ネット恋愛をする際は「別れ方」を常に考えておく必要があります。なるべく相手に個人情報を渡さないようにしておきましょう。
個人情報を伝えるときは実際に会って本当に信用できる相手だと判断した時だけです。

ネット恋愛で別れた後の注意点

ネット恋愛は単なる思い出やプレゼントの清算だけでなく、相手に公開した情報の整理も必要です。ネット上に公開した情報はその場から消えたように見えても、相手が保存していたら未来永劫残ることになります。よく問題になるのが、ネット恋愛相手に送った「他の人には見られたくない」写真をSNSで拡散されてしまう、いわゆる「リベンジポルノ」です。そのようなことが起こらないように、最初からネット恋愛の際には相手に自分の情報を送らないように気をつけましょう。
一度送ってしまったデータは綺麗に消すことはできません。もしすでに送ってしまったのであれば、なるべく平和的に別れることが大切です。別れることで相手が怒って、あなたのデータを悪用されないようにしましょう。

ネット恋愛の最大のメリット!遠距離恋愛が可能

ネット恋愛の最大のメリットと言えば、「遠くにいる相手とも恋愛できる」ということですね。近場では全く出会いがない、生活圏内での出会いが難しいという場合でも、世界中の男性と恋愛するチャンスがあるのがネット恋愛最大のメリット。

年の差が気にならないのもネット恋愛のメリット!

ネット恋愛のメリットは「お互いの顔や見た目を気にしなくてもできる」ということにもあります。現実の世界だと初めて会う相手でまず目に飛び込むのが、相手の容姿や声ですね。例えばその二人が親子以上年の差がある場合「この人は恋愛対象ではないな」とお互いが判断し、万が一好きになりかけても恋愛は成立させないようにするはずです。それがないのがネット恋愛の良さでもあります。お互いの人間性や会話そのものを楽しむことができるため、年齢や容姿関係なく相手に惹かれるということはある意味では「真の恋愛」ができるかもしれません。

ネット恋愛なら遠距離の片思いでもアプローチが可能

ネット恋愛で知り合った相手に片思いをしても、「距離が遠いからアプローチできない…」ということはありません。片思い中の相手にネット上でアプローチも可能です。ネット恋愛ではメッセージなどのやりとりがメインで相手の嫌なところはあまり見えないことが多いです。身近にいる相手だと、細かなことが気になったり嫌になったりしてしまいますが、ネット恋愛で遠距離だと片思いの相手に自分のいいところだけをアプローチすることができます。ただし、実際に会った時にがっかりされないように注意が必要です。

高校生にはおすすめできないネット恋愛

高校生や未成年にはネット恋愛はおすすめできません。ネット恋愛では相手が悪さをしようと近づいてきている可能性も多くあります。大人でもネット上の相手を信用してしまい事件に巻き込まれることがあります。高校生ではその危険性はさらに高くなってしまうからです。

高校生にネット恋愛がおすすめできない理由①危険がたくさんある

まだ恋愛経験がない高校生の場合はネット上で甘い言葉をかけられたら、その相手に夢中になってしまう可能性が高いからです。まだ相手が怪しいかどうかの判断もつかないことも多く、またそういった簡単に引っかかりやすい高校生との出会いを狙って近づいてくる男性も多くいます。
ネット恋愛をしていると親に言えずに、誘われるがまま親に内緒で相手と会って事件に巻き込まれるという話もよく聞きます。そういった場合の相手男性は年上のことが多く、言葉巧みに誘ってきます。高校生のうちはその危険に気づくことができないことも多いのでネット恋愛はおすすめできません。

高校生にネット恋愛がおすすめできない理由②遠距離恋愛になるから

高校生がネット恋愛した場合の問題として「遠距離恋愛になる」ということが挙げられます。具体的に言うと、会いに行くための交通費や移動時間、スケジューリングなどその距離を埋めるための努力が大変なのです。お金や時間などの自由が効くならばまだしも、高校生だと遠距離恋愛の難しさはぐっと上がります。
先程ネット恋愛は遠距離恋愛の強い味方と紹介しましたが、高校生はお金も時間もないので、遠距離の場合に会いに行くことが難しくなります。

最後に

今回はネット恋愛に纏わるさまざまな情報をまとめてご紹介しました。みなさんはネット恋愛についてどう思われましたか?恋に出会いに、悩む方はネット恋愛の海に飛び込んでみるのもひとつの手かもしれませんよ。

text:common編集部

Posted by admin