common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

夫在宅ストレス症候群の原因をチェック!旦那の存在がストレス、旦那がいるだけでストレス…旦那嫌いがストレスの原因!?

2019.1.25

好きで結婚して一緒になった相手だけど、長く一緒に暮らしていると夫に対するストレスは溜まる一方。夫在宅ストレス症候群ではないだろうかとチェックしたことがある人もいるのではないでしょうか?「旦那がいるだけでストレス…」というように、夫へのストレスで体の調子も悪くなる妻もいるほどです。「亭主元気で留守がいい」とはまさにその通り。平日仕事で留守にしている時は快適なのに、帰ってくる夜とお休みの日に、リビングに座っている旦那の存在がストレスに感じてしまうのです。長年一緒にいると夫の嫌な部分だけが浮き彫りになり、ストレスを溜め過ぎた結果旦那嫌いから離婚に至るケースも十分に考えられます。そうなる前に妻が抱える旦那ストレスの原因を理解し、ストレスの解消法についてまとめてみました。
 

旦那がいるだけでストレス!妻が感じる夫ストレスレベル

ストレスレベル①夫が家にいると気が休まらない

夫が留守の時間は快適に伸び伸びと過ごせるのに、夫が休みの日になるとやることが増え、休む暇がありません。子供が一人増えたように感じてしまう。少しだけ旦那の存在がストレスに感じます。ただ家に居るだけで、いつも見られているような気がして、休むこともできずに必要以上に家事をしてしまいます。中には家事の足らない事に小言を言う夫となれば、夫が家に居ない方が開放的に感じてしまいます。

ストレスレベル②家に旦那がいるだけでストレスを感じイライラし始める

夫が家にいると気が休まらないどころか、旦那の存在がストレスでイライラするところまで発展すると妻のストレスは溜まっていきます。夫の仕事の愚痴などのつまらない話にイライラ。家事育児を手伝う素振りもなく、携帯ばかりいじっている夫にイライラ。夫の行動や発言そのものが癇に障る状態が長く続くと夫婦間の関係に徐々にヒビが入ってきます。この時点で何かしらの対策が必要です。

ストレスレベル③全部無理!旦那の存在がストレス!旦那嫌いになって離婚したい…

行動・発言や旦那の存在そのものがストレスになりイライラが大爆発。いよいよ旦那嫌いになってくると、夫を生理的に受け付けないレベルになっていきます。夫と会話するのにもストレスを感じ、視界に入れることすら苦痛になってくるところまで行くと、「旦那のせいでストレスがたまり離婚したい」と思うように…。「離婚したい」と思うほど旦那ストレスがたまったらストレスレベルはマックスと言っていいでしょう。

夫在宅ストレス症候群とは?チェックしてみましょう!

夫在宅ストレス症候群の原因をチェック!

夫在宅ストレス症候群とは、夫が定年退職などで家に居る時間が増えることにより、妻がストレスを感じて出る症状のことです。夫からすると、長年勤め上げてようやくゆっくりできる老後を過ごせると嬉しく思うことかもしれません。そう感じる夫に反して妻にとっては憂鬱な老後となります。

元々仕事人間で、平日は遅い時間まで働き続け、時には飲み会で帰宅が深夜に及びます。更に土日は接待のゴルフなどで、ほとんど家のことは妻任せで、家に居ないことが当たり前となっている夫の場合、妻の生活は一気に窮屈になります。在宅になったとたん「旦那がいるだけでストレス」になるのです。
夫の居ない生活の過ごし方を確立し、快適なライフスタイルを過ごしていた妻の生活。妻は夫以外との付き合いも充実しているはずです。それが、夫の退職のタイミングで仕事の付き合いはなくなり、お昼ごはんの準備やお出掛けする時は、旦那のスケジュールを確認するなど面倒なことが増えます。妻が夫にストレスを感じないわけがありません。

夫在宅ストレス症候群の症状をチェック!

夫在宅ストレス症候群の症状をチェックしてみましょう。あらゆる体の症状があり、酷くなるとうつ病や心身症に発展する可能性もあります。
具体的な症状としては、気分が上がらない・イライラが止まらない・高血圧・動機息切れ・頭痛・肩こり・胃腸痛・不眠・風邪を引きやすくなる・食欲不振・過食・下痢・便秘などです。
上記のような症状が二週間以上続く場合は精神科などを受診する必要があります。自分は夫在宅ストレス症候群だと自覚してない方でも、症状をよくチェックしてみてください。夫が退職して家にいるようになってから体調がよくない場合は、夫在宅ストレス症候群の可能性が高いのです。

熟年離婚が増えてきた昨今ですが、できることなら離婚に至らず平和な老後を過ごしたいものです。その為にも、夫婦で一緒に過ごすことに囚われず、お互いの時間を持つことも大事です。家に居るだけでなく、趣味を充実させ、お互いのお友達との付き合いも大事にしていきましょう。

妻の夫ストレスの5つの原因

続いて、妻が抱える夫ストレスの原因を紹介します。あなたの夫に当てはまることがあったら、改善を要求して妻の夫ストレスを軽減させましょう。

①    家事を手伝わない

妻の夫ストレス原因の一つ目は、家事を手伝わない夫です。料理・掃除・洗濯と場合によっては子育てと主婦のやることは盛沢山です。仕事をしていたら家のことは何もしなくて良いわけではありません。共働きであれば立場は一緒。それでもなぜか家事の大半が女性側の仕事となってしまいがちです。昔のように「家事は女性の仕事だ」という時代は終わりました。家事に育児が伴えば、主婦に休める時間はないのです。家事を女性任せで家ゴロゴロされていたら、夫の存在がストレスになっていきます。

②    妻への配慮がない

妻の夫ストレス原因の二つ目は、妻への配慮がないことです。日頃の家事や育児の労いの言葉、感謝の気持ちを伝えて欲しいですよね。やってもらうことが当たり前になってしまうと妻のストレスは募ります。「いつも家族のために頑張ってくれてありがとう」とか「何か手伝おうか」という言葉をかけてくれるだけでもっと頑張ろうと思うものです。

③    自分のことは棚に上げた小言の多さ

妻の夫ストレス原因の三つ目は小言の多さです。靴下・パジャマは脱ぎっぱなし、部屋は散らかりっぱなし。自分のことは何一つしっかりできていないのに出てくる小言。「もっと家を掃除して」「おかずが少ない」などなど。自分のことをできていないのに人には言ってくるその無神経さにストレスが溜まります。そもそも自分のことができてないなら言わないで欲しいし、気付いたなら自分でやって欲しいというのが妻の本音です。小言が過剰になれば夫在宅ストレス症候群の原因にもなっていきます。

④    義実家優先

妻の夫ストレス原因の四つ目は、日頃妻への配慮は足りないのに、自分の実家には気を遣うことです。基本的に男はマザコンで、妻より自分の母の意見を優先する傾向にあります。今まで育ててもらった感謝の気持ちは理解できるが、今の夫の生活を支えているのは妻なのです。自分の実家ばかりが優先になると妻のストレスは溜まっていきます。結婚すれば夫の実家・妻の実家は同じ二人の実家ですので平等に気を遣って欲しいです。嫁姑問題で離婚する夫婦が多いのも事実です。

⑤    頼りにならない

妻の夫ストレス原因の五つ目は、普段は偉そうに一家の主を主張してくるのに、いざ何かを決断する時に決められない夫。家族に何らかのトラブルが起きた時や家購入など大きな買い物をする時に「自分一人で決められない」「子供の問題は妻に任せている」など自分の管轄外と逃げ、自分一人では決められないと言い出す夫にも妻のストレスは溜まります。主としての責任を果たさなければ離婚の原因にもなるでしょう。

夫ストレスを感じなくする3つの方法

①    夫の「できないこと」より「できること」に目を向ける

妻が完璧でないように夫も完璧ではありません。人それぞれ長所・短所があるように物事の得意不得意は必ずあります。「夫は料理ができない」「夫は察することができない」など、できないことばかりに目が行きがちです。そしてそれが目に付くことが妻の夫ストレスの原因にもなります。ここは見方を変えて夫のできることを意識して目を向けてみましょう。「掃除や片付けはできる」「子供と遊ぶのが得意」など相手の良い部分に目を向けるようなポジティブな見方をすることはとても大事です。

②    夫を育てる

理想の夫とはどんな夫でしょうか。妻の理想と合わないことが妻の夫ストレスの原因となるのであれば、自分の理想の夫に育ててみるのも一つの手です。人を変えることはとても難しいことです。特に男性はプライドの高い生き物なので、夫を変えようと思わないことです。相手を変えるよりも自分が変わることこそが相手を変える近道です。注意しなくてはならないのは相手を非難しないことです。家事を手伝わない夫に対して「家事のできる人は仕事もできる人が多いらしいよ」と言ってみます。また、「あなたは綺麗好きだから、お掃除も私より上手だろうなぁ」と、相手を立てつつ誘導していきましょう。

③    夫に期待しない

夫の行動や発言にストレスを感じるのは夫にこうあって欲しいと期待値が高いからこそこんなはずじゃなかったと裏切られた気持ちになるのです。そもそも期待しなければ、夫の残念な行動や発言も「やっぱりそうだよね」となり、余計なストレスも感じずに済みます。
長年連れ添っている相手だからこそ、夫がどんな人間か熟知しているはずです。
旦那ならこうするだろうと旦那の行動を予想してそれを楽しんでみるのも良いでしょう。

夫ストレスの解消法5選

旦那がいるだけでストレスだと感じている場合、旦那に改善を要求することは難しいですよね。そんな時はあなたが努力して夫ストレスを解消しましょう!

①    家族会議をしてみる

夫ストレス解消法一つ目は、家族で話し合いの場を作ることです。夫婦間のコミュニケーション不足は夫婦の離婚トラブルの原因と言えます。家族間での家事の分担、相手への不満を擦り合わせる時間を作るのは大事です。相手の考えていることはやはり口に出して伝えないと相手には伝わりません。普段積もりに積もった不満を吐き出して、お互い寄り添える所は寄り添い、改善できることは改善していきましょう。

②    夫とデートしてみる

夫ストレス解消法二つ目は、夫と二人の時間を作ることです。子供ができるとなかなか夫婦二人の時間は意識しないと作れません。結婚する前は今のように夫の存在そのものをストレスに感じることなく、共に過ごす時間こそが楽しい時間でした。その頃の二人を思い出すことを目的にデートしてみることで、また新鮮な気持ちで向き合えるかもしれません。

③    趣味や好きなことに没頭してみる

夫ストレス解消法三つ目は、自分の好きなことや趣味にとことんハマってみることです。ストレスが溜まると、肌荒れ・頭痛・体調不良など体に良くないことばかりが起きます。夫在宅ストレス症候群の改善の一つとしても夫へのストレスを感じない「無」の時間を作ってみましょう。裁縫や塗り絵、スポーツなど何か夢中になれる趣味や習い事を始めることで、夫ストレスを解消するのも手です。

④    自分へのご褒美

夫ストレス解消法四つ目は、いつも頑張っている自分へのご褒美を作ることです。家事や育児など妻の仕事には報酬がありません。だからこそ、モチベーションは上がらないし、夫の配慮や感謝の気持ちを感じられないからストレスを感じます。一人カフェでゆっくりお茶したり、オシャレなお店でランチしたり、自分がリラックスできる時間を作ります。また、ショッピングで普段我慢しているものを奮発して買い、持っているとテンションの上がるものを自分に買ってあげましょう。

⑤    友達と愚痴大会

夫ストレス解消法五つ目は、お友達に日頃の夫ストレスを話すことです。お友達との女子会で日頃の夫・家事・育児の不満を同じ境遇のお友達に聞いてもらうのは何よりのデトックスに繋がります。みんな思っていることは同じなので、共感してもらうことはストレス発散になります。夫在宅ストレス症候群の改善にも有効です。

最後に

夫婦はほとんど毎日顔を合わせる家族です。だからこそ、お互いの悪い部分もたくさん見えてしまい、その行動一つ一つに妻のストレスは溜まっていきます。旦那の存在がストレスになり、旦那嫌いへと発展し、夫在宅ストレス症候群で体調不良になる前に対策が必要です。夫へのストレスを感じなくする工夫や夫ストレスの解消法を知っておくだけで、夫ストレスから逃げるための不倫や離婚のリスクは減っていきます。ストレスの原因を理解し、ストレス解消法を意識して行うことで、夫ストレスを少しでも軽減できれば夫婦間は改善の余地があるでしょう。

text:common編集部

Posted by admin