common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

子どもにとっての父親の浮気とは?父親の浮気が与える子供への影響や父親の浮気が意味することをご紹介

2019.1.25

子どもにとって最も信頼できる男性であるはずの父親が、実は家族を裏切って浮気をしているとしたら、子どもに一体どのような影響を及ぼすのでしょうか。今回は父親の浮気が子ども及ぼす影響と父親の浮気が意味することについてご紹介します。

父親の浮気が子どもに与える影響とは

父親の浮気が子どもにどのような影響を与えるかは、父親の浮気を知った時の年齢や、父親の浮気による家庭内の変化、父親の性格、家計状況など、様々な要因が複雑に関連し合うため、一概に「父親の浮気によってこんな風に育つ」とは言えないというのが現状です。

しかしどのような条件下であっても、父親の浮気を経験した子どもに共通して体験されやすいのが、「親密性の恐れ」という感情と言われています。親密性の恐れとは、子どもが思春期を迎え、異性との恋愛関係を育む段階で、「異性と親密さが怖い」、「異性にあまり近づきたくない」という感情です。

父親の浮気が親密性の恐れを引き起こす原因については諸説あります。最近では、子どもは元来両親の性的な側面に対して嫌悪感を抱きやすいにも関わらず、父親の性的な部分よって家族を裏切ったため、性への嫌悪が強まったという説や、父親の浮気がある家は、両親の不和など家庭環境が不安定な場合が多く、子どもの信頼感の基盤がうまく発達しづらいという説が主流のようです。

旦那の浮気よりも、父親の浮気が気持ち悪いのはなぜか

父親の浮気が子どもにもたらす感情の1つに「気持ち悪い」、つまり嫌悪感が挙げられます。嫌悪感は旦那などパートナーの浮気では、あまり強く意識されないケースが多いにも関わらず、なぜ父親の浮気では顕著に表れるのでしょうか。両親の浮気に関する調査は研究倫理の面から、あまり実施されません。このため「両親の浮気について」ではなく「浮気全般について」の調査や、様々なブログなどから分かることについてご紹介します。

父親の浮気に嫌悪感を抱く理由の1つとして挙げられるのは、「親の性的な部分が垣間見えるから」です。人間は近親婚による遺伝子の弱体化を防ぐ本能により、親兄弟の性的な部分に嫌悪感を抱くと言われています。これにより、父親の浮気では、旦那やパートナーの浮気では感じないような嫌悪感を抱くことがあるとされています。

父親が浮気する夢の意味とは

夢において父親は、学生時代の教師や会社の上司と同様に、権力や権威を象徴するものとされています。また夢の中に登場する人や物は、全て自分自身の一部を表していると考えられています。このため夢の中に父親が現れたら、それは自分自身の中にある自分に対する権威的な部分、例えば親によくしつけられたことなどの象徴であることが多いようです。

父親が浮気する夢を見るのは、自分の権威的な部分、つまり今の自分の人生を律している概念が辱められていたり、またはその概念が必ずしも正しいとは限らないという自分自身の疑念が象徴されていると捉えることができます。

今の自分を律している概念が、浮気によって何を意味しているのかは、「夢を見た人が浮気をどのように捉えているか」や、「夢の中で父親が浮気によってどうなるのか」によっても異なるため、一概には言えません。

例えば夢の中で父親が浮気によって辱められていると感じるなら、それは自身を律する概念が辱められたと捉えることができるでしょう。このような夢を見る時は、今まで正しいと信じていた慣習などが世間とは全く違い、恥ずかしく感じた場合などが考えられます。

もし浮気を人目に縛られない自由なものと捉えているならば、父親が浮気する夢というのは自信を律する概念について、新しい価値観の存在を感じている可能性などが考えられます。「今までは食べたらすぐに洗い物をしなければいけないと思っていたけど、1人暮らしを始めたら洗い物は後で一気にやってもいいことに気づいた」なども自分の権威的な部分が新しい価値観を取り入れた瞬間と言えるでしょう。

夢に現れる価値観や概念は自分で感じることができる、いわゆる意識下だけでなく、無意識下のことも現れると言われています。このためここに述べたことは多くの人が推測したことに基づいており、夢が実生活の出来事をどれぐらい反映しているかについて確実に正確なことは分からないのが現状です。より精密な夢判断を行いたい場合は、夢判断を専門にしている精神分析医にお願いするのがおすすめです。

「父親が浮気してるかも…」その時子どもができること

子どもにとって、父親の浮気は非常にショッキングな出来事です。しかし解決を急ぐと逆に家族全体の傷が深まりかねません。大変辛いことですが、一度落ち着いて、これ以上自分と家族の傷を広げないのが良策のようです。

一番やってはいけないのが、自分1人で解決しようとすることです。未成年であっても大人であっても、浮気調査は素人が簡単にできるものではありません。1人で解決しようとせず、まずは他の家族や友人に相談して、その後浮気調査をするならば専門の探偵など適切な場所に依頼するのが良いでしょう。

浮気に気づいたら、母親への相談は避けて通れないでしょう。その時に気を付けたいことは、自分が母親の気持ちをしっかり理解しようとする気持ちがあることと、家族にとって何が重要なのかという視点で話し合うことだと言われています。

母親の気持ちを理解しようとすることは大切ですが、だからと言って子どもがひたすら母親の愚痴に付き合っていたら、子どもはさらに精神が参ってしまいます。理解を示しつつ、自分の気持ちをしっかり守ることも重要です。

また父親に対して、責め立てるのは浮気解決にあまり効果的ではないと言われています。子どもとして家族として、怒りを爆発させないのは想像以上に大変なことです。しかし問題解決の点から考えると、父親には怒りをぶつけるよりも父親が戻ってきやすいように居心地の良い家庭環境を作ったり、冷静に浮気をしないでほしいと伝えるのが効果的のようです。

最後に

今回は父親の浮気についてご紹介しました。子どもにとって父親の浮気は想像できないほどショッキングな出来事であり、またこれからの生活に対する不安や、ヒトに対する不信感として根深いしこりを残します。子どもがいる男性は、どうかそのことを忘れないで下さい。また父親の浮気で悩んでいる人は、まずは1人で解決しようとしないように。そして自分や父親も含めた、家族全員の気持ちを出来る限り大切にできる方法が最も良策と言えるでしょう。

text:common編集部

Posted by admin