【COLOR MY LIFE/佐藤マクニッシュ怜子】”筋トレ”が私の人生をポジティブにしてくれた!- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

common

common

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

【COLOR MY LIFE/佐藤マクニッシュ怜子】”筋トレ”が私の人生をポジティブにしてくれた!

2018.1.13

注目のフィットネスパーソンの、“わたしを彩るもの”にフォーカスしたインタビュー連載。今回の主役、佐藤マクニッシュ怜子さんの最近のお気に入りは”筋トレ”!10代の頃から週に3回は欠かさずに続けているそうです。長く継続するモチベーションや、早くから筋トレに目覚めたきっかけなどを教えてもらいました。

現役大学生で、モデルとして大手フィットネスブランドの広告などでも活躍している佐藤マクニッシュ怜子さん。10代の大半をカナダで過ごした経験を持つ彼女は、カナダ在住時代から筋トレを始め、帰国してからも定期的に行なっているそう。

ーー10代から筋トレを始めるのって早い気がするのですが、きっかけは何だったんですか?

細すぎるのがコンプレックスだった

「元々すっごい細くて、それがコンプレックスで。日本では最近『筋肉質の女性は美しい』みたいなブームが来てると思うんですけど、欧米の方では日本で流行る4年前とかに流行ってたんですよ。それで、やっぱり筋肉質な方がかっこいいなって私は思って。」

生まれつきの細い身体がコンプレックスだったという怜子さん。幼い頃にカナダへ移住した時に、すでにカナダには『筋肉がある女性の方がかっこいい』という風習があったため、ますますそれを感じたんだそう。そんなコンプレックスを解消するために始めたのが”筋トレ”。トレーニングを重ねるごとに身体が変わっていくのが嬉しくて、すっかりハマってしまったんだとか。

身体のコンプレックスは運動で変えるしかない!

「毎日思う自分のコンプレックスって私は身体だと思ってて。あ〜脚が太いな〜とか、ここが嫌だなぁとか。それは運動でしか変えられないから、運動は大事だと思います。」

身体のコンプレックスを変えるためには運動することが大事だと語る怜子さん。そう話す彼女の身体は、説得力のあるとても綺麗なライン!美しいスタイルを保つにはやはり努力が必要なんですね。

ーーでも、筋トレ続けるのって大変じゃないですか?

大変だし好きじゃない。でも無駄じゃない!

「大変です。普通に楽しくもないし、走るのもつまんないじゃないですか。筋トレもつまんない。

でも1日1時間やるだけで、残りの23時間すごくハッピーな気持ちでいれて、今日をやり切ったって思えて、学校だったりお仕事だったりがうまくいくから全然無駄じゃない

1日1時間、週に3時間だけで身体も変われるし自分も変われるし、1時間だけ頑張ろう!と思っていつもやっています!(笑)」

なんて素敵な考え方!彼女から滲み出るハッピーオーラは、この前向きな思考から放たれるものなのでしょう。話を聞いているだけでハッピーが伝染して来ました♡

ーー最後にcommon読者のみなさんへ、メッセージをお願いします!

結果が出るまで頑張って続けてみて欲しい

「一つでも、今人生で何か悩んでいることとか、自分に身体のコンプレックスとかがあるんだったら、筋トレだけとは言わないけど、ヨガだったりボクシングだったり、自分に合う運動が絶対に一つはあるから、それに挑戦して、継続するっていうのを一度試して結果が出るまで頑張ってみて欲しいです。

そしたら絶対人間性も変わるし、自分の嫌なところを絶対に改善できると思うし、それによってすごくハッピーな人生になると思います!

自身のコンプレックスを運動によって解消することで、「人生がハッピーになった」怜子さんだからこそ言える言葉ですね。ただクヨクヨ悩んでいるよりも、彼女を見習って一歩踏み出してみましょう。そうすれば、今よりさらにハッピーな人生が待っているかもしれません♪

さて次回は、お料理が得意だと言う彼女の手料理をご紹介予定!お楽しみに♡

model:Reiko Mcnish Sato

director:Ryohei Horigome

hair&make:Saki Araki

writer:Eri Sakata

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。