ダイエット中にもイイらしい!トレーニング女子に「茹で卵」が愛されるワケ- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

ダイエット中にもイイらしい!トレーニング女子に「茹で卵」が愛されるワケ

2018.7.26

トレーニング女子の食事風景をのぞくと、必ずといって良いほど「茹で卵」が登場します。詳しく聞いてみると、そこには納得の理由がありました♡ダイエットをしているという方にも、茹で卵はとてもおすすめ。詳しくご紹介してきます。

茹で卵を食べるフィットニスタが多すぎる・・・

commonが取材してきたフィットニスタの食事をチェックすると、高確率で登場するのが「茹で卵」。お弁当持参の方はもちろん、小腹が空いたらコンビニで茹で卵を買っておやつ(!?)にしているという方もいました。

でも一体なぜ、茹で卵なの!?

トレーニング女子

そこで今回は、トレーニング女子に茹で卵が最適な理由をご紹介していきます。気になる茹で方や保存方法なども合わせてチェックしてみてくださいね。

手軽に良質なたんぱく質が摂れる!

トレーニングをして筋肉をつけたいなら、たんぱく質を摂取することが大事。commonで何度も登場しているフレーズですね。トレーナーさんや管理栄養士さんの話からも明らかです。

こちらの記事もチェック!
【管理栄養士監修】筋トレを無駄にしない!摂るべき栄養&レンジで簡単レシピを紹介

たんぱく質は筋肉だけでなく、ツヤのある健康な肌や髪を手に入れるためにも欠かせない栄養素です。身体の細胞をつくっているたんぱく質は、女性ホルモンの分泌にも関わっています。

ですが、あまり意識せずに食事をしていると、欠けてしまいがちな栄養素でもあります。ヘルシーなサラダランチや食べやすいパスタランチなどでは、ほとんどたんぱく質は摂取できていません。

栄養が偏りがちなダイエット中は、特に注意したいところ。体重が減ったとしても、たんぱく質が足りていないと、筋肉の衰えた貧弱な身体になってしまいます。リバウンドしやすい体質になってしまうことも・・・。たんぱく質はダイエット中こそ、意識して摂って欲しい栄養素なのです。

茹で卵

茹で卵は、1個(Mサイズ)あたり7gほどのたんぱく質を含んでいます。

厚生労働省から発表されている「日本人の食事摂取基準2015」によれば、一日あたりのたんぱく質平均必要量は成人男性で50g、成人女性で40gです。さらに可能であれば、成人男性は60g、成人女性は50g摂ることが推奨されています。

茹で卵を1個食べれば、平均必要量の5分の1近く摂れる計算になりますね。他の食事では十分に摂取できないたんぱく質を補うのに、良い食材だと言えるでしょう。

1個100kcal!カロリー計算がしやすい

ダイエット中やトレーニングをしていて食事に気をつけていると、食品のカロリーって気になりますよね。茹で卵は、サイズによって多少違いはありますが1個90~100kcal程度。

カロリー計算をしやすいのがメリットです。加工食品以外で、グラム数を量らずにおおよそのカロリーを把握できる便利な食材は、他にはなかなかありません。

茹で卵 サラダ

朝食が少し足りないと感じたとき、シンプルな野菜のサラダにたんぱく質を加えたいと思ったときにも、茹で卵は大活躍!簡単に、100kcal程度摂取カロリーが増えたなぁと認識することができます。100kcalなら、小腹を満たしたい時にも丁度良いカロリーですね。

1個で満足感アリ。腹持ちが良い!

茹で卵1個の大きさは小さめですが、腹持ちが良いのが特徴です。これは消化に時間がかかるため。血糖値もゆるやかに上昇します。半熟卵よりも固ゆで卵の方が消化が遅く、腹持ちが良くなります。

また、茹で卵を食べていると水分が欲しくなりますよね。茹で卵1個を食べるときにコップ1杯の水を飲むようにすると、さらに満腹感が得られます!

プロテインドリンクも、たんぱく質を効率良く摂取できる便利なアイテムですが、それだと食べた気がしない、満足感が得られないというケースも。固形物である茹で卵なら、咀嚼をすることで満腹中枢をしっかり刺激することができます。

(ちなみにプロテインは1食分で、茹で卵2個分に相当する約15gのタンパク質を摂取することができます!)

食事と食事の間に小腹が空いてしまったときにも、茹で卵を1個食べると、しっかりお腹が満たされますよ♡

美味しくて食べやすい

ダイエットに向いている食品の中には、美味しさはちょっと・・・というものがたくさんあります。例えば、たんぱく質が豊富なささみもトレーニング女子から人気ですが、塩味だけの調理だと食べ続けるのは結構辛いものです。

茹で卵は塩だけでも十分美味しく食べられるのが、嬉しいポイントです!継続的に摂取したいものなら、美味しさってかなり重要ですよね。

そのまま持ち運びが可能という点も大きなメリット。ただし夏場は食中毒の危険もあるので、必ず保冷材と共に持ち運ぶ、長時間の場合は辞めるなどしっかり注意しましょう。

価格が安いから、続けやすい!

市販のプロテインバーやプロテインドリンクなどは、そう安くはありません。でも卵なら10個入りのパックで200円程度と、とても手軽な価格で入手することができます!1個20円程度ですね。

ダイエットやトレーニングによるボディメイクは、長く続けていきたいもの。無理なく続けられる価格帯の卵は、そういった点でもトレーニング女子から愛されているようです。おやつとして捉えたときにも、とっても安いですよね!

誰でも簡単に作れる♡

ダイエットやトレーニングのための食事管理は何かと面倒ですが、茹で卵なら誰でも簡単に、しかも短時間で作れます。「料理はしないけど、茹で卵は毎日作ってます。(笑)」というフィットニスタもいました!

基本の茹で卵の作り方をご紹介しましょう。茹で時間は、コンロの火加減や卵の温度によっても変わるので、何度か作って、これだ!とい思う時間を見つけてみてください。

茹で卵の作り方

1、鍋にお好きな数の卵をいれ、卵が隠れるくらいまで水を注ぎます。
2、塩をひとつまみ(もしくは少量の酢)入れて、火にかけます。
3、沸騰したら中火にし、10~12分程茹でます。
4、茹で終わったらすぐに冷水をいれたボウルなどに入れます。

最後に冷水にいれることで、綺麗に殻がむけるようになります。半熟卵にしたい場合は茹で時間を8~9分程度にしてみてください。黄身を中央に寄せたい場合は、時々菜箸などで卵を転がしましょう。

 

 

賞味期限は、冷蔵庫にいれてから2〜3日です!意外と短いですよね。卵のパックに記載してある賞味期限よりだいぶ短くなるので注意しましょう。ひびが入ってしまった場合は、2日以内には食べましょう。

 

茹で卵は、たんぽく質が手軽にとれてカロリー計算が簡単!その上、腹持ちが良く、安価で、作るのも楽々です。トレーニングをする女性たちがみんな食べている理由が分かりましたね♡ダイエット中、もしくはトレーニングを行っている方は、ぜひ茹で卵を上手に活用してみてください。

text:common編集部

LINE@友達追加

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。